じょんび
じょんび
50年代から現在までのハードバップジャズが大好きです。最近はオルガンジャズにもかなり傾倒しています。LINN DSを導入した際、CDPは手放してしまいました。LINN DSも最近MAJIK DSからA…

マイルーム

英国製機器で米国発祥のジャズを聴く
英国製機器で米国発祥のジャズを聴く
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
ソース機器 : LINN AKURATE DS/K プリアンプ : LINN MAJIK KONTROL パワーアンプ: ATC P-1 出水電気さん施工 オーディオ専用回路引き込み…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入り製品

日記

横浜のvafanさん宅訪問

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年04月01日

昨日、横浜のvafanさん宅を訪問してきました。千葉県から横浜まで東京都を横断しての訪問です。

横浜のvafanさんのお宅はそのお名前のように横浜市の閑静な住宅街にあり、その2階がリスニングルームとなっていました。

まず、足を踏み入れて最初に感じたことは、ルームアコースティックが結構ライブであったことです。「これで音を出したらかなり響くな」と内心心配したのですが、実際に音を出してみたら全くの杞憂でした。

システムから音を出してみると、ライブな響きが全然気にならず、部屋全体が心地よい音で包まれる感じです。



SPの感覚はかなり広く左右のSPもほぼ平行に設置しており、リスニングポジションは極めて近いニアフィールド。最初は少々違和感を覚えましたが、オクターブの真空管アンプとヴィエナアコースティックのSPから出てくる音は奥行き感がたっぷりと感じられる極めて心地よい音です。



主である横浜のvafanさんのお人柄の通り、ジェントルな音です。

数曲聴かせて頂いてまず思い浮かんだ言葉は、まさしく「音は人なり」と言うことです。

ボーカルや楽器のそれぞれの実在感云々を追及する音造りと言うよりは、主である横浜のvafanさんが如何にしてご自分の好きな音楽を上等な良い音で楽しむかと言うことに日々情熱を注いでチューニングしてこられたことが良く解る再生音です。

横浜のvafanさんご自身が、クラシックからロック、ジャズ、ニューミュージック、歌謡曲はたまた演歌まで幅広く音楽を愛するからこそ、出てくる音だというのが私の率直な感想です。

ジャズしか聴かないような偏屈な私にはとてもじゃないですが、出せない音です。

デジタルもアナログも分け隔てなく楽しんいらっしゃり、本当に音楽を愛していらっしゃることがその音からひたひたと伝わってきました。



アナログで聴かせて頂いた、ディープパープルのバーンや八神純子、本当に楽しく聴けました。高校生、大学生の頃を思い出しましした。(ジャズしか聴かないといいながら、こんなのも実は好きだということがばれてしまいましたけど)



横浜のvafanさんの愛情が注がれた音を聴いて、自分とは違う音の出し方と言うものを体験させて頂くだけでなく、いろいろな音源を聴かせて頂く機会を頂き、ありがとうございました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. じょんびさん、昨日は遠いところ、ありがとうございました。

    この3月は私にとっても貴重な1ヶ月となりました。お互いに
    目指している音は違っても、音楽とオーディオが好きなことは
    一致してましたね。

    ご夫妻が、古いレコードのライナーやジャケットを手にとり
    喜ばれている姿を拝見して、よかったなと思いました。

    ジャズはもっと、毒を出さねばと、思っているところです。
    ATCで聴く、ジャズ、楽しみにしています。

    by横浜のvafan at2013-04-01 20:33

  2. じょんびさん、こんばんは。

    私も、八神純子に反応してしまいました...(笑)

    Vienna Acoustics が聴かせてくれる八神純子の「声」にとても興味があります。

    >主である横浜のvafanさんのお人柄の通り、ジェントルな音です。
    >如何にしてご自分の好きな音楽を上等な良い音で楽しむかと言うことに日々情熱を注いでチューニングしてこられた

    素敵ですね! 記事を拝見しているだけでも、ワクワクしてしまいました。

    byカイ at2013-04-01 23:39

  3. じょんびさん、こんばんは。

    とても有意義なオフ会だったようですね。
    文章からお二人の人柄とオフ会の醍醐味が伝わって来ました。
    趣向が違うお互いを尊重した交流、素晴らしいと思います。
    やはりオフ会はいいですね(^^)

    bykanata at2013-04-01 23:45

  4. キタサンさん、こんばんは。

    私には全然馴染みがなかったのですが、アナログで長谷川きよしのアルバムから1曲聴かせて頂いたのですが、そのボーカルが実に暖かみを感じる音でした。アナログでしか出せない音だな、と強く印象付けられました。

    左右のSPの感覚は約2m位で、リスポジはスピーカー前面の平行線上から約1m位で、正直最初は違和感を覚えました。でも、実際に音を出すと、スピーカーの感覚が広いにも関わらず、音抜けもなく、サウンドステージがスピーカーの後ろに広がります。

    スピーカーも内ぶりにしていませんので、その音もスピーカーからのリスポジに向かってダイレクトに飛んでくるような感じもないためか、実に気持ち良いシルクのような音でした。

    こういう音の出し方もあるんだ、と素直に勉強になりました。

    byじょんび at2013-04-02 18:22

  5. カイさん、

    ヴィエナアコースティックが聴かせてくれる八神純子は非常に透明度が高くピュアな音です。

    正直、もっと八神純子を聴きたかったということと、自分もベスト盤で良いから1枚CDが欲しいな、と思いました。

    byじょんび at2013-04-02 18:24

  6. kanataさん、こんばんは。

    オフ会で交流すると自分の音の良さと足りないところが分かるので非常に参考になりますね。

    それと、いろいろなジャンルの音楽を皆さんの素晴らしいオーディオ機器で聴くことができます。

    場合に依っては、自分が今まで持っていた印象が良い意味で大きく変わることもあり、自分の音楽に対する懐を広げることにもなりますので、やはり有意義なことですね。

    kanataさんも、カイさんも機会があればぜひ交流しましょう。

    byじょんび at2013-04-02 18:28

  7. じょんびさん、こんばんは。

    横浜のvafanさん宅のたたずまいは素敵ですね。
    視覚的にも機器やラック、部屋とのカラーコーディネートを含めて素晴らしいです。
    やはり「音は人なり」ですか。お人柄のように心地良い音だったんでしょうね…。

    八神純子のこのアルバムは私も名古屋に持っています。
    東京ではでかんさんに教えていただいたCDのベストを聴いてますが、これもなかなか良いです (^^)

    byKYLYN(キリン) at2013-04-03 22:11

  8. KYLYNさん、こんにちは。

    横浜のvafanさんは電源ケーブルをすべてカルダスのGolden Powerで統一されています。ご自身にこのカルダスの電源ケーブルをお選びになったのかをお聞きしたところ、色々なブランドのケーブルは混ぜて使うのではなくブランドを統一したいということと、更にリスニングルームのフローリングの床の色とこの電源ケーブルのシースの色(小豆色)とのマッチングをも考慮して選定したそうです。

    そのほかに確認はしなかったのですが、クアドラスパイアのラックの色も床とのカラーコーディネーションを考慮してお選びになったのではないかと思います。

    byじょんび at2013-04-04 14:49

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする