にら~ら
にら~ら
新潟でコツコツとRCAケーブルを自作しつつ、音楽を楽しんでいます。

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

久々にケーブル制作

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年02月23日

何ヶ月ぶりかでアナログRCAケーブルを作っています。
2週間ほど前に綿巻きパラフィン引きの古いケーブルが出たので、何となく良いナ~って想い制作に係りました。
でも、あ~でもないこ~でもないと考えてばかりで、手が進みません、でもプラグにハンダ付け手前まで出来ました。
とっ、ここでインドラの出物は無いかとヤフオクのRCAを見ていたら・・・
オーディオFSKのケーブルが出品されていて、その説明書きにあるブログが載っていたので、思わず読んでしまいました。
「藤枝サウンド研究所物語1」
ここに藤枝社主のお話が載っていましたが、やはり樹脂製絶縁被覆は静電気が有ってダメとの事、和紙巻きが良いそうです、私の考えでも単純にそう思います、それにラダー型だって最初から非電導性の自然物質系で絶縁して有れば途中を切る事も必要ないとも思ったりします。
それで社主も昔の電線の事が分かっていてそういう構造にしているのかな~と推測しました。

だって、それほどビンテージでも無い普通の紙巻き、綿巻きのコードをそのまま+ー捻って4本作り、それを2本で一組にしてSPコードとして使っても、ストレスの全く無い相当いい音で鳴ってくれます。

もしかしたら、RCAなんかもそうですが、私のコタツコードケーブルはFSK的な音なのかな?ってふと思いました。

さてさて今回の50~60年前と思われるケーブルはどんな音になるのやら楽しみです!

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんばんは~

    紙は良いかもですよ、テフロンでもかなり静電気来ますから。
    私は紙巻きを水分置換剤で処理して水分子を完全に遮断してからシースーかけたりして、それから収縮チューブ被せてますけど、樹脂も悪さしますがラダー型の説明にもありますが、水もかなり悪者とか・・・
    NASAの電気トラブルを解決したのが水置換剤ですから、その実力というか電気機器に対する必要性はかなりと思っています。

    さぁ制作~っと♪

    byにら~ら at2010-02-23 23:49

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする