takhag
takhag
9.5畳専用室で2chオーディオと7.1.2chAVシステムの両立を目指しています。その他に家族で楽しむリビング7.1chも構築しました。日々グレードアップを画策中です。

マイルーム

専用室+リビングシアターで邁進中!
専用室+リビングシアターで邁進中!
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~100型 / 8ch以上
9.5畳間の専用ルームと家族と過ごすリビング・シアターの二本立てで構成しています。 9.5畳間は、2chオーディオと、プロジェクタ中心のビジュアルです。 リビングは家族で気軽に楽しむ50インチプラ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り製品

日記

自宅アース工事で接地抵抗1.4Ωに!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月20日

我が家のオーディオルーム電源工事報告その1として、アース工事の状況です。

今回、オーディオルームの電源工事として、電柱からメーターへの引き込み線の変更、メーターからオーディオルームへ専用配線、そしてオーディオ専用アースの埋設をお願いしました。

そのアース工事の報告です。
なんと、接地抵抗1.4Ωを達成しました!
と偉そうに書きましたが、その凄さはあまり理解できていないのですが、2Ω以下というのはよほど条件が揃わないと出ない数字だそうです。
良かった。

今回のアースは 1.5m 長のアース棒を地中に埋め込んでいく作業でした。

10 本から 20 本打ち込む、ということで、かなり広範囲に打ち込むのかと誤解していましたが、1.5m 打ち込んでは、次のアース棒を接続してまた打ち込む、という作業で、どんどん地中深くまで打ち込まれます。作業は、掘削機を改造した機械を使って行われました。

まずは、14 本連結・・・すなわち地中 21 m!
マンションだと、7 階建て相当?(笑)
ここですでに接地抵抗 2.5Ω を達成。

しかし「どうせなら 2Ω 以下を目指しませんか?」とのアドバイスもあり、同じ穴から今度は斜めに角度をつけて、また 14 本 = 21m の打ち込みをいただきました。

結果、
1.4Ω を達成!

で、音は!と言いたいところですが、日没コールドで、配線工事終了せず、視聴はかないませんでした。
工事完成後、電源専用化と合わせて、レポートいたします。

なお、今回新情報として、「スマートメーターの場合は、メインブレーカーを廃止できる」とのことで、メーターからオーディオルームへ直結配線してもらうことになりました。
スマートメーターにリミッターという機能があり、配線仕様によってはメインブレーカーを廃止できるそうです。これにより従来はメインブレーカー~漏電ブレーカーと経由していたものが、漏電ブレーカーのみになりますし、我が家のようにメーターから直接オーディオルームへの配線も可能になったそうです。
スマートメーターが出たときには、「オーディオ的にどうなの?」との議論もあったように記憶していますが、こんなメリットがあるそうですよ。

それでは、続きは、また次回のレポートにて。

**同内容のブログはこちら**

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする