kodashi
kodashi

マイルーム

趣味の隔離部屋
趣味の隔離部屋
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / ホームシアタールーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~100型 / 8ch以上
妻にうるさいと宣告され、シアター専用室「隔離部屋」を持つようになって、約10年。 自宅新築に伴い、「隔離部屋」もリニューアルする事になりました。 自宅の設計時間以上に「隔離部屋」には時間を…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

音展行ってきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月19日

オブジェクトオーディオのブースでヤマハRX-A3050、デノンAVR-X7200WA、パイオニアSC-LX89のデモを楽しませて頂きました。
同一スピーカーを使ってAVアンプだけを繋ぎ換えて比較するという新しい試みでした。
正直優劣つけ難く、どのアンプでも買って後悔はしないと思いました。
2個駆動のヤマハ サブウーファーが良かったのかな。
あえて言うならヤマハはDSP掛け合わせのためか派手めでやや音像定位は甘く、デノンはナチュラルで突出した機能はないものの、新しい技術革新がある度、無料で基盤交換してくれたなどアフターで安心でき、パイオニアはMCACCが他社より抜きん出ていて完成度が高い、という所でしょうか。
デモそのものは、DTS:Xも含めデノンさんが一番良かったです。
パイオニアのオブジェクトオーディオデモで、技術者が音の位置情報を3D空間にマッピングして音響設計をしているという話がありました。
ハイトが良いかトップ良いかの話は、以前のセンターを置くべきか否かの話に通じるものが少しあると思います。
各社AVアンプの音場補正技術の進歩もあり、個人的には、天井にスピーカーがある方が、位置情報再現には有利かなと思っております。
いずれ測定技術も高さ情報を加味し、スピーカーの3次元的位置まで特定できるようになる気がします。
ちなみに一番物欲をそそったのはJVCの未発表プロジェクター(X700R後継)でした。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ヤマハはCX-A5100以外は今のところDSPとの掛け合わせは
    出来ません・・・音場補正が入ってるだけですね。

    パラメトリックイコライザーの設定が何になってたかで
    音もかわりますが?

    byソロ at2015-10-19 23:35

  2. そうだったのですか。最近ヤマハユーザーでなかったので解っていませんでした。
    プレゼンでYPAOは4点測定と言っていたの気がするので、先程到着したばかりの雑誌(他誌ですが。。)で確認した所、やはり4点測定と書いてありました。
    すでにスピーカーの3次元的位置特定は実現されているのですね。
    失礼致しました。。。

    bykodashi at2015-10-20 00:41

  3. はじめまして。

    去年の同時比較試聴会では、音像定位はパイオニアLX88が一番
    優れていました。膨らまず点で音が鳴っていますね。

    移動する弾丸も、LX88は弾丸の大きさの音でしたが、ヤマハは
    輪郭が甘く、弾丸の大きさが2~3個分でした。逆にその膨らみが
    柔らかい響きになっていて良いという人もいると思います。

    AVR-X7200は、3040とLX88の丁度バランスを取ったような感じの
    印象を受けました。

    CX-A5100を4点測定せず、マイクだけで1回補正して音を聞いて
    その後、4点測定し聞き比べましたが別物です。特にサラウンドの
    広さと音圧が違います。面倒くさがらずに4点測定すべきです。

    CX-A5100の2chですが、ピュアダイレクトは音が締まりまくって
    S/Nもとてつもなく良く、音像定位が半端ないです。

    2ch再生をした時、センタースピーカーからボーカルが鳴って
    いるので驚いて耳をセンタースピーカーに当てましたが、鳴って
    いません。

    ボーカルがセンタースピーカーから聞こえたように錯覚したのは、
    中央定位の力でした。

    ただピュアダイレクトは締まりすぎて音に響きが少なく固めで
    詰まったような感じの音になります。onkyoのパワーアンプ特有の
    制動の効き過ぎが原因かもしれませんが。

    音像は明らかに甘くなりますが、普通に2chステレオの方が声や
    バイオリンの響きが乗って心地よい感じです。

    それよりX700Rユーザーとして、X700R後継(X750R)の画は、どう
    だったでしょうか。同じX700Rユーザーとして凄く気になります。

    スペック上は、X750R少し解像度が上がって明るくなった位しか
    変化がないので、今年はパスしてパナの4KBDプレーヤーに行く
    予定ですが、少しは心が揺らぎます。

    byふえやっこだい at2015-10-20 13:26

  4. 初めまして、ふえやっこだいさん。価格comなどでも御意見、よく参考にさせてもらってます。

    ネイティブ4Kが欲しくてアバックに行ったのに、比較視聴してX700Rを買って帰って来てしまったクチです。参考になりますかどうか。。。

    まずは本当に明るいです。まだ部屋の照明を落としてないのに十分見えます。これが照明が落ちるとさらにコントラスト明暗がクッキリ。たぶんお好きなJVCワールドの絵が鮮度を増します。これに新技術HDRが加わったらどうなるのだろう、そんな期待をさせてくれる製品に仕上がっておりました。
    150インチスクリーンで、シネスコサイズに切り替わって映像が拡がっていく様子にも感嘆しました(これは以前からできる事らしいですが見たのは初めてだったので)。

    e-shiftってどうなんでしょう?
    4Kソース持っていないので判らないのですが、操作していたJVCの方はネイティブと遜色ないと自信をもって話していました。
    DMR-UBZ1があれば判りますよね、実はモニター販売も勢いでクリックしてます。

    bykodashi at2015-10-20 14:48

  5.  kodashiさんへ

    [音展]お疲れさまでした。 こう言う比較はショーだからコソですね。

     ただし現実は、デモ会場と、マイルームは違いが有り過ぎて(笑) 一番は人数だろうね。 視聴の位置も大いに関係するし、こう言う環境で優劣を決めるのは無理がありますね。

     基本は「御一人様用」(または数名様用)で調整するものですから(笑)


     それでも違いは楽しみたいトコロですね(^_^)v 

    説明員をとっ捕まえて、色々と突っ込むのは楽しそうですが・・。

     
     敢えて人数制限、多くても10人程度で視聴すれば良さは、アピール出来るんだけどね。 メーカーはショー以外でもこう言う環境を整えて良さを売りに訴えて欲しいです。

     しかし会場や規模(人数)の割にはスピーカーが貧相ですね(笑)  phile-webの記事を見ての感想です。

    アコス・・・。

    byアコスの住人 at2015-10-20 15:34

  6. >150インチスクリーンで、シネスコサイズに切り替わって映像が拡がっていく様子にも感嘆しました

    えっ? 700Rでもありましたっけ? オープニングの選択画面が
    ビスタで、本編がシネスコというのが多くて、2つのメモリーに
    記憶させて切り替えていました。

    >DMR-UBZ1があれば判りますよね、実はモニター販売も勢いで
    クリックしてます。

    是非ともレポートお願い致します。DMR-UBZ1と新750Rの両方を
    買えないのでDMR-UBZ1にしようと思っていますが、試聴会で
    750Rを見たらどうなるか分かりません。

    4Kソースは、HDCP2.2の要らないソニーのビデオカメラの映像を
    パソコンで再生しましたが、700Rでは1000ESのような高精細な映像
    は出ませんでした。コントラストは逆に700Rが良かったです。
    https://www.youtube.com/watch?v=hEYhkvZEVN4

    また、スクリーンをシアターハウスからピュアマットⅢにしたら
    確かに高精細になりました。

    byふえやっこだい at2015-10-20 16:58

  7. アコスの住人さんへ

    説明員とっ捕まえての突っ込み楽しいです。
    今回はB&W CMシリーズで、最初少し寂しい気もしましたが、出てくる音は意外に立派で楽しめました。
    サブウーファー次第ではメインこだわらなくてもシアター良いかも。
    マルチチャンネルも増殖しているので、ピュアとは切り分け、シアター用に中高域に特化した吊れる高性能小型スピーカーを11ch、これにマッチングした弩級サブウーファー2発っていう選択も悪くないなあと思いました。

    ふえやっこだい さんへ

    たぶんメモリー切替を見ただけだと思いますが、やった事無くて驚きました。

    DMR-UBZ1は音展でもHDR対応4Kディスプレイ接続、旧機種と比較視聴やってました。
    さすがに草木の描写や、風に揺らめき輝く瓦屋根に掛かるクモの糸など、細部描写は圧倒的に優位でした。
    南国系の赤い花の色まで妙に鮮やかで、あまりに旧機種がくすんで見えるので、旧機種って何だろうと目を凝らし型番を見たらBZT9600で逆にびっくりしました。

    モニター販売当選したら、またじっくり見てみます。でもしばらくオマケの「るろうに剣心」しか無いですからねえ。パナソニックの人に他のソフトは出るのかと聞いたら、ゴニョゴニョとお茶を濁されてしまいました。

    bykodashi at2015-10-20 22:48

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする