takhag
takhag
9.5畳専用室で2chオーディオと7.1.2chAVシステムの両立を目指しています。その他に家族で楽しむリビング7.1chも構築しました。日々グレードアップを画策中です。

マイルーム

専用室+リビングシアターで邁進中!
専用室+リビングシアターで邁進中!
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~100型 / 8ch以上
9.5畳間の専用ルームと家族と過ごすリビング・シアターの二本立てで構成しています。 9.5畳間は、2chオーディオと、プロジェクタ中心のビジュアルです。 リビングは家族で気軽に楽しむ50インチプラ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

お気に入り製品

日記

KaNaDe 03 届きました

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月01日

スピーカー下のインシュレータとして、金井製作所のKaNaDe03を導入しました。

先日、スピーカーボードとして、ウェルフロートボードを導入しましたが、その結果、音の分解能や位置精度は増したものの、少し音がキツく聴こえるようになり、特に高域に歪み感を感じるようになりました。
http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-249.html

しばらくはそのまま辛抱しましたが、いよいよなにかせねば、と思うようになり、中和剤としてインシュレータを変更することにしました。
選択したのが、金井製作所の新製品のKaNaDe03です。

発売当日の本日(2017.2.1)に届けていただきました。

一箱に4ケ入りのセットですので、LRスピーカー用で2セット購入です。

箱の中には、インシュレータ本体4ケと、機器にボルト止めするときのカラー、および説明書(と材料成分の説明)が入っていました。

インシュレータ単体の写真は、都合により掲載できませんが、寸法は測定しました。
外径Φ50mm、厚み13mmの円筒形で、中心に貫通穴が空いています。下面には4本の放射状の溝があります。

我が家では中心の貫通穴をスパイク受けとする作戦。これが若干裏目で、穴径が実測でΦ5.7mmくらいあり、我が家の PMC FB1 の純正スパイクは、かなりの鋭角であるため、深く刺さってしまう設置になってしまいました。これは、後日スパイク交換が必要そうです・・・・。

重量は、1ケ約49g。かさ比重は概算1.9~2くらいですので、イメージはアルミより軽く、レンガより重い、という感じです。複合材料ということですが、触った感じは、金属感が強いです。

設置前の PMC FB1 の足元は、アルミのインシュレータをスパイク受けにしていました。
KaNaDe03 設置後は、スパイクが深く刺さっているため、従来より設置高が低くなりました。

肝心の音ですが、こういった振動物は、少なくとも数日は様子を見る必要があるので、第一印象のみ。
まず、宣伝どおり、音の響きがキレイになりました。
また、課題だった高域の歪感は、ポッとおいただけで、かなり減りました。
気がつくと、設置前よりかなり音量を上げていました。それだけ、歪感が減り気持ちよくなったんだと思います。
一方、期待していた女性ボーカルの声の艶や色気は、もう一息。徐々に良くなる期待感はあります。

しかし、スパイクが深く突き刺さっている姿は痛々しく(楔が食い込んでいるわけですから・・・)、とても音にも良いと思えません。スパイクを交換し、ベストの状態になってから、本当の効果を確認せねばならなそうです。あぁ、またお金が・・・・・

**同内容のブログはコチラ(写真が若干多いです)**

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. takhagさん、こんばんは。

    私が伝導したウェルフロートではございませんが、気になってしまいますので、コメントさせていただきます。(笑)

    KaNaDe03を購入されたのですね。もしスパイクがウェルフロートまで届いてしまうのであれば、太いスパイクに変える必要がありそうですね。

    まずはスパイクを取って、KaNaDe03の上にSPを直置きしてみるのも良いかと思います。

    MDFのウェルフロートでは、よくボードの鳴きが気になるといらっしゃる方がいらっしゃいますので、ボードの上に共鳴防止の鉄板(できればサンシャインのマグネシウム制振動シートV40)をスティックタイプ糊でウェルフロートに貼り付ける、バスケロさんから教わった方法が良いと思います。薄い鉛のインゴットみたいなのをボードのセンターに置くのも共鳴防止に多少は効果はあるかと思います。

    ウェルフロートの下にサンシャンのD-RENを片側5枚(1枚をセンター)敷くのも良くやられている方法です。

    また何かご相談がございましたならば、個別にメッセージでも構いませんのでお尋ねくださいね。ご成功をお祈りしております。

    byHarubaru at2017-02-02 00:04

  2. Harubaruさん、レスありがとうございます。
    Harubaruさんのレスから、いつもヒントを頂いています。

    スパイクは、ウェルフロートまでは届いていませんが、楔状に食い込んでいるので、圧縮ではなく摩擦方向で振動を吸収してしまっている気がします。

    ボードの鳴きの情報もありがとうございます。

    色々まだまだやらねばなりませんね。

    bytakhag at2017-02-02 22:07

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする