ぶちょう
ぶちょう

マイルーム

貧乏?スーパ箱庭オーディオシステム
貧乏?スーパ箱庭オーディオシステム
じわじわ再起動中。 ヘッドホンは卒業しました。 部屋が狭すぎてスピーカを設置できないので、ココ数年はヘッドホンで音楽を楽しんでます。 ヘッドホンは常用にATH-SX1。ジャンルによっ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

お気に入りユーザー

日記

TRIO KP-700のメンテナンス

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月02日

ヒンデミットのレコードを聞いていたら突然ハムノイズが・・・。

お、お、どっかアースが浮いたか。と色々調べていると
EQアンプは問題なし、プレーヤー側みたいで、更に電源を入れる
タイミングで出たり出なかったりするので変だなぁと色々調べていると
KP-700はアームの上げ下げにソレノイドを使ってありそこの方面から
誘導してくるみたいな感じで色々調べているとどうやらブリッジが怪しいという
感じになったので、ついでに他のケミコンも替えておくかという事でメンテ中です。



とりあえず液漏れしているコンデンサは無いですが、
流石に容量は30年を超えると減っているでしょうから交換がベストでしょうね。
ついでに再半田も実施の予定です。

あと、出力ケーブルとアース線も交換しようかな・・・。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ぶちょうさん、初めまして。「おすすめの他ユーザー日記」から来ました。

     こちらは昨年末に何とかKP-9010を入手でき、その音質も含めて独り悦に入ってましたが、やはりアースが浮いてしまい「深刻な症状だったら嫌だな‥」と思ってテスターでチェックしました。

     アーム側との接続をチェックしようと底板を外したりし確認しましたが、最終的にはアース線に付いているY型圧着端子の部分の芯線が切れて被覆だけでぶらぶら繋がっていただけで簡単に直せましたが、その直後にはスタート/ストップボタンの金属板が接着剤の経年劣化で外れたりと、1988年リリースとは言え製造から30年も経過するとイタチごっこのようにミニ・トラブルはキリがないですね。

    byたかけん at2018-05-03 18:52

  2. たかけんさんへ

    流石に製造から30年程度経ってますからね、旧車を維持するみたいな感じで
    手間はかかりますね。

    まあわたしの場合稼働率が低いのであまりトラブルに遭遇してないのですが
    そろそろメンテナスの時期かなと思いまして・・・。

    byぶちょう at2018-05-05 23:51

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする