TAKUDOU
TAKUDOU
特にこだわり無く音楽を聴いています。が、AV機器をいじるのも好きです。 <良く聴くジャンル>  POP、Rock、HR/HM、オルタナティブ、ノイズ、ジャズ、クラッシック <機材>  …

マイルーム

こだわりの無く、AVリビング
こだわりの無く、AVリビング
借家(マンション) / リビング兼用 / その他 / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~5ch
音楽、映像、ゲーム兼用の居間です。 オーディオ重視の書斎が持てれば幸せですね。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

最近のデジタル一眼

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年10月01日

今年も早いモンで、もう10月ですね。

今月末に友人の結婚式がある関係で、そろそろ私も中級クラスのデジタル一眼が欲しぃなぁ・・・と思っているこのごろです。
噂系のWebサイトのリーク情報どおり、本年のフォトキナに照準あわせた各社の新製品ラッシュには、ちょっとワクワクするものが多々ありました。

そんなわけで、仕事帰りにちょっと触ってきましたよ、最近のデジタル一眼レフカメラ。

① Sony αNEX-3/5
 ソレほど新しいわけではないけれど・・・。
 外観だけでいうと、3はコンデジの延長線上、5はハイエンドコンパクト、って感じ。基本性能の差は値段ほど感じないけど、5の質感が高いからなぁ・・・。3はボディ強度が低いので、大きめなレンズをつけたくない。
 あ、でも、両方とも画像喪失時間が長すぎなので、スナップ以外には使いたくないです。操作系はSONYのコンデジ譲りのメタメタな具合でどうにもならん。が、あの体積でほんとによくもまぁ、APS-Cセンサーが入っているもんだぁ~。素直に感動。
 自腹で買うなら3、貰うなぁら5かななぁ~。

② Canon EOS60D
 ネットで騒がれているほど悪くないですよ。
 バリアンはあんまり使わないだろけど、Sonyみたいに中央下じゃなくて、左ヒンジな点が正気を感じる。液晶は綺麗過ぎる。操作系は7Dの改善点が盛り込まれて良く考えられてるみたいだけど、バリアンの関係で窮屈になってる。ファインダーは普通。
 本体サイズはやや小さく、重量はほんの少し軽くなった印象だけど、全体的に丸っこく、ずんぐりむっくりしたイメージに。50Dの方が、カメラっぽい素っ気無さで好きだったかも。
 ライブビューはハッキリいって、相変わらず使えない。静物限定。自ずと、動画AFも、自分みたいな素人には使えないと思う。根性入れて、動画MFも勉強しろってことか。いやでも、「コントラストAFに劇的な改善」「来年はCANONイヤー」とか言われちゃってるから、まだまだ我慢しろ、ということなのだろうかなぁ。
 マグネシウムボディじゃなくなったけど、全体的に「良くできたKissDigitalX4+」みたいな印象。アムロが乗ってないゼータプラスみたいだ。
 散々いわれているけど、7~8万円で買えるんだったら、みんな文句言わなかったと思う。

③ CAONO EOS7D
 そろそろ発売から1年経過。価格もこなれてきたCANON APS-Cのフラグシップ。60Dが大分チャちくなっちゃったから、余計に「良くできてるなぁ~」と思えちゃう。シャッター音がどうこうっていう方も居るけど、私そんなにメカが良いカメラ使ったことないから、あんまり気にならんです。
 ハイアマ機以下での面認識AFは、ニコンに比べて遅れているとはいえども、Kissデジとか50D/60Dに比べちゃうと「おぉ~」って感じで感動モノだ。でもきっと、私なんかは中央1点だけで十分事足りてしまうような気がする・・・。
 60Dが期待されていたほど、小型/軽量化されなかったため、「じゃ、ほんの100~200グラム重いだけの、高性能な7Dが殆ど同じ価格で買えまっせ」、ってのが、このカメラの宿命的な現時点での評価なのかなぁ。

④ Sony α33/55
 悪いとこから言います。
「ボディの質感が低い」「EVFの色味が自然でない」「ボケ味なんか殆ど分からない」「連射したときに像喪失があるため、ファインダー内でカクカクする」「条件が良くないと、熱関係で動作速度が落ちたり機能停止するらしい」「重めなレンズつけたときにバランス悪そう」
 
 良いとこはたくさんあります。
「露出なんかがファインダー内で確認できるじゃん」「案外、レスポンスが良いんでない?」「小さい割りにグリップ形状が良いからなのか、保持性が高いよ!」「電子水平儀が微妙に便利。AF入ると消えるけどね・・・」「コントラストAFが異様に早い・・・(CANON機もコレぐらいになってくれ!)」「対応レンズを使えば、コンデジみたいにフリーハンドで動画が撮れそうだなぁ・・・」「スペックを鑑みると、発売直後なのに安すぎる(特にα33)」

 そして何より「キットレンズだと、異様に軽くて小さく、とても携帯性が高い」のが最大の魅力かと思われます。

 確かに、従来のカメラ的な価値観からいうと、イロイロと至らんところも多いのですが、なんかこう「未来」を感じさせる魅力がありますねぇ。きっと、次のバージョンでは、大分よい製品になってくるんじゃないですかねー。興味のある方/ない方も、ちょっと一度、触っていただけると良いかとおもわれます。



現時点での私の心持としては、こんな感じですね

CANON EOS7D > SONY α33 >= EOS50D



今月中には、何時もどおり眉唾スペックではありますがニコンのD7000が、そしてPENTAXのK-7が発売される予定ですね。

年末までは、カメラ売り場で各メーカー新商品を弄くるのが楽しみですわぁ~。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする