Joe Frazier
Joe Frazier
Linn DSおよびLP12がメインソースですが、最近はCDPの良さも見直しはじめています。 主にカントリー系ロックや小編成ジャズとクラシックを聴きますが、JPop以外であれば大体何でも聴きます。 …

マイルーム

結構しょっちゅう入れ替えますが
結構しょっちゅう入れ替えますが
持ち家(マンション) / 書斎兼用 / ~8畳 / ~2ch
(1)書斎/音楽部屋 Source : Linn LP12 (EKOS/Radikal/Keel), Linn Akurate DS/K、Marantz SA8003、 SUT : EAR MC4…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

お気に入り製品

日記

時代性と…

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月23日

最近は仕事が忙しいので、家に帰って古いジャズアルバムを1面聴いて寝るのが行動パターンになってきています。 何か落ち着く。寝る気になる。

そんな中、今日は珍しく少々時間ができたので、購入以来あまり真面目に聴いていなかったアルバムを引っ張り出して聴いて見ました。

Pearl JamのTenのリマスター版で、Ten Reduxという、その後のPearl Jamのアルバムのプロデュースを手がけるブレンダンオブライアンがリミックスしたものがカップリングされています。

元のアルバムは1991年に発売されて一世風靡をしたアルバムなのですが、リバーブだったりモジュレーション系のイフェクトが濃い感じで、少々もやっとしたイメージがある音です。

私は1980年代末まで米国に住んでいて1991年に帰国したのですが、Pearl Jamの前身バンドMother Love Boneの大ファンだったこともあり、実はPearl Jamは2枚目以降ラジオ等でたまたま聴いたものを除いて一切聞いていないのですが…このアルバムは好き嫌いに関わらず余りにも売れていたので否応なく自分の歴史の一部になっています。

さて、Ten Reduxなのですが…

何処ぞやのレビューで1991年の音を2005年の音にした、という趣旨のコメントを見かけましたが、まさしく今風にドライで、スネアやギターをもう少し前面に出して、ベースとドラムの跳ねを強調して、という感じの音。 MP3時代の今でもある程度通用するコンプレッサがかかった感じの音になっています。

L.A.メタルやらが好きだった私としては、多分Reduxが91年に発表されていればもっと好きになれたのかもしれないと思う音作りなのですが、本来の91年盤ミックスを知っている今となっては…どうもしっくりこない。

昔から聴いているアルバム等が時々リミックス・リマスター等されて発売されますが、ミックスの仕方自体がある程度時代性を表している中、本当にそれを「今現在定義するところの良い音」に変えることは良い面と悪い面があるなぁと。

もしかしたら皆様は自分の青春時代の音源等で日々同じようなことを感じているのかもしれないのですが、まさしく私個人の青春時代?に新譜として発表された音楽が今や「クラシックロック」になってきている中、自分の生きた時代を書き換えされているみたいで、少々複雑な気持ちになりました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Joe Frazierさん、こんばんは

    仰りたいこと同感です。Pearl Jamは名前だけで聴いていないのですが、リマスターならともかくリミックスはやり過ぎと感じるものも少なくないですね。カーペンターズ最悪、出す度に違う。(笑)
    当時にマスタリングした色合いを基調にクォリティアップを目指したリマスターなら歓迎ですが、そうでないものも少なくないような。
    仮にモータウンサウンドをリミックスしたらどんな音を作るんだろう。もはやモータウンサウンドでは無くなるでしょうね。(笑)

    byバーガンディミスト at2017-02-23 22:55

  2. バーガンディミストさん、こんにちは。
    コメント有難う御座います。

    そうなんですよね。不完全なところも含めて音楽なんだと思うのですが、色々なバージョンを出し続けることいよる商内というのもなんとなくわかるので、悩ましいです。

    Let It Be Nakedなんて…仮にポールが望んだ姿がそこにあったとしても、何処かでアルバム自体が元の形で文化遺産化(?)しているところがあるので、今更感満載でしたしね。

    byJoe Frazier at2017-02-25 15:28

  3. Joe Frazierさん こんばんは

    Mother Love Bone おおっです 持ってます
    Pearl Jamもです サウンドガーデンとか色々当時聞いたんですが
    結局なじめませんでした 
    ニルバーナのネバーマインドはいいと思うのですが
    不思議です なぜでしょうか?

    byもりりん at2017-02-25 21:46

  4. Joe Frazierさん 遅レス失礼します。
     
    Tenは当時はあの音が苦手で、ALIVEのマキシシングルがライブで聴き始めたので、その後もアルバムでは聴かずにディジデントのマキシシングルに収録されたLIVEばかり聴いてました。3枚集めるとフルライブです。あの頃はマキシシングルのタイトル曲以外が面白い音源が多かったのでそれ以外もよくチェックしてました。
     
    初来日のライブに行きましたがドラムが変わってしまってノリも悪くがっかりしてその後のアルバムはあまり聴いてません。

    Mother Love Bone、Tenple Of The Dogとかも良く聴いてました。

    byOIOI at2017-03-03 11:23

  5. もりりんさん、海外出張が続いて返信が遅くなってしまい失礼致しました。

    やはり、90年代の頭というのは、元々ネオン色だった世の中が急に白黒になった感じがしましたね。

    SoundgardenとかGreen Riverとか、Mudhoneyとか、昔から活動していたシアトル系のバンドは未だ聞けたのですが、Pearl JamとかNirvanaのマネをしたサウンドのバンドも多く、「本物」に対して「偽物」が多かったと思います。

    まぁ、あとあまり人様の苦悩に関して聞いていても。。。疲れるので、特に音像も含めて思い系は私も結局好きになれなかったですね。

    byJoe Frazier at2017-03-05 07:20

  6. OIOIさん、こんにちは。

    当時のTenの音が苦手だとすると、今回のReduxは結構気にいるかもしれないです。

    もちろん、音楽としては一緒なのですが、大分生っぽさが出てきており今風ではあります。 多分いろいろなサイトで試聴できると思いますのでもしご興味があれば是非。

    マキシシングルは、私もいっぱい持ってますね。。結構日本向けの限定盤なんていうのもあって、当時結構無理をして購入した記憶があります。

    byJoe Frazier at2017-03-05 07:24

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする