ぶちょう
ぶちょう

マイルーム

貧乏?スーパ箱庭オーディオシステム
貧乏?スーパ箱庭オーディオシステム
じわじわ再起動中。 ヘッドホンは卒業しました。 部屋が狭すぎてスピーカを設置できないので、ココ数年はヘッドホンで音楽を楽しんでます。 ヘッドホンは常用にATH-SX1。ジャンルによっ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

お気に入りユーザー

日記

L2スイッチのパケット転送能力による音質の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月04日

iCatのMedia Centerシステムを本格導入してRoon+HQplayer+USB/DAC環境を
メインに使っているのですが、時々はLAN経由でAVアンプなどから
音を出したい時もある訳で、この場合はRoonのAirPlayer機能を利用して
音を出している訳ですが、以前からいわれているL2スイッチによる音質の
違いの研究もしてみようという事で、オーディオ用に発売されている
バッキャローのL2スイッチ(スイッチング・ハブ)BS-GS2016/Aと
以前から使用しているNECのQX-S5226PやQX-S5250P、アライドテレシスの
AT-x600-24Ts-POE(これはL3スイッチですが)に
比較してどうも今ひとつなんですよね。

なんでなのかなぁと色々実験していたのですが、恐らくは
パケット転送能力と安定度の違いなのかなぁという気がしています。
上のL2スイッチはどれも24ポート以上(QX-S5250Pは48ポート)の
ギガビットイーサな訳ですが、古いとはいえ70Mbps以上のスループットを
持ち合わせておりまあ家庭用なら現在でも一級品でしょう。

ただ、これよりもっとよくできる方法があるような気がするのでそれは
実験後に投稿できそうですが、どんどん一般的でなくなる気がしないでも
ないです・・・(汗。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. いろいろ手を尽くせば尽くすほど
    一般的な範疇から逸脱していくのは仕方ないでしょうね。

    PCオーディオなどではCPUの負荷を下げれば、
    低ノイズ化して音がよくなる傾向があるようですが、
    さてスイッチではどうでしょうか…?

    byHermitage at2017-12-04 13:58

  2. Hermitageさんへ

    どうやら余裕があり過ぎる位のハイスペックなCPUと
    カスタムOSを用意して余裕があり過ぎる位で動作させるのが良いみたいです。

    スイッチもたぶんそうなんだうなぁという事で実験してますが
    結果が出るまで少し時間がかかりそうです。

    まあ昔はL3にもPowerPCとか入ってましたしね。

    byぶちょう at2017-12-05 01:04

  3. 最近バッキャローのハブを試しました。
    家で使ってるNEC製無線LANルーターは管理画面をWebブラウザで表示するのですが、バッキャローのハブ越しではそれを正常に表示できませんでした。 何かを遅延させてる模様です。

    納品されて数時間後に返品してしまいました。
    やはりバッキャローは昔から変わらずバッキャローのままだなと思いました…

    結局アライドテレシスのAT-GS910/8を使ってます。
    PCにUSB-DACを接続して音楽を聴いてますが、LANに接続した場合はリンク速度の影響を受けました。
    LAN上で音楽データを受け取っておらず、PCのストレージ上の音楽データで聴いてるのですが、LANのリンク速度を落として10Mbpsにすると一番良かったです。
    LANのケーブル越しにノイズが乗ったというより、PC上のLANコントローラのノイズの影響かなと思っています。

    ちなみにLANは、リモートデスクトップを使う為に接続してます。
    リモートデスクトップで操作してPCにはモニタ、マウス、キーボードを接続せず、ディスプレイドライバも無効にした状態です。

    byしゅんかん at2018-06-07 10:57

  4. しゅんかん さんへ

    昔の日記にレスありがとうございます。
    バッキャローはバッキャロー(昔は駄目ルコって言ってました笑)ですよ。

    バッキャロー製で安定しているのはエアステーション・プロ位かな。
    あれは学校用のを自宅に設置してあるのですがここ数年トラブルはないですね。

    LANコントローラとかインターフェースチップは結構高調波ノイズ出すようですね。
    それがLANケーブルに乗って場合によってはケーブルがアンテナになって
    インピーダンスの高い機器に飛び込んで変調させる事があるようです。

    昔に比べればノイズは減っていみたいですが、結構対策は難しく闇雲に
    シールドしたりすると逆に音が悪くなってしまいます(環境にも左右されますが)。
    アンプ設計と同じくあちらが立てばこちらが立たずで、うまくドランスをとるのが
    腕のみせどころといったところでしょうか。

    でわでわ。

    byぶちょう at2018-06-07 13:19

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする