かつどん
かつどん
元メーカーのオーディオエンジニアで、AV機器の動向にくわしい。現在は、セカンドライフに突入しているが、自宅でプロジェクターによるホームシアターを満喫し、気に入った最新のAV機器を手玉に、より優れた先進…

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

Crown D-45 電源トランスうなり退治その(3)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年01月10日

元旦早々に実施したCrown D-45 電源トランスのうなり対策でしたが、
応急的な対策でしたので、再度見直しました。
結果は上々です。(笑)

例によって、このようなテーマに関心のある皆さまは、
こちらをご覧ください。


次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. クロ大好きさん

    正月の三が日はお屠蘇気分で対策もありあわせの適当な手持ちのモノで充当してしまったという経緯ですがウレタン系は大失敗でした。(笑)
    スピーカのポリウレタンエッジが加水分解でボロボロになるというトラブルは有名ですが、剥がしてみてとにかく化け学的にやたら接着剤と反応しやすいという感触でした。

    振動レベルが下がったのは、後ろのゴムダンパーのビス圧による微調整でバランスを最適化して480Hzなどの高い成分を取り除いたことと、今回採用した発泡クロロプレンゴムの弾性係数が効果的に作用しているのであろうと思います。

    電源トランスのコアを支えるクッションですから、温度・湿度などに弾性係数があまり変化しない特性であることを願っています。(笑)
    いずれにせよ、しばらくエージングして振動特性が極端に変化しないかどうかをトレースしていく予定です。

    >回転ブツの制振にも効くのかな~

    今回採用した発泡クロロプレンゴムは、
    現物を見るとガッテンすると思いますが、
    いろいろなモノに使用されている一般的なクッション材です。
    もちろん制振に効きますよ。ソフトラバーの代表格でしょう。

    byかつどん at2010-01-10 22:45

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする