Kurashiki
Kurashiki
はじめまして ソフトはCDのみ3000枚以上。クラシックのコントラバスCDを28年以上蒐集しています。 部屋の状況は下記に詳しく掲載されています。  http://www.salogic.com…

マイルーム

ルームチューン
ルームチューン
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
2006年にサーロジック LVパネルを導入してから10年以上経過しました。 2009年10月、サーロジック代表 村田氏の2回目のご訪問時に「ミックスダウンに使えますね。100点」の評価を頂戴し、20…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

音離れの良いスピーカー その2 セッティング編

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月01日

スピーカー製作者の島津さんへ質問メールを送り、セッティングの
アドバイスをもらいます。

 1.向き
  内向きを推奨

 2.接続
  安い普通のケーブルでOK、2本使い(バイワイヤリング)を推奨
  被服の硬いタイプの場合や、芯線の1本ずつが非常に太いものは
  あまりおすすめではない。 スピーカー側は直接接続を推奨

 3.グリル
  外して使うことを推奨 

 4.スタンド
  設置環境の影響は受けにくいが、基本的に共鳴音の少ないものを推奨

 5.スペーサー
  設置環境の影響は受けにくいのでゴム足でOK

ということで、スタンドは放置されてたTAOCさんのSST-60H、ケーブルは
まずは製作者さんのところで使われてるものとACA-CA001 2.5m*4本。
スペーサーは家に転がっていたダイソーさんの床傷防止フェルト粘着
タイプと格安です。

PL100とIllusionist-13のバッフルが被らないでリスニングポジションを
見通せる位置にスタンドを置いて水準器で水平出し。
  
ガタがあると地震の時に危ないですし、しっかりとした低音が出ません。
対角も同じようにガタつきをとりながら水平を出します。
60cmのスタンドに置いた場合、PL100よりも少し高くなるくらい
高さがあるのでスパイクは短めで使います。
  
使っていなかったアキュフェーズ P-300に端末加工を施したスピーカー
ケーブルをバイワイヤリングで接続。

早速音出しです。
中古ですので鳴らし始めこそ暫く音を出していなかった感がありましたが
鳴らし込みがしっかり出来ていてとても良い音です。

但し、パネルがPL100用にセッティングされているのでボーカルがセンターの
和心の後方、窓際で歌っています。

一度Illusionist-13をPL100の両外まで前に移動させましたが、どうも
しっくりきません。 
   
元の位置に戻してBASSOの位置を調整。セオリー通り30cmちょっと離れた
ところでサイドパネルとの兼ね合いもあって、ボーカルをはじめとして
音が手前に引き出されて見事なサウンドステージが現れました。
  
BASSOはPL100のスタンドが干渉してセンターではありませんが効果大。
録音に依ってはPL100が鳴ってるのかと錯覚します。


長くなりましたので出音編へ続きます

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする