にら~ら
にら~ら
新潟でコツコツとRCAケーブルを自作しつつ、音楽を楽しんでいます。

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

CDPから直ぐのケーブルが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年02月26日

昨日ヤフオク出品用のCDPをチェックしようと仮組したシステムで、メインのような実体的な低域が全く出ず、薄く弱々しい低域しか再生できなかった。
一応DACープリにRCAでのPYTHONとかいうケーブルを繋ぎ、CDP-DACまでは自作品で、プリからPアンプまでは名もないケーブルという形で、PAMPからヘッドホンでチェックした。

今日何処が悪いかとケーブルを取っ替えひっかえしてみたら・・・
最初面倒なので、プリーDAC間はそのままオーディオクエストで、メインから外した自作は名もないケーブル取り外してプリーパワー間にと・・・
やはりこれは全然ダメ!
それならと、長さが足りないと思いメインの自作はそのままで、あまり良くない方の自作をCDPープリへつなぎ、CDPーDAC間は以前ヤフオクで買ったデジケーで、これでどうだー!と・・・
ちょっと良くなったが、やはりダメ!
と、ここでPアンプを移動して良い方の自作をCDPープリへと交換してみたら・・・
今度はほぼメインと同じ感じに、メインはプリメインあんぷなのでケーブルが2本も少ないという事もあるが、それにしても、CDP直ぐのケーブルは最高の物を奢らないといかんとあらためて思った次第。

結局、結論は最初の伝送で情報を欠落させれば、後は何をやってもダメということなのだと思う。
それではとメインのAVアンプに繋ぎ変えてみれば・・・
もう別次元の低域!全体の情報量も比較にならないレベルで多い、音の全体像が丸見えという感じ。
ただ、低域が出ないケーブルは逆に高域にアンプの電力が集中して増幅するし、その逆も低域に集中して増幅する傾向があるように思う。為に、高域よりとか低域よりという事が起こるのだろうと推測している。

それにしても、パイオニアのPD-T07HSーLTDって低域弱いとか批評されていなかったかな~?こんな古いCDPでもこれだけの音が出るのだから、最新のCDPはど~んなだ?!ろうか・・・
あちこちで試聴だけはしているけど、ずば抜けて良いな~っての無いような、だからみんな改造するんだろうと思う、逸品館なんかが良い例だし、だからフェデリックスと出川電源だなやっぱし!これだけは絶対やらないとと思う次第なのです。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする