にら~ら
にら~ら
新潟でコツコツとRCAケーブルを自作しつつ、音楽を楽しんでいます。

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

液体ガラスコーティング8回目の音とは・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年09月08日



さてノーマルCDをコーティングし始めてから2ヶ月以上が経ち、止めにしようと思っていた8回目を、とうとうやりました。

7回目でハートで感動出来るレベルに達したのですが、果たして8回目でどのような変化を見せたのか?!
大方のCDは、最後は超クリスタルなノイズレスな空間を見せてくれているので、今回も漠然とそのような期待を持っていたのですが、やはり予想通り、ガラス製CDですら実は光の乱反射によるノイズの影響下に有ったという事を、8回コート・カットCDは露呈させてくれました。

一聴するとガラス製CDは、響きが豊かでボディーの豊かな音がみっしりとせめぎ合っているかのように聞こえ、方や液体ガラスコート・カットCDは音が痩せているように聞こえるのですが・・・
良く耳を澄まして眼を凝らして聴けば・・・いや普通に聴いても、
実はガラス製CDの方はノイズが乗っていて、コート・カットCDはそのノイズが空間からすっかり消えてクリスタルに澄み切った空間に音が響いているという事がハッキリと分かるのでした。

先日から原音の再生となどういう事なのか?!という事を考えていました。
そして思い至った事は・・・音=空間であるということ、つまり音の再生とは「空間」の再生であると・・・
其処には「時間」というキーワードが横たわっていて、この「時間」というベクトルを正確に再生出来なければ、空間としての音(立体的な音)は正確に再生、再現出来ないと。

こういう結論に至ったのは、コート・カットCDの音が最終的にマイクと音源の距離を露わにしだしたからなのです。
kitatanukiさんがステージ上の音というテーマを語られた時、私の聴いているこの音がそのままダブって思われました。
マイクが拾う音は立体的な響きなのですから、再生音も立体的に聞こえるのが普通です、しかも再生音は部屋の中で鳴っているのですから・・・それが、音がスピーカーラインより後ろだけで聞こえるというのは、実はおかしなというか「虚」の脳内で合成された音だけしか再生されていないということの証左であり、実音の時間情報が正解に再生されていないからなのではと思うのです。

なので、ルームアコースティックという事が言われ、楽音の倍音成分が良く響かないのは恰も部屋のせいであるかのように言われるが、
実はそうではなく、再生音の時間情報が正確に再生されていないから、響きが再生さないのであって、ルームアコースティックとは関係なく、時間情報が正確であったなら、豊かな響きがそのまま「実音」としてSPから放出されるのではないのか?!と・・・

そして完全な空間再生とは、SPラインの後ろ側(虚)とSPラインの手前側~視聴位置後ろまで(実)の両方が揃って再生されて、初めて完成されるのではないのか?!と結論づけます。

推測ではありますが^^;そんなふうに感じます。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. とうとう8回目のコーティングですか!
    音=空間、時間というベクトル、脳内で合成されえた音、時間情報、実音…
    言葉の端々に、この感動をどのように伝えたら良いのだろうか
    なんとか正確に表現して多くの人に伝わって欲しい
    といったお気持ちが溢れ出ているようで なんかワクワクしました

    byそねさん at2010-09-08 01:11

  2. そねさんこんにちは~!

    8回目は昨年暮れあたりから始めた液体ガラスコーティングでは最多です。
    今までは6回ほどで満足出来る音質に至っていましたので、それを超える事は無かったのですが・・・
    やはり今回はちょっと壁が・・・ガラス製CDという高い目標が聳えていたものですから、音の基準が有ったのでそれを超えるまでとやっていて、それが7回で8回目は新たな地平(大げさですが)への第一歩でした。
    それでは9回目は?!て事でやってみます^^;

    >言葉の端々に、この感動をどのように伝えたら良いのだろうか
    >なんとか正確に表現して多くの人に伝わって欲しい
    >といったお気持ちが溢れ出ているようで なんかワクワクしました

    お恥ずかしい限りで、貧弱な表現力を何とか駆使して手探りで表現しています。

    そう言えば、夏のステレオサウンド誌の柳沢氏と傳氏との間でのお話で、音場はSPより奧が好みか前が良いかというお話が有りましたが、この話の中でSPが壁に近いか遠いかで違って来るとの事が言われていました。そいう事では私は壁に近いです。
    なので前に出る音が出て来るのかな?!とお思ったのですが、そう言えば柳沢氏はスーパーツィーターを2コ使ってしかも角度を付けて使用していたはずですが、スパーツィーターはもしかしたら音場をSP手前に作る作用があるのでしょうか???

    更にがんばりま~す!

    byにら~ら at2010-09-09 00:06

  3. ついに。グラスコーティングを越えましたか!?
    実は今、グラスCDをめざしたという、HDマスタリングのCDにハマっている毎日でして、ほとんど絶賛状態の書き込みをしてしまいました。
    しかし、情報量こそマスター音源そのものだけれど、空間性は感動するほどではないようです。HDシリーズのCDをグラスコートしたら凄いかなー?なんて想像しています。

    bykitatanuki at2010-09-17 12:36

  4. KITATANUKIさんこんにちは!

    レスに気が付きませんで失礼しました。

    高音質CDも光学的には同じですから、乱反射の害からは逃れられないと思います。

    なのでガラスコ−トと外周部カットをすれば、必ず音は良くなるはずですね。

    今考えているのは、ガラスCDとカットしないコ−トCDの比較です、これならピット情報の比較が出来ますから、ただガラスコ−トは完全硬化に時間がかかるので大変です、春の物が今頃本格化ですから、気が短いと嫌になるでしょうね。

    byにら~ら at2010-09-28 01:00

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする