takhag
takhag
9.5畳専用室で2chオーディオと7.1.2chAVシステムの両立を目指しています。その他に家族で楽しむリビング7.1chも構築しました。日々グレードアップを画策中です。

マイルーム

専用室+リビングシアターで邁進中!
専用室+リビングシアターで邁進中!
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~100型 / 8ch以上
9.5畳間の専用ルームと家族と過ごすリビング・シアターの二本立てで構成しています。 9.5畳間は、2chオーディオと、プロジェクタ中心のビジュアルです。 リビングは家族で気軽に楽しむ50インチプラ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

日記

AIRBOW ジャンパーケーブル Evidence Jumper

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年08月07日

 大阪のオーディオショップ逸品館さんのショップブランド「AIRBOW」のジャンパーケーブルを購入しました。その名の通り、aet のハイエンド・スピーカー・ケーブル Evidence を使ったジャンパーです。
 逸品館さんのホームページから購入すると 8 万 5 千円。本家 aet の Evidence Jumper よりは手頃ですが、15cm 余りのシングルケーブル 4 本でのこのお値段は「殺人的」。ある程度の「見通し」が無いと飛びつけない価格ですが、私なりに閃きがあり購入。結果は大正解でした。驚異的な変化幅。飛び降りた価値ありました。


 そもそも「ジャンパには何かある」と以前から思ってはいました。買ったときについてくるショートプレートを外してスピーカーケーブルに変更したとき、スピーカーケーブルを、+-ウーファー側結合から、+-片方ずつツイーターとウーファー端子に振り分けた接続をしたとき。ほんの短い接続部分のはずなのにその変化にいちいち驚いていました。
 で、決定的だったのは、先日自作したジャンパーケーブルでした。Zonotone の
6NSP-6600S MEISTER を使ってジャンパーケーブルを作ってみたのです。(詳細はコチラ:http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-140.html

 その変化は強烈でした。元々もアクロテックの 6N ケーブルをジャンパにしていたのですが、Zonotone のジャンパにしたらあっという間に Zonotone の音に。その変化は、スピーカーケーブル自身を、PS Audio から Zonotone の Grandio10 に変更した時の変化幅に比類するほどでした。
 これから考えられるのは「ジャンパケーブルは、めちゃくちゃ効く」という仮説。
 こうなると、コストと入手性から選んだ 6NSP-6600S MEISTER という選択が正しかったのか?と自問自答。ジャンパーに超高級ケーブルをぶち込んだら、どんな音になるんだろう・・・。もう止まりません・・・。
 「あなたの言っていることは1から10まで、全く理解できません。勝手にしてください。」的な妻の反応にめげず、また、自分へのお誕生日プレゼントだ(うん回目の年男)と自分自身をも説得し、購入に至ったわけです。

**長くなりましたので続きはコチラへ**

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. takhagさん お久しぶりです。takapalpalです。

     ジャンパーケーブルの日記 ありがとうございました。
    私は、現在はノーマルのジャンパーケーブルで、
    現状の改良をしたあとに、ジャンパーケーブルを調べ、
    交換考えています。

    >音数が増えた。
    >低音の量感が増し、分解能が向上した
    良い変化ですね。

    その後の変化の日記楽しみにしています。

    ありがとうございました。

    bytakapalpal at2013-08-08 04:13

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする