ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア パワーアンプ:   金田式DCアンプ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

やっちまった! 二発目 (スイッチングハブ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月20日

新年早々、大失敗の連続。

金属たわしに続いて、失敗の二発目はスイッチングハブです。

デジタル系に初導入となったサテライトアース第8号の成功に気をよくして、スイッチングハブの対策強化を行いました。

MFPCのスイッチングハブは、普及品のNETGEAR GS305-100JPSです。金属筐体でファンレスの静音、省電力で5Vの外部給電なので日本トラストのバッテリーで給電が可能。小型なので4PCのクワッドのオーディオ専用スイッチングハブとして最適です。

とはいえ4台のPCとルーター、WANのデジタル通信が集中するので、システムの要となっていることは間違いないということが、サテライトアースによるシャシーグランドの強化で証明されました。金属シャシーには、銅箔を内張りしてさらにシールド効果をもたせるようにして、これも好結果をもたらしています。

そこで、さらにノイズ対策として電磁波吸収シート(ワイドワーク)を内部のスイッチングLSIに貼り付けてみました。その昔、CDプレーヤーなどにちょいちょいやっていたことなので悪くなろうはずがないと…

ところが…

これが大失敗。

かえって音切れが復活してしまったのです。サテライトアースの導入でほぼ完璧になっていたPCM196KHzやDSD64でも頻発。果てはCDリッピングファイルの再生でも起こるようになってしまいました。まさか、よかれと思ってやった電磁波吸収シートのせいとは思いもよらず一週間近く首をかしげながら、イライラしながら聴き続けていました。どうもほかに原因が思い当たらないので、再び、スイッチングハブのフタを開けて電磁波吸収シートをぺりぺりと剥がしてみました。するとこれでピタリと元に戻りました。シートの磁性体あたりがかえって悪さをするのでしょうか。こんなこともあるのかとびっくりです。

このままでは悔しいので、fo.Qでコネクタの樹脂ケースの振動対策強化を図りました。これは大正解でした。音切れは完璧に皆無となりました。音もよくなった気がします。

まとめると、

1.スイッチングハブは音質とともに《音切れ》に影響がある
2.電源は質のよい外部給電がよい(バッテリーが理想)
  (内部電源ではたとえリニア電源でもNG)
3.筐体は金属製がよく、仮想アースによるFGが好結果
4.コネクタ接点の振動対策が好結果
  ①プラグ(RJ45)の銅箔テープによる嵌合強化
  ②ジャックのケースにfo.Qを貼り付けて振動吸収

つけ加えれば、LPレコード用のスタビライザーを載せています。オーディオ用ではないので筐体は軽量級なのが悲しいところ。それを重めのスタビライザーで補っているというところです。これでケーブルに負けずにがっちりと組み止めているというわけです。

以上の対策をすれば、かさばるだけで使いにくい高価なスイッチングハブなど無用です。

特に、4は驚くほど効果があります。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッドさん、こんばんは。

    え、、、電磁波吸収シートで音飛びですか。
    私の場合は、オヤイデの電磁波吸収テープをRJ45モジュールとケースのRJ45モジュール付近に貼っていますが、大丈夫です。

    原因とかが分かって、逆の対策をすれば、さら成る効果が期待出来そうですね。

    byいたちょう at2020-01-20 21:16

  2. ベルウッドさん、こんばんは。

    今更で恐縮ですが、今年もどうぞ宜しくお願い致します。

    私はNW再生がメインです。ネットワーク環境でも音質向上の要素は沢山ありますが、やはり要はハブであると睨んでいます。
    過去には金属筐体である事がノイズの点で有利と言われたりもしましたが果たしてどうでしょうか?
    中には天板を開けた方が良かったなんて事もありますから。

    私はハブにも手を付けていますが、今ではクロック交換と電源交換はマストとなりました。
    同じくネットギアGS105を持っていますが手を入れると明らかに化けますよ。
    同時にマネージメントハブだとポート設定でも音質向上しますよ。

    4の対策は間違いなく向上しますよね!
    とにかくガタによる接触歪みを減らす事は解像度にダイレクトに影響致します。
    また違う方法を確立しつつあります。公開出来るタイミングが来ましたらまたアップ致します。では。

    byおいけ at2020-01-20 21:37

  3. ベルウッドさん お久しぶりです。

    電磁波吸収は難しいですね。
    私は以前からの素材で色々と試してますがドップリハマって増殖中でデジタルから音楽を引き出せて毎日6~8時間音楽三昧で楽しんでおります。

    筐体内部と端子周りの電磁波対策はやればやるほど音楽が浮き上がってくるので面白いですが、音の方向とは違うので好みは別れると思いますので万人向けではないのかなと思うようになりました。

    ベルウッドさんの熱意は凄いので頑張って下さいませ。

    byトラウトマン大佐 at2020-01-20 21:57

  4. ベルウッドさんこんばんは。
    赤羽会はアナログデジタル何でもござれですね。
    私はどんどん時代遅れになってしまう(笑)

    金属筐体で外部電源のNASですか。
    確かに値段ではなくて鉄則のように思います。

    byニッキー at2020-01-20 22:30

  5. ベルウッド さん、内部のスイッチングLSIですがほとんどが1.8V入力です。ハブ入力が5Vなのでハブ内部に5V 〜 1.8V変換のスイッチング電気があります。これとって 外部電源から1.8V入力すると更に良くなったりします。自作派の人はこれやる人 時々みかけます。
    クロック交換も有名ノウハウに思います。

    ただ デジタルトランスポートとDACを光デジタル接続すれば DACには一切ノイズ入らないですね。光デジタルDAC入力でハブ交換の効果あるのか? は今度調査予定です。クロックは効きそうにもおもえます。

    電源ノイズ系は コンセント経由のDACへの影響はありますね。

    内部電源ではたとえリニア電源でもNG というのは コンセント経由ノイズ影響と思いますが、コンセントからハブに入るノイズ対策はされていないのでしょうか? エアコンやTVとかの電源ノイズがハブのコンセントから入ります。

    ベルウッドさんとこはオーディオ機器全てバッテリーですと、確かにハブもバッテリーにしないと ハブのノイズ対策としては不十分ですね。勝手に納得しました。

    byYongJoon at2020-01-21 07:47

  6. いたちょうさん

    まったく予想外…というか逆の結果に驚いてしまいました。

    はじめからポートのコネクタケースに貼るだけにすれば良かったのかもしれません。デバイスに直接貼ったのがNGでした。

    一方で、金属筐体の内面に銅箔を貼るのは好結果でした。やはり放射電磁波を吸収して反射させないのは良いようです。

    byベルウッド at2020-01-21 08:15

  7. おいけさん

    こちらこそよろしくお願いします。

    スイッチングハブは、やはり、肝心要ですよね。

    ただし、今回は、音切れ対策ということで始めたことなんです。実際のところ、音質面では微妙です。スイッチングハブは、伝送容量やエラー(とそれに伴う相互通信量の増加)に影響しているようです。音楽フォーマットの情報密度が上がるほど影響が大きいのです。音質面では、ここが不十分だと、フォーマットのグレード差が出にくい。DSD256でも128でも同じように思えます。むしろ256の方が音が重い。それがすっと晴れてきます。

    それにしてもコネクタ部の振動対策は効きますね。新アイデアのご開陳を楽しみにしております。

    byベルウッド at2020-01-21 08:37

  8. ベルウッドさん

    なるほど良くわかります
    まさに"下手にシールドのあるLANケーブルを使うとエラー頻繁で遅くなる"の状態ですね

    おいけさんがおっしゃってますが、蓋を外すとどうなるかやる価値ありそうです

    拙宅も玄関の戸棚に家中のLANジャックに分配しているゴミみたいなHUBがありますが(電源は綺麗にしてあげてますが)ちょっとそれを買って魔改造して見たくなりました!

    投稿して10秒で買います!

    byグルマン at2020-01-21 14:21

  9. 買いましたが2016ローコスト 2019ローコスト2019標準と三種類あって、ほとんど値段が変わらないので高い方を買ってしまいました…これで良かったのでしょうか…?

    byグルマン at2020-01-21 14:33

  10. トラウトマン大佐殿

    大佐の魔法のようなノイズ対策に感動してもう何年にもなります。おすそ分けでいただいた素材も要所要所に適用していずれも効果を上げていて、もう使い果たしてしまいましたが、いずれも有効利用です。とてもナチュラルな音になっていてやり過ぎみたいなことはないことに感動です。

    デジタル周りは、ちょっとバランスが難しくて、よくわからないところがあって大変です。それにしても今回の逆効果には心底驚きました。

    byベルウッド at2020-01-21 20:13

  11. ニッキーさん

    アナログも赤羽はいろいろやってますよ。

    私はアンチNAS派です。ミュージックサーバとストレージは、一体化して出来るだけシンプルに運用するのがベストです。ネットワークは介さず、サーバーPCにSATA(または+USB変換)で直結で隷属させるべきだと考えています。

    byベルウッド at2020-01-21 20:21

  12. ベルウッドさん

    拙宅でも数日前、何度か音飛びが発生しました。
    何だろうハブのご機嫌が悪いのか、電源入れ直してみようかと思いましたが、その後発生しないので忘れていましたが、この日記を拝見して、「待てよ、そう言えばオヤイデの電磁波吸収シートをハブの上に載せてる」ことを思いだしました。

    音飛びがこれに起因するかわかりませんが、再現するようであれば、真っ先に疑ってみようと思います。

    byvanilla at2020-01-21 23:13

  13. ベルウッドさん

    ハブによる音の差は結構ありますね。ウチでもMFPC用にGS305のUKモデルを使っています。MFさんから金属製のケース蓋を取ると音が良くなると聞き、試そうとおもったところGS205v2という同スペックでプラスチック・ケースのモデムを入手しました。

    色々やることが溜まっていてまだ開梱もしていないので音質は確認していません。このモデル、事情は分かりませんが日本では販売していません。次回お伺いした際に持参します。一緒に比較しましょう。

    byのびー at2020-01-22 07:46

  14. YongJoonさん

    LSIの入力は3.3Vが標準ではなかったでしょうか。トランスミッター電源などは1.2Vで、内部のレギュレーターで降圧するのが普通ですが、外部給電も可能のようです。

    いずれにせよ、バッテリーといえども、出力を5Vにするためのレギュレーターがあり、さらに受電側でもそれを3.3Vにし、一部回路のためにさらに1.2Vまで降圧するわけです。これをひとつひとつ外部から質のよいアナログレギュレーターもしくは二次電池で電圧を合わせて供給するというのは理想ですが、しきいは高いですね。

    そういう試みをされている方のPCを聴いてみたことがありますが、差はわずかで「気のせい」の範囲でした。もともとの電源を質のよいバッテリーのDC供給にすれば、内部のレギュレーターの影響は極めて小さいと感じました。ただし、グラウンドも含めて、デジタル部やアナログ回路などそれぞれは独立させるのが肝心ですし、DACなど高電力消費のOPアンプも同居しているものには、もともとの電源も独立させるのが理想ですね。

    いずれにせよ、繰り返しになりますが、しきいは高いです。

    byベルウッド at2020-01-22 09:10

  15. グルマンさん

    魔改造の結果が楽しみです。

    フタですが、アナログアンプも含めて外した方がよいという議論は昔からありますね。私も、外すと音が変わるということを何回も実体験してきました。

    でも、ハダカで機器を置くことには抵抗がありますし、よい意味でのシールド効果もありますし、フレームグランドの導体質量や防振のための重量や筐体剛性の一貫もなしているので、私自身は頑迷固陋な《フタ派》です(汗)。

    要は、銅板を挟むとか、ガラスなどの活用など構造や素材の吟味なんだと思います。そういう改造の方が、オーディオイジリとしても楽しめるのではないでしょうか。

    byベルウッド at2020-01-22 09:18

  16. vanillaさん

    音飛びはネットオーディオの害虫みたいなもんですね。致命的な害ではないのですが、文字通り「五月蠅い」わけで、そのたびにこっちも舌打ちするわけです(笑)。その駆除には苦労します。発生原因もいくつかあるようですし、虫除け法もいくつか対策を重ねる必要がありそうです。

    byベルウッド at2020-01-22 09:21

  17. のびーさん

    スイッチングハブでけっこう音が変わりますね。

    今回は、音といういささか曖昧で主観的なお話だけではなく、「音飛び」という具体的な事象にかかわっているようだというお話です。

    でも第一に疑うべきは《接点》です。ここを対策することが早道だというのが、今のところ私の備忘録になっています。

    byベルウッド at2020-01-22 09:26

  18. ベルウッドさん レスありがとうございます。

    昔の日記見返してみました。
    >特注改造 基盤に1.8V入力
    http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20150724/48221/

    やはりうちでは 1.8Vを直接入力に改造していました。5V > 1.8Vコンバートは以下の方法です。

    >DC-DCコンバーターはTPS7A4700という高性能なチップを使ったものがありますので、それを使用することでローノイズ化が見込めます。

    まあ このレベルの改造だとプロ級でないと厳しいと思います。私も無理です。

    byYongJoon at2020-01-22 11:28

  19. ベルウッドさん横レス失礼致します。

    Yong Joonさん、ハブの動作電圧は機器のよりけりだと思います。
    FX08miniは1.8vでしたが、アライドテレシス・パナソニック・ネットギアは私の使用した機器では3.3vでした。

    降圧レギュレータも秋月キット(TPS7A4700)ならハードルは低いですが、今ならもっと超ローノイズ素子が選択可能です。
    私なら折角改造するのであればLT3042、3045やFidelix、NewclassDのレギュレータ辺りを組込みたいです。

    それと光ならノイズは無くなるのですか?
    当方の環境だとメディコンの電源を付けただけでノイズを感じますし、実際に光接続だと音は変わりますがそれが必ずしも良好とは言えない経験もございます。
    もっと言うと光が良好な選択肢であるなら何故Luminの最上位モデルしか光を選択しないのですか?
    音質の為なら何でも導入するEsotericがN-01XDで何故RJ45のみを搭載したのですか?

    私は盲目的に光=ローノイズ という考えには賛同しかねます。

    byおいけ at2020-01-23 00:10

  20. おいけさん、コメントありがとうございます。3.3Vもあるのですね。

    光だと A〜LANFROM電気〜光〜電気変換で、A部分の電気ノイズは光で完全カットされますが、光〜電気変換で電気ノイズとジッターが発生しますね。
    光デジタルは 同軸デジタル比較で音が細いと言われる事が多いのはその関係だと思います。盲目的に光=ローノイズ という考えは持っていませんです。

    あと、今後確認ですが、LANFROM電気部分の電気ノイズが多いと光ジッターが発生するかも?しれません。ようは光より前部分の電気ノイズが多いのも音に影響するかも?です。

    もっとも コンセント経由の電気ノイズもありますね。

    byYongJoon at2020-01-23 05:15

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする