マントラ
マントラ
AV道の迷い人。

マイルーム

マイルーム
マイルーム
借家(マンション) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~7.1ch
現行の愛機たちです。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

日記

音祭り始まる ハイエンドショー2012雑記

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年10月08日

皆様、こんにちわ。マントラです。(*^^*)
今週末は私もハイエンドショーに行ってきました。ショーで気になった展示物をご紹介します。

完実電気のブースで鳴っていたJBLの新型ミドル「S3900」。JBLとしては小型?の25cmウーハー2発にホーン型の中高域の構成で、レスポンスの良さとホーンならではの鳴りっぷりで、JAZZのソースを中心に気持ちよく聞かせてくれました。JBLの新世代の製品群はウーハー振動板を一新していますが、従来製品に比べて、押しなべて低域が量感よりも反応の速さに重点を置き、ハイレゾ音源への対応度を高めている感じがします。

バラッドのブースでは、ムジークの新型SP「ME901KA」を鳴らしていました。プロ用「RL901K」を家庭用に再構成したSPです。アンプ内蔵のマルチchのアクティブ型ですが、家庭用MEシリーズはD級アンプを搭載しています。(プロ用は高耐久性のアナログ増幅アンプ)ウーハーの前面に中高域ユニットをマウントした同軸型による定位の良さは流石です。ただプロ用ムジークの質実剛健で重量感を感じさせる音色に比べると、家庭用のMEシリーズはやや華やかで開放的な音色です。気持ち良く音楽を聞かせる方向に重点を置いているのでしょう。

ヨシノトレーディングのブースでは、ERAの主宰パラヴィチーニ氏の手によりアンプ部がカスタマイズされたオープンリールデッキでのマスターテープ音源の試聴が印象的でした。古のテープとは思えないレンジ感の広さとSNの高さ。そしてマスター音源テープの鮮度感の高い音に、1時間ずっと聞き惚れていました…。

何故か完実電気は別ブースにも展示していて、そこではFOSTEXの最新SP 「GX250MG」を聞けました。アンプが分解能重視でやや堅い音色のBMCにしては、「GX250MG」の中高域は非常に滑らかでした。それでいて、楽器の音色を細やかに伝えるのは純マグネシウム中高域ユニットの良さでしょうか。

最後は音元出版のブースでのViV laboratoryの新フラッグシップSP「evanui signature Ⅲ」です。ViV laboratory独自のエッジレス&ダンパーレスのフルレンジユニットの振動板をチタンの蛇腹構造?に一新して、振動版の剛性を10倍以上に強化しています。

今まで聞いてきた「evanui signature」は、点音源の低位の良さとフルレンジ1発による素直な音色が売りでしたが、その音は繊細ではあるものの、力強さやレンジ感とは無縁の音づくりでした。しかしチタン製の新型ユニットは、フルレンジ1発とは思えない高域の伸びの良さと、力強い中低域を実現していました。今までのViV laboratory製SPでは成し得なかったレンジの広さと鳴りっぷりの良さです。この新型ユニットで新境地に達したViV laboratoryの新世代SP群が楽しみです。

うーん、ハイエンドショーと言うより、新型SPの試聴記になってしまいました。(^^;)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんにちは!
    ヨシノトレーディングさんで鳴らしていたSPは
    DiapasonのAsteraでしょうか。
    綺麗なカットが印象的で、一度音を聴いてみたいと思っていたのですが如何でしたか?

    そしてviv Labも新しいSP(ユニット)を出していたんですね!
    ちょっと見ない間に随分攻撃的なデザインになられたようで(笑
    これは是非聴きに行かないといけませんね。

    byテナガザル at2012-10-08 10:22

  2. おはようございます。

    カンジツのGX250MG(MA?)を聴きたかったのですが、福岡に小旅行中で、行けません。ちなみに、250MAのリリース情報は間に合わなかった様です。純と合金では、雲泥の差がありますね。
    合金は97%でも、落としたら鳴きがあるのですが、純はありませんから、その効果は大きい様ですね。
    レポを楽しく読ませていただきました。

    TIASは、あのモデルが、、、なので、行こうと思います。

    byRICHEBOURG at2012-10-08 10:26

  3. マントラさん  こんにちワ! (^_^)/  アコスです。


     今年のハイエンドショーは如何でしたか?  昔は頑張って行っていたんですが・・・ 昨今はCP(旅費vs内容の充実度)が低すぎて 今では行く気にはなれません (p_-)

     それでも2~3ブースは「来て良かった!」と思わせるトコロは有ったのですが・・・。  コレじゃCPが低すぎて・・(笑)


     目から必殺光線を放ちそうな宇宙人容姿の「evanui」。  コイツから 必殺光線ならぬ 素晴らしい音波が放てられれば興味がソソラレますが・・・  どうでしょうか?


     ** 因みに 「感実電気」ではなく・・・『完実電気』です。 2階も出てきたので 完全に勘違いされていると思います。 (笑)


     アコス・・・。

    byアコスの住人 at2012-10-08 12:16

  4. テナガザルさん、レスどうもです(^.^)

    >ヨシノトレーディングさんで鳴らしていたSPは
    >DiapasonのAsteraでしょうか。

    EARのブースではオープンリールの勇姿に目を取られてしまい、余りSPの方には気がまわりませんでした…(^ー^;)
    改めてみると、昔のソナスファーベルに負けず劣らすの美しい箱のSPですね~。
    でも個性的な外観と異なり、1時間ゆったりとテープに聞き惚れさせてくれたSPですから、音色は特に癖のないナチュラルな感じでした。次回このSPを見つけたら、注意して聞き込んでみます。

    byマントラ at2012-10-08 21:39

  5. RICHEBOURGさん、どうも(^_^)/ 

    >合金は97%でも、落としたら鳴きがあるのですが、純はありません
    >から、その効果は大きい様ですね。

    私もGシリーズの試聴会で純マグネシウムと合金の振動板の鳴きの違いを体験しました。確かに純マグネシウムは素材固有の鳴きが殆どありませんでしたね。それ故、GX250MAのミッドレンジとツイーターは、金属振動板でありながらも、しなやか且つスピード感を併せ持った音色を実現しているのでしょう。
    早くGX250MA独自の試聴会でもっと聞き込みたいですね。

    byマントラ at2012-10-08 21:53

  6. アコスさん、いつも皆様へのレス欠かさずご苦労様です。<(_ _)>

    > 昨今はCP(旅費vs内容の充実度)が低すぎて 今では
    >行く気にはなれません (p_-)
    確かに遠方からの来訪では、CP悪いと思います。
    他のオーディオショーとの兼ね合いで一番早い開催なのがハイエンドシューの辛いところです。これから1月のCESに掛けてオーディオ製品の発表時期の山場が来ますからね。

    >** 因みに 「感実電気」ではなく・・・『完実電気』です。
    お恥ずかしいです・・・(x_x;) 早速、訂正しておきました。

    byマントラ at2012-10-08 22:03

  7. マントラさん、こんにちは。

    行かれましたか。私は、5日(金)にちょっとのぞいた程度なので、雰囲気がわかった程度で詳細はつかんでおらず、とても参考になります。

    それにしてもviv laboの新型SPは、すごい面相ですねぇ(笑)。聴いてみたかったなぁ。一度、試聴室にお伺いしようかな。

    byベルウッド at2012-10-09 09:37

  8. ベルウッドさん、お久しぶりです。(^_-)/

    >雰囲気がわかった程度で詳細はつかんでおらず、
    >とても参考になります。
    いえいえ、私の好みでSPだけのレポになってしまいました。

    >それにしてもviv laboの新型SPは、すごい面相ですねぇ(笑)。
    >聴いてみたかったなぁ。
    印象を一変するviv laboの新型ユニットは一聴の価値ありです。
    現在は試作段階なのでユニットの仕上げは荒々しいですけど、
    製品版はもう少し改善されるかと…

    byマントラ at2012-10-09 21:23

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする