かつどん
かつどん
元メーカーのオーディオエンジニアで、AV機器の動向にくわしい。現在は、セカンドライフに突入しているが、自宅でプロジェクターによるホームシアターを満喫し、気に入った最新のAV機器を手玉に、より優れた先進…

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

オールセパレートバッテリー駆動の電気的特性:RMAA測定編

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年05月04日

メインシステムの電気的特性チェックに活用しているRMAAを用いて
先に完成させたオールセパレートバッテリー駆動と
従来の電源トランス方式との特性比較をしてみました。
そう単純にはドラスティックな改善とまではいかないようです。(笑)

例によって、このようなテーマに関心のある皆さまは、
こちらをご覧ください。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. クロさん

    アナログ部のフルバッテリー駆動、
    ACと比較するとかなり改善されているのがわかるでしょう。

    バッテリー駆動を常用開始して1週間経過したところですが、
    トリコロールは、期待以上の導入効果でして、もうAC駆動には戻れません。(笑)
    それに驚いたのが、シリコンバッテリーの予想をはるかに超えた蓄電能力です。
    充電は1週間に1~2回程度で済むタフさを備えております。

    トリコローレは、まだ改善の余地があると見てます。
    DAC部の6V供給しているバッテリーの放電時間が約8時間程度と一番短く、
    充電タイミングのアンバランスを生じてしまってます。
    これをいっそのこと、シリコンバッテリー(12V)に変更してしまおうか、
    目下思案中です。(笑)

    byかつどん at2010-05-08 10:22

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする