ロンリーvts
ロンリーvts
普通の会社員。趣味は、オーディオ ドライブ 映画です。オーディオの目標は、好きな時に好きなアーティストが 我が拙宅でプレーしてくれる事。ほぼ 達成出来たかな?。ジャンルは、ジャズ ポピュラー。

マイルーム

我が拙宅
我が拙宅
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / ~8畳
スピーカー・ローズ「ビギン」オリジナル   プリ・C34V   パワー・アンプジラ2000、エポカルemー1  アナログプレーヤー・TD520  CDプレーヤー・ワディア381、ロクサンカスピ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

また ガッカリか

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年08月13日


 盆を迎え、連日の猛暑からやっと開放されたようです。私はというと、夏風邪をこじらせて 声がでません。

 この記事を書こうか どうしようかと迷いながら 早半年、皆様からの集中砲火を覚悟して 記事とします。(;_;)

             
 
 このパワーアンプ「エポカルEМー1バージョンアップ版」が現在うちのメインアンプです。奥の縦型ラックにサブとしてアンプジラ2000を配置しています。

 1991年 それまで使用していたМC7270を押しのけて入ってきました。その後並み居る強豪(ダン・ダゴスティーノ モメンタムステレオ等)を退け、今日に至っています。

 もういい歳なんです。おまけに製造メーカーが存在しません。
 そんな訳で次期候補選びの筆頭として、サービス体制もしっかりしていて 市場の評価も高いA70に注目しました。A級動作がひっかかるのですが。

 音の入口から順に DP720 C3800 A70 B&W801D 
 この面子の中で パワーアンプ部分を入れ替えるという手法です。当然電源コードもスピーカーケーブルもいじりません。

 エポカルを繋いだ途端に A70は無いな。
 音の抜け 空間の再現能力 低域から中域にかけての音の充実感、これらにかなりの差が認められる。

 またもガッカリである。

 この美しい黒漆のアンプには、まだ頑張ってもらわねば。

 

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ロンリーvtsさん

    こんにちは。

    拙宅はアキュフェーズの金色が並んでおります。

    >アキュ大好きの皆さんもそんなこと↑は百も承知なので選外になったからと言って攻撃されるような狭量な方はおられないと思います。

    ダン・ダゴスティーノ モメンタムステレオ」を袖にした相棒の代わりにA70を持ち込んでも、なかなか厳しい比較ですね。

    金色が並ぶ我が家でも、A70+A47のバイアンプで音場の拡がりや高域の伸びを作っており、比較をするとA70シングルでは物足りなく感じます。

    アキュフェーズは発売前から予約をする猛者から、「あり得ない」というアンチ派まで沢山抱えておりますので、EVAさんが仰るとおりですし、

    >オーディオは趣味ですのでご自身が一番良いと思うパートナーが最良です。

    ロンリーvtsさんが仰るとおりですね。

    bymerry at2015-08-13 09:38

  2. おはようございます。

    私も、エポカルEМー1というアンプを知りません。個性の強いアンプなのかと想像しましたが、業務用を手がけていたエンジニアが製作したものなのですね。

    アキュのアンプは、私には車で言えばレクサスのようなイメージがあるのですが、このアンプとの対比ということでロンリーvtsさんにはどのようにダメなのでしょうか。集中砲火覚悟の記事ならば(笑)、そこのところをもう少し具体的に教えてください。特に「空間の再現能力」とはどういうことでしょうか。

    ついでながらA級にはどのようなところがひっかかるのでしょうか。そこも教えてください。

    byベルウッド at2015-08-13 12:24

  3. EVAさん merryさん ベルウッドさん こんばんは
     
     レス ありがとうございます。お近くの方であれば、うちは、こんな音ですよ、でおわるのですが、そうもいきませんので。

     石のA級アンプの音にメリットを感じない。サブシステムとして真空管のプリメインアンプを愛用していますが、熱い機器が入るとラックの構成から考え直すひつようがある、広い家なら良いのですが。AB級で問題なし。

     エポカルは、個性の強いアンプではないと思っています。アンプジラの音をナイアガラの滝に例えると、エポカルは、那智の滝のイメージかと。そんなに太い音ではないが、音楽に寄り添って、どこまでも素直に表現する。嘘はつかない。

     レクサスの様なイメージ、これこそ 人それぞれでしょうが、トヨタの上級ブランドで、内外層の質感も高いが、値段もそれなりに高く、でも 決して間違っても 運転の楽しさを教える車は 作らない不思議なブランド。私のイメージです。

     空間再現能力については、あとあと解ったのですが モノラルアンプと比較して、音場の奥行 左右の広がりが、驚異的に変わらない。この部分に関しては これ以上のステレオアンプはないかも。

     あとわずかで現役を終える身としては、なるべく早く後継機を決めておきたいところです。

     余談ですが、EARの912だったかな、良いプリアンプですよ。

    byロンリーvts at2015-08-14 02:38

  4. ロンリーvtsさん

    ありがとうございます。

    A級アンプの問題はやはり発熱ですか。そうですよね。そもそもアンプをラックに入れるのはどうでしょう。私は、できるだけオープンなスペースに置くのが何かとよいのではないかと思っています。

    AB級で問題なし、というのも納得です。クロスオーバー歪みを極小にすれば充分ですから、A級の小信号時のクォリティと、B級アンプのハイ・パワーを兼ね備えたAB級がむしろ理想でしょう。A級アンプだからパワフルだとか、ましてや発熱の多いアンプとパワーを結びつけるなんてのは見かけばかりの完全な勘違いですよね。

    >モノラルアンプと比較して、音場の奥行 左右の広がりが、驚異的に変わらない

    逆に言えば、空間再現力を求めると一般的にはモノラルアンプの左右デュアル駆動が理想的ということですね。クロストークの問題や、共有電源を介しての相互干渉を避けるにはモノラルのほうがよい。でも、配線や基板配置を吟味し、電源変動に強い回路設計をするなどよく出来たアンプならステレオでもクロストークの優秀なものが出来ると言うことでしょう。

    レクサスには「運転の楽しさ」が希薄…ということは、私が言いたかったことそのものズバリです。

    byベルウッド at2015-08-14 18:59

  5. ベルウッドさん 十分なご理解を頂いたうえでの賛同 ありがとうございます。
     
     これからは 心して 貴方の記事を読ませていただきます。

    byロンリーvts at2015-08-14 22:54

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする