takhag
takhag
9.5畳専用室で2chオーディオと7.1.2chAVシステムの両立を目指しています。その他に家族で楽しむリビング7.1chも構築しました。日々グレードアップを画策中です。

マイルーム

専用室+リビングシアターで邁進中!
専用室+リビングシアターで邁進中!
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~100型 / 8ch以上
9.5畳間の専用ルームと家族と過ごすリビング・シアターの二本立てで構成しています。 9.5畳間は、2chオーディオと、プロジェクタ中心のビジュアルです。 リビングは家族で気軽に楽しむ50インチプラ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

日記

Klimax Renew DS/2 導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年08月19日

機会あって Linn の Klimax Renew DS/2 を入手いたしました。
現有の Klimax Renew DS/K からの置き換えとなります。

我が家のプレーヤーの変遷は、
 Marantz CD-95
 Marantz CD-95 Limited(上記アップデート)
  http://community.phileweb.com/mypage/entry/263/20070516/251/
 Marantz CD-16SE
 Linn Ikemi
  http://community.phileweb.com/mypage/entry/263/201003/17467/
 Linn Majik DS
 Linn Akurate DS
  http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-67.html
 Linn Klimax Renew DS
  http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-81.html
 Linn Klimax Renew DS/K
  http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-223.html
となっています。
(CD-95の前は、S社のものだった気がしますが、型番忘れました。)

その中で、「驚愕」といえるほどの「ジャンプアップ」は、

・型番忘れたプレーヤー -> CD-95
・CD-16SE -> Ikemi
・Ikemi -> Majik
・Majik -> Akurate
・Akurate -> Klimax Renew

の 5 回だったなぁと。
言い古された表現ですが、「持っている CD をもう一度すべて聞き直したくなるほど」というのは、その 5 回ですね。

今回は、どうでしょう?

まずは、外観と中身です。
以降、上が Klimax Renew DS/K、下が Klimax Renew DS/2 です。(以下、それぞれ、DS/K、DS/2 と表記します。)

前面

背面

内部


見た目で判断すると今回(Klimax をお持ちの方にとっては、前回か)のアップデート( DS/K -> DS/2 )は、
 ・Exakt Link の追加
 ・クロックチップの DAC 近接配置
の 2 点が変化、ということだと思います。
前回( DS -> DS/K )が、アウトプットトランスの変更や、XLR端子の変更がかかっていたことを思うと、比較的小変更といえるように思います。

DS/2 の Configuration 画面はこちら。

むむっと思うのが「Model Information」です。「Klimax Renew DS, Exakt Disabled」とあります。素直に読むと「Exakt無効化モデル」という風になります。我が家では、「Exakt」を使う予定はありませんが、もし Exakt 使用目的で Renew DS を購入される場合には、念のため確認されたほうが良いかもしれません。

音については、前出の過去 5 回の「ジャンプアップ」に並ぶような変化ではありませんでした。
前回の「DS -> DS/K」のときもそうでしたが、ぐっと解像度が上がった感覚です。おそらく再現の正確性が増したんだと思います。
オーケストラの演奏で各楽器の配置がより鮮明になりました。
一方で、ボーカルの滑らかさは少々減退方向。もちろん微妙な差ではありますが、「不正確さ」を「色気」と捉えて聴いていたものが、「正確性」によって減退したのかもしれません。
画質調整でシャープネスを上げていったら、なんとなく絵画的でなくなってきた、って感じでしょうか?
方向は正しいはずですが、我が家ではチューニングが必要なようです。

総合してみると、今回の DS/K -> DS/2 は、全体に音がブラッシュアップされる変更と思いました。そこに価値を感じる方であれば、アップデートの価値はあると思います。
我が家では、その分、見えなかったところが見えるようになってしまったという感じで、他の機器がついていけなくなってきているようです・・・・。

プレーヤーはこのあたりで打ち止めにして、次のアップデートは、他の機器、という「お告げ」なのかもしれませんね。

**同内容のブログリンクはコチラ(写真が豊富です)**

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする