マントラ
マントラ
AV道の迷い人。

マイルーム

マイルーム
マイルーム
借家(マンション) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~7.1ch
現行の愛機たちです。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

日記

ハイ・エンドショー2012スプリング徒然

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年05月20日

皆様、こんばんわ。マントラです。(*^^*)/
既に他の方の感想も上がってますが、私もハイエンドショー2012春を堪能してきました。

まず音源出版のブースでは「TAD」のリファレンスシリーズが勢ぞろい。いくつかのテーマセッションでTADフルラインの音を聞きましたが、雄大鮮明の一語。CDやSACDは分厚くクリアに、ネットオーディオやPCオーディオは繊細・緻密にそれぞれのソーズンの魅力を引き出していました。通常はパイオニアの銀座ショールームに常設されているそうので、TAD試聴されたい方はパイオニア銀座にご連絡を!

今回初登場のブランドとして「Agara」が試作機のアンプ群をデモしていました。その特色は基盤をユニット化してフローティング&シールドを徹底した構造。そしてドライブするSPをJBL43XXをターゲットに絞った製品開発です。パワーアンプはJBLモニターSPの背面に直付けに吊り下げてます。JBLモニターSPを鳴らしていると思えない、滑らかでしっとりとした音作りが印象的でした。

先週私も試聴会に参加した「EAR」は新型SACDプレーヤーの試作機を展示していました。開発途上の為に試聴は出来ませんでしたが、トランスポートと管球式DACのセパレート構造であり、DACはUSB-DACとしても利用できます。
新しさと伝統が同居した注目の一品です。

ハイエンドショー常連の「逸品館」は自社ブランドのAIRBOWのアンプやプレーヤー機器とマジコQシリーズを組み合わせて、テーマ別のデモをしていました。Qシリーズは剛体構造のキャビや振動板に関わらず、繊細で温かみも感じさせる優れたSPだと再確認しました。デモ内容はアクセサリーの効果を体感しやすく上手くまとめていましたが、もう少し試聴の時間が余裕あると良いのだけど。

完実電気のブースでは「PSオーディオ」のPerfect Waveをソースに、アンプにBMC、スピーカーにモダンショートPerformance6を使ったデモをしていました。特にPerfect Wave DAC-MK2に搭載の「Native Xモード」はジッター成分を取り除く効果なのか、音場の展開の見通しが良くなり音像もよりしっかりと定位し、高性能なルビジウムクロックを使ったのと同じような効果を体感しました。

国内ネットワークオーディオの旗手、スフォルツアートはDSD再生機能も追加した一体型ネットワークプレーヤー「DSP―1」の試作機を展示していました。ヘッドフォンでのDSD再生を聴きましたが、SACDに通じるデジタル臭さを感じない繊細で自然な音色です。アルミ削り出しの筐体も健在で、DST-01よりもサイズが大きい分、筐体のコストUPに悩んでるそうです。はやく完成品のDSD再生を聴きたいです。

ゴルドムンド・ジャパンの立ち上げなど進境著しいトライオードが今回のショーの主役という感じでした。300B搭載のモノラルパワーアンプ「TRX-M300」を試聴しましたが、出力8Wとは思えない底力と、300Bならではの滑らかな音質と相まって、心地よさとゆとりを感じさせる音楽を再生してくれるアンプと感じました。従来のVシリーズとは音の質感やスケールに格の違いを感じさせ、トライオードの進歩を感じさせます。

写真を撮り忘れましたが、ゴルドムンドのセパレートとディナウディオConfidence C4 Signatureを組み合わせた試聴は、ゴルドムンドのシルキーさとディナウディオのクールさがうまくマッチして、会場の音場環境に目を瞑れば極上の時間でした。

でも会場スペースが昨年の半分くらいになり、ショー全体を通じてスケールダウンの印象は拭えません。年2回の開催はメーカーも主催者もキツイのでは…

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. マントラさん
    今晩は。

    ハイエンドショー2012のレポート有り難うございます。

    音源出版のブースのTADの600シリーズとアキュの3800、900
    シリーズが同じラックに置いてあるのが印象的ですね。

    YGアコースティクスのSPは見当たりませんね?
    福岡のフェアで聴いた時は良かったー(^O^)。

    byはやぶさ at2012-05-21 22:50

  2. はやぶさ さん、レスどうも(^_-)

    >YGアコースティクスのSPは見当たりませんね?

    YGアコースティクスのSPはハイエンドショーで出展されたの見たことないですね…
    東京で見れるのは、秋のインターナショナルオーディオショーの方にになりますね。

    byマントラ at2012-05-22 07:15

  3. マントラさん こんばんは。

    マントラさんの視聴日記(記事)を読んでいつも感心するのが とてもわかりやすく、写真も上手く挟んで解説なり感想を書かれている事です。(何か編集のお仕事とかされているとか?)

    ハイエンドショーは昨年ぐらいから行かなくなりました。 
    何人かの方の記事を読んでも あー今回もまた残念な催し物に終わったのかと思ってしまいましたが マントラさんの記事を読む限りまだ良い面もありそうなので次回(秋)は久しぶりに覗いてこようかなと思ってしまいました。

    byキタサン at2012-05-22 22:29

  4. キタサン さん、レスどうも(^^)/

    >何か編集のお仕事とかされているとか?
    いえいえ、しがないコンピューターSEです。

    >ハイエンドショーは昨年ぐらいから行かなくなりました。
    年2回開催になってから、年々スケールダウンしてる感は
    否めないですね。不景気も影響してるんでしょうけど。
    でも新興のブランドは、このショーがデビューの場となる
    ことが多いので、それは見所の一つですね。
    過去にはViV laboratoryやスフォルツアート、今年はAgar
    がデビューしましたね。

    byマントラ at2012-05-23 06:40

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする