ZONA
ZONA
メタルギター系を筆頭に様々なジャンルを動画サイトやリッピングデータで日々聴いており『(ソースが悪くても)気持ちよく聴きたいな。』という欲求から今に至ります。利便性が最優先なのでハイエンド・ピュアオーデ…

マイルーム

ZONA's ROOM
ZONA's ROOM
持ち家(マンション) / 書斎兼用 / その他 / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
2016/10/29 更新 SPにautograph miniを追加。 鳴らしこみの問題で、現在ATC SCM11は就寝中。 2016/10/16 更新 機器は以前とさほ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

日記

今年の収穫物TOP5

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年12月31日

ZONAです、こんにちわ。

気づけば大晦日ということで、今年を購入したものを振り返り、私的なTOP5ランキングでも記述しようかと思います。

まず今年購入したものですが、↓をみてください。どう言い訳しても買いすぎであることは明らか。(汗

【買(っちゃ)ったリスト】

○RCAケーブル(アナログ)
 ・ACROLINK - 7N-A2070
 ・WireWorld - GoldEclipse5-2(6シリーズプラグ仕様)
 ・マルチョウエンジニアリング - SLTC8RCA/P(SW) 
 ・Gotham - GAC2111
 ・Gotham - GAC1(楽器用シールド)
 ・Gotham - GAC1/4(楽器用シールド)
○デジタルケーブル(RCA)
 ・マルチョウエンジニアリング - LTC10D/RCA
○USBケーブル
 ・FURUTECH - GT2
○HDMIケーブル
 ・SUPRA HDMI-HDMI
○電源ケーブル
 ・NEO - BlackMamba α
 ・PS AUDIO - XPL Mk2
○電源系その他
 ・RGPC - 400pro(ACエンハンサー)
 ・Aitec - Λ5.35(電源フレッシャー)
 ・CLASSICPRO - PD12Ⅱ(電源ディストリビュータ)
 ・PS AUDIO - Duet(ノイズフィルタ内蔵電源タップ)
○ヘッドホン・イヤホン
 ・Westone - Westone3
 ・Audiotechnica - ATH-AD2000
 ・EquationAudio - RP-21
 ・beyerDynamic - DT250/80
○アンプ・ヘッドホンアンプ
 ・Nuforce - Icon
 ・Intercity - HD-1L
○ACエンハンサー
 ・RGPC - 400pro
○USB-DDC
 ・M2TECH - hiFace RCA

この中で収穫の大きかった順にすると、TOP5は下記になります。

【1位】RGPC 400pro

通称(?)『超巨大ノイズハーベスター』ですが、うちではこれに全ての機器を繋げています。

電源まわりを強化することの意義を証明してくれたという点ではもちろんですが、とにかく一度でもコイツの独特かつ凶暴な低域制動・再生力・全体にわたって力強い太い音で音楽を聴いてしまうと、二度と後戻りできなくなります。

とはいえ本当に凶暴なので、扱いは要注意。

また手なずけるなら「電源ケーブル」という名の手綱を交換することが第一かと思います。
うちではPS AUDIO - XPL MkⅡを使用していますが、どちらかというとハイスピード系で低域の制動力の高いケーブルがあうのでは?と思っています。

【2位】Gotham - GAC2111

これのオカゲで私の「RCAケーブル電線病」が完治しました。(^ ^;

私にとっては「理想のフラットバランスケーブル」です。
帯域にクセのあるところは一切なく、高低の伸びもなかなかに優秀、音色にもクセは見当たらない、というか欠点を挙げることが難しいケーブルです。

強いていうならライブ調なので、定位や音像フォーカスが若干緩みますが、まぁアクセサリでなんとでもできるレベルですね。

加えて1.0m/ペアで5千円しないという安価な品ですので、万人に進められますね。

ハイエンドクラスのケーブルになればもっといいものは確かにいくらでもありますが、その半額以下でこのクオリティを手に入れられるなら十分と感じます。

【3位】Aitec - Λ5.35

続・うちのシステムから外せないものシリーズです。

低域制動や力感・熱っぽさ・解像度の向上に400proを使用しているのに対して、
この子はシステムの中・高域の鮮明度、音ツヤ、浄化を担当しています。

ハリと艶のある活き活きとした音になりますが、元気になるというよりは美しくなるといった感じでしょうか・・・うーんイメージ的には「若い美人さん」といった感じ。すいませんセンスないのでうまく言い表せません(><)

【4位】beyerDynamic - DT250/80

宅録においてミキシングに使えるヘッドホンを探して辿り着いた最終点。
極端に解像度とかが高いわけでもないのですが、バランスがいい。密閉型なのに音場も広い。

そして実に飾り気のない音なのですが、これが逆に電子楽器やドラムスをより「本物の音」で聴かせてくれるので無機質なのに魂を感じる。聴いててハッとすることもしばしばあります。

この為、リスニング用途としても充分な性能です。特に現代的なミキシングを行っている曲におすすめです。
とはいえさすがにクラシックとかは限界があるかと思います。

【5位】FURUTECH - GT2

以前WireWorldのオーディオグレードケーブルを導入した際に効果を実感できなかったので、USBケーブルのグレードアップにはあまり興味がありませんでした。

ですが近年のUSBオーディオの普及に伴いまた興味が沸いたので、巷で評価の高かったこのUSBケーブルに変えてみたところ、「あら、結構違う。」という結論に。

RCAケーブルに比べれば変化量は大分少ないですが、良い方向には変化すると実感できるほどの変化ではあったので、これは私にとっては収穫でした。

・・・完治した「電線病」が再発しやしないかと内心不安です。(--;


私的ランキングはこのようになりました。

普通、1年を振り返ると直近のもののイメージが強くなるものだと思うのですが(流行語大賞とかまさにソレですね)、意外にも購入した順に1~5位となりました。
いやはやなんとも面白いものですね。

さてさて、今年これだけのものを購入したわけですが…実は既に来年購入予定のものもいくつかあるのですよね(^^;

とはいえ、今年の購入暦はあまりにもひどすぎるのでこれを踏まえ…来年私は「年間使用予算は15万円上限」というルールにすることにしました…。

え、何を買う予定かって?…か、買ってからご報告しますです。(--;


それでは皆様、最後となりますが良いお年を!

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする