takhag
takhag
9.5畳専用室で2chオーディオと7.1.2chAVシステムの両立を目指しています。その他に家族で楽しむリビング7.1chも構築しました。日々グレードアップを画策中です。

マイルーム

専用室+リビングシアターで邁進中!
専用室+リビングシアターで邁進中!
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~100型 / 8ch以上
9.5畳間の専用ルームと家族と過ごすリビング・シアターの二本立てで構成しています。 9.5畳間は、突き詰めたオーディオと、プロジェクタ中心のビジュアルです。 リビングは家族で気軽に楽しむ50インチ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

日記

結局、AV アンプを SC-LX89 に

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月03日

我が家の AV アンプ、結局、SC-LX89 になりました・・・。

思えば、DTS:X 対応欲しさに、前世代モデルの SC-LX88 を SC-LX79 に買い替えたところから、悲劇は始まったのでした。
その際の記事はコチラ

AV アンプ、ダウングレード・・・・
http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-242.html

記事にも書きましたが、明確な差が感じられてしまい、「人間がエージングされる(新しい機器に慣れて、前のを忘れる)」のを待った次第です。
待つこと、数ヶ月。
残念ながら、我がヘボ耳をしても「人間エージング」は、かないませんでした。

悩みに悩んだ挙句、リビングの 2ch オーディオを売り払い、そのお金で、SC-LX89 に買い換えることにいたしました。
リビング 2ch 売却のくだりは、phileweb に「リビング断捨離」と銘打って報告しましたが、実は単に「金策」でした・・・。
http://community.phileweb.com/mypage/entry/263/20161105/53489/

さて、やってきた SC-LX89 です。

まずは、SC-LX79 がこちら。


そして、SC-LX89 です。

はい、見分けは付きません。
結局、SC-LX88 -> SC-LX79 -> SC-LX89 と短期間にほとんど同じ外観の AV アンプを乗り継いだことになります。家族に見咎められない、という利点はあります。(笑)

もちろん、DTS:X 対応!
(元はと言えば、パイオニアさんが、SC-LX88 を DTS:X アップデート対応にしてくれればこんなことには・・・)

そして、Atmos も当然ですが、OK。

さて、肝心の音です。

幸いなことに、SC-LX88 時代の音に、戻りました!
一か八かでしたが、良かった・・・。

LX79 と LX89(LX88) の音の差を、極力誤解の無いように言うと、音場再現力の差、という感じかと思います。

でてくる音は、限りなく相似です。音質、音色ともに、ほぼ変わりません。すなわち、LX79 も十分に高音質であると思います。

が、LX79 では、その高音質のサウンドが「各々のスピーカーから出ている」という感じがします。それに対し、LX89(LX88) では「スピーカーの存在」がふっと消えます。部屋全体に音の粒子が散らばり、自分に向かってくる感じ。
非常に不思議な現象ですが、LX88 -> LX79 -> LX89 と乗り継いで初めて確信できました。

やはり、「上位モデルの音は、聴いてはいけない」というオーディオの(負の)鉄則が、AV 系にも言える、ということがわかってしまった今回の体験でした。
それを知るために、高い「授業料」がかかったことは、時間をかけて忘れていきたいと思います。(笑)

なお、今回、残念ながら最初にデリバリーされてきた LX89 が初期不良でした。プリ側は生きていましたが、パワーを経たスピーカー出力からはノイズしか出ませんでした。AV アンプは、やたらたくさんのケーブルを接続せねばなりませんので、初期不良の「心の」ダメージはデカイですね。無駄遣いをした「罰」ということで、ぐっとこらえましたが。

**同内容ブログ記事はコチラ**








次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 断捨離の布石がここに絡むとは・・ 予想外です! (笑)

     長い道のり ご苦労様でした。 勉強ですね(^^)/

    自分もHDオーディオ化には、長~~~~~~~~~~い道程でした。  2500BT(DENONのBDトランスポート。出力はHDMIのみ!)を導入して、安物!(おっと失言!普及クラスと言う事で・・)のAVアンプを導入して仕舞った事から、無限ループの悪循環。  あの時、3800BDを採用して、既存のAVアンプとは、マルチチャンネル・アナログ接続としてれば、遠回り&余計な出費は防げたのにな・・(>_<) (>_<)  ただし、AVアンプたちの症状は、想像を絶するものでありましたから、致し方が無いかな? 

     授業料・・ 高かったヮ。 


    初期不良は戴けないが、今は正常なんですね。  インプレッションをお待ちしていますね !(^^)! !(^^)!


     アコス…。

    byアコスの住人 at2016-12-03 22:27

  2. takhagさん。
    初めましてこんにちは。

    この度はSC-LX89ご購入おめでとうございます。
    AVアンプはランクが上がると、全体の音のバランスはもちろんですが、リアの鳴り方がかなり変わります。

    おっしゃる通り、一度ハイエンドを経験してしまうと、ダウングレードはできませんね(´Д` )

    実は私も、最近SC-LX85からSC-LX89に買い換えました。
    最新の901なども気になりましたが、やはり純パイオニア最後の作品の方を選んでしまいました。しかし、昨日が多すぎで一つ一つ試しているところです。
    MCACC PROはすごいですよね。マニュアルの方なんて現在ちんぷんかんぷんですw

    一番の目玉はやはり、DTS:X、Dolby ATMOSですが、賃貸のためトップスピーカーをどう付けようか悩んでいるところです。反射は私は全くかんじなかったので・・・・・・・

    色々と使い込んだら詳しくレビューしよと思っております。

    お互い89の良さを楽しみましょう(*^^*)
    長文失礼いたしました。

    byKei at2016-12-04 16:46

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする