ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア パワーアンプ:   金田式DCアンプ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

ピアノという魔界 (萩原麻未 ピアノリサイタル)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月18日

今年に入って早くも2度目の町田の小さなコンサートサロン、アートスペース・オー。

またまた足を運んだのは、何と言っても萩原麻未さんのピアノを久々に聴きたかったから。



間近な距離で聴く萩原さんのピアノは、凄い。

ちょっと陳腐な言葉で気恥ずかしいのですが、それこそ『ハンパない!』というしかありませんでした。

サロン主宰の大橋さんが、コンサートの後で「ここのピアノがこれほど鳴ったことはいままでないほど」「萩原さん自身が、すごく気に入ってしまったようで、今日は何かが起こりそう…と仰っていたけど、その通りになりました」と話されていました。うんうんと何度も深くうなずいてしまいました。

調律師の方も会場の後方でずっと聴いておられました。30分前に開場となり部屋に入ると轟音のようなスケールが鳴り響いています。満足げに微笑む、ナマ萩原さんとすれ違って、ちょっとびっくり。調律師の方も、ピアノを布で丁寧に拭って後を追うように退場。調律師さんは、開演中は譜面台をつけたり外したり、途中の休憩時間にも、入念に調整されていました。こんなことは、このサロンだけでなく大きなホールでもあまり見かけません。ましてや、開場して客が入ってきてもまだ本人がいてぎりぎりまでチューニングだなんて、変人ポゴレリッチもびっくりでしょう。

最初のバッハは、とてもまろやかな音。空間が小さいのでともすれば強くキツくなりがちですが、タッチはとても柔らかい。もちろんフォルテはよく響くし、時に音が空を切る。ほとんどノンペダルですが、最後の和音などここぞというときには思い切りよくぐっとペダルを踏み込むと、残音にとても深みを感じさせます。それ以外は、音色の移ろいはタッチだけで出していく。とても心地よい多幸感に満ちたバッハ。



バッハに続いては、何とシュトックハウゼン。

シュトックハウゼンと言えば、私の世代にとっては「電子音楽」の作曲家。大阪万博ではドイツ館でそういう実験的音楽を繰り広げ、武満徹やクセナキスらの鉄鋼館と前衛の覇を競う感がありました。このピアノ曲は、その前のセリー音楽の時期のものですが、そういう鋼の緊迫した密度の高い響きや音色で、バッハの温雅な世界からたちまち眼が醒めてしまいます。利き酒とか、聞香と同じように、刹那、刹那の音の微妙な響きの違いを鑑賞し聞き分ける遊びをしているかのような心境となって、だんだんと感覚が研ぎ澄まされていきます。この小さなグランドピアノから醸し出されていることが信じられませんが、こういう音の世界はなかなか体験できるものではありません。

そして、再び、シューマンのおとぎ話の世界に引き戻されます。でも、そこでも多様性に富んだテンペラメントが次から次へと繰り広げられます。心の物語のような情感の起伏と見事に調和していて、まさに『情景』となって目の前に浮かび上がってきます。

そういうテンペラメントが、さながら洪水が押し寄せてくるかのような観があったのが最後のショパンのソナタ。

この曲を直近で聴いたのは、スカラ座でのポリーニでしたが、もちろん、あれも感動的な演奏でした。ポリーニのピアノは、堅い陶製のタイルを敷き詰めて色彩を散りばめていくモザイク絵のような音楽。麻未さんのショパンは、…ゴブラン織りのようなと言ったらいいのでしょうか…そういう厚手の織物に触れたり眺めたりする感覚で、色彩だけでなく織り目も変化に富み、しかも冷熱を帯びている。ソナタは、冒頭からいきなり駆け出すように始まり、しかも、低域の分散和音はまるでオルガンのように響くので、もうそのまま魂をわしづかみにされてしまいます。その後は、めくるめく多彩なテンペラメントの洪水に感情を翻弄されてしまいました。



演奏が終わると、ご本人の目も濡れたように紅潮しています。ちょっとはにかむような笑みを見せて深々と礼をされたのは、おそらくご自身も取り憑かれたように無我夢中だったショパンの世界から我に返り急に現実に引き戻されたような気持ちがあったからではないでしょうか。

とにかく凄いピアノでした。





アートスペース・オー 第230回コンサート
萩原麻未 ピアノリサイタル

2020年2月16日(日) 16:00
東京・町田 アートスペース・オー

萩原麻未(ピアノ)

J.S. バッハ:フランス組曲第5番ト長調 BWV816
シュトックハウゼン:ピアノ曲 第7 20 No.4(1954)
          ピアノ曲 第8 21 No.4(1954)
R.シューマン:子供の情景 op.15

ショパン:ピアノ・ソナタ 第3番ロ短調 op.58

(アンコール)
ショパン:黒鍵のエチュード(12の練習曲 op.10より第5番変ト長調)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッドさん こんばんは

    プログラムも多彩でとても良いコンサートであったようですね♪

    弘法筆を選ばず、でしょうか。部屋、ピアノも極普通のようですがそこから生まれる音楽は珠玉であったようですね。
    優れたピアニストはその会場に合った最良の音楽を提供すると聞きました。タッチ、音量など・・
    トロイメライは如何でしたか?

    ギリギリまで調律していたのは萩原さんの要求が厳しかったのかもしれませんね。

    byどんぐり at2020-02-18 20:29

  2. ベルウッドさん、小さなスペースで聴くコンサートいいですね。

    自分の好みはどちらかと言うと弦楽器派なのですが、小さなスペースで聴くピアノの音のすごさは中々にしてオーディオでは叶いません。特に低弦の力強い響きは再現が難しいですね。

    良さそうなコンサートがあったら誘ってください。

    byヒジヤン at2020-02-18 21:02

  3. どんぐりさん

    トロイメライ…ってやっぱりこの曲集の中心なんだなぁと思いました。

    この曲を単独で、アンコールなんかで弾かれちゃうと、単なる名曲なんですけど、こうやって曲集の真ん中にふと立ち現れると特別な感じがとても強まります。

    この「子供の情景」で、シュトックハウゼンのちょっと狂気的な世界からふっと日常の世界に戻るようなところがあるんです。そういう日常の無垢の情感の移ろいの世界。憧れとか自慢とか幸福感とか…そういう気持ちの変化のつけかた、全体構成はアルゲリッチ的なのかなぁ。

    でもトロイメライだけに限っては、とてもニュアンスが微妙で、同じメロディの繰り返しの中にも夢見心地が揺れるような、とても繊細な変化のつけかたは、むしろ、ホロヴィッツなのかもしれません。最後のほうでハ長調の和音で一瞬我に返りかけますが、そうだからこそ、とても名残惜しい、この夢見心地から醒めたくない…そういう気持ちが尾をひく演奏がとてもチャーミングでした。

    byベルウッド at2020-02-19 12:52

  4. ヒジヤンさん

    こういう小さくて、残響もほとんどない空間だと、弦楽器は難しいところがありますね。人間の声とか弦楽器はやっぱり銭湯とかがよい(笑)。でも、そういう「心地よさ」というような自分勝手さを剥ぎ取ってみるのも、耳を鍛えるうえでは大事なのではないでしょうか。

    むしろピアノは、自分自身でかなり響きを作り込んでいるので、弦楽器よりは部屋の力を借りなくともよいのかもしれません。それでも、低域などは、どちらかというとクリスプなバッハと、オルガンにように響かせたショパンというように、音色も響きもピアノ奏者の力量によってはずいぶんと変化の幅が広いのです。これもまた耳が鍛えられます。

    ひとりよがりのオーディオにどっぷり浸かっているひとほど、いきなり、ここの音を聴いたらびっくりして戸惑ってしまうでしょうね。

    byベルウッド at2020-02-19 13:01

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする