にら~ら
にら~ら
新潟でコツコツとRCAケーブルを自作しつつ、音楽を楽しんでいます。

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

ステルス社のケーブルとモリブデン

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年02月27日

ステルス社インドラのハイエンド社の説明文から引用しますと・・・

アモルファスを導体に使用したインターコネクト・ケーブルです。 アモルファス(Amorphous)合金とは、原子の配列が結晶構造を持たない金属の総称です。 結晶構造を持たないアモルファスは結晶境界に存在する不純物の影響を回避することが可能となり、最も理想に近い導体素材と言うことができます。Indraではプラチナ、モリブデン、シルバー・ゴールドという高価な金属を使用することによって、アモルファス素材の特質を一層高めています。

アモルファスは高温の金属を急速に冷却することで得られます。アモルファスでは2700度で溶融した素材を、マイナス190度のクライオジェニック・ホイールに巻き取ることによってアモルファス化、0.025mmという極細線に薄膜のテフロン被覆を施して表皮効果を抑えています。そしてこれらの素線を ディストリビューテッド・リッツと呼ぶ独自の多層構造に構成し、オーバーオールなQファクターの減少を確実なものとしました。RCA及びXLR両タイプに対応。

引用終わり

試したんでしょうね色々と、って言うかモリブデンも何らか科学的根拠があって試したのだろうと思いますけど、結局のところ純銅や、結晶構造がそろっているより、その逆の微量の不純物と非結晶構造の方が電気は広帯域で電導性が良いという結論なんですね。

これですね。
「結晶構造を持たないアモルファスは結晶境界に存在する不純物の影響を回避することが可能となり、」

それでかな~?!昔の電気コードってタフピッチ銅という若干不純物が含まれているものですよね、それでこいつを関東圏だから、50Hzで数十年エージングしたから音が良いという理由になりますか?どうかな?
今ふと思ったのだけれど・・・
50Hzでエージングすると言うことは、マッサージ器が肩をウィ~ンウィ~ンって揉む感じがする。
揉みほぐされるんじゃないの銅線が・・・きっとそうだな!だって電気通ると振動するって言うじゃないですか、振動=もみもみでしょう~!っで結晶がばらばらになって非結晶構造になるという筋書き、違いますかね?!
また関西の60Hzでエージングより関東の50Hzの方が低いから有利!!だから低域良いのかなとか、勝手に妄想しています。

ともかく、50年使い込んだ電線の自作品は、低域が何処までも深く出てくるというか、柔らかくて太くて弾む感じがしますし、高域も含めて全帯域で、微かな微かなピアニシモが完璧に再現されていて、心の奥で「この音良く聞こえない何か変だな~???」ってことが全く無くて、もう大安心して聴いていられる訳でして・・・ああこれはガラス化カットCDを自作で聴いた時の感想でした。
でも最近ノーマルCDでもかなり良いですが、やはり音が「変!」ガラス化CDを聴くと良く分かりますね。

そうそう、ガラス化CDを聴いて2ヶ月ですが、どうも、既に10年も聴いているスピーカーが、今更のようにエージングされたようなのです。
今まで出る事の無かった低域や高域の信号が常時通されて、可動域が大きくなったのでしょうか、ノーマルCDを聴いていても以前より良い~感じ~!なんですよね、これが、ホントに。

今日の結論は、同じ事を何回も書いていますが、「如何に高性能なCDPであっても、ポリカCDよりもガラスCDの方が高音質に再生される」この事から光ディスク再生に於いては、機器の高性能化よりも、光ディスクの高性能化を優先しなければならないはずなんですね、そうで無ければ「失われている音」を永遠に聴くことは出来ないのです、とりあえず手持ちのCDやガラス化とかデジタルマスターで出ていない音源はですけど。

DVD・ROMの96KHz/24Bt、WMA非圧縮ロスレスフォーマット音源の音を聴いて比較したいです。

おわり

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. クロ大好きさんどうもです!

    そうそう50Hzは能率悪いんですよね60よりも。
    8の字でぐるぐるは金属疲労しますね~
    古い電線も実は金属疲労するんですよ、大電流、大電圧を流す高圧電線は何年かのサイクルで張り替えしてますね確か・・・
    100Vでも60年以上前の天井裏に張ってあって常に100Vが流れていた様な線で、脆くなっているものを何回か見たことがあります、ちょっと引っ張ると切れるんですよ。
    なので何でも人間でも使いすぎは良くないです、使いすぎは~

    その点、家電線は使用時間が限られていて、それもコタツみたいに冬だけとかハンダコテは仕事の時だけとか、だからそれほど劣化はしていないですね。

    例えば・・・
    真新しい電線に3分とか500V電圧をかけて、それを何百回も繰り返すことでエージング出来ないでしょうか?
    ついでに熱もかけてアニールしたりしながら。

    なんか良い線が出来るのでは???

    byにら~ら at2010-02-27 23:58

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする