ぶちょう
ぶちょう

マイルーム

貧乏?スーパ箱庭オーディオシステム
貧乏?スーパ箱庭オーディオシステム
じわじわ再起動中。 ヘッドホンは卒業しました。 部屋が狭すぎてスピーカを設置できないので、ココ数年はヘッドホンで音楽を楽しんでます。 ヘッドホンは常用にATH-SX1。ジャンルによっ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り製品

お気に入りユーザー

日記

久しぶりの工作

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年11月05日

部屋の片付けものをしていたら、モガミの2497が出てきました。

たぶん、SCM40を置いているほうのシステムでレコードプレーヤと
フォノアンプを接続する為に損失が一番少ないケーブルという事で
使った残りだと思うのですが、なんか使えないかなと考えてSCM11の
システムのプリ・パワー間のケーブルにしてみました。

問題はバランス伝送をしなきゃいけないという事で、2番を芯線に3番を
シールドへ接続して足りない1番は普段使用している2944で接続する事にしました。
普段タブーとなっているシールドへ信号電流を流す事になりますが
とりあえず聞いてみる事に。そのままだと2497が太すぎてコネクタに入らないという
問題もありますが・・・。

とりあえずなんとか工作を完了させて、2944と入れ替えて聞いてみると
高域が美しい。そして恐るべき解像度。
今までの2944は1枚ベールがあるような感じがしましたが、それがなくなって
瞬時にライブハウスへワープします(笑)。

ただ、問題も無い訳ではなく、シールドをシールドとして使っていない為、
キーンという誘導系のノイズがツイータから出るようになってしまいました。
それほど、大きな音ではありませんが、スピーカーの近くだと気になる音です。
色々チェックしているとこのノイズはプリのCX-A5000が出しているノイズ
という事が判明しました。

どうやらデジタル系ノイズのようです。対策はやはり2497のシールドを
シールドとして使うしかないという事で現在対策中です。

うまくいけば良いのですが・・・。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする