のびー
のびー
ロンドンに移り住んで22年目となりました。240V環境の恩恵に浴すも、やはりオーディオは日本がおもしろい。年に数回の帰国の際の物色を何よりの楽しみとしております。

マイルーム

800D3を導入しました
800D3を導入しました
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch
2018年3月、1986年から(32年間)一貫してJBLをメイン・スピーカーとしてきたオーディオ・ライフに別れを告げ、B&W党となりました。2015年のピアノ購入時にオーディオ部屋(約30畳)をピ…
所有製品
  • スピーカーシステム
    B&W 800 D3
  • トーンアーム
    FIDELITY-RESEARCH FR-64
  • トーンアーム
  • プリメインアンプ
    YAMAHA CA-2000
  • プリアンプ
    YAMAHA C-2a

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

800D3セッティング 2

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月02日

前回の日記から時間が経ってしまいました。

前回では、⑴ 800D3の卵型ベースは内振り角度も前後位置も分かりづらく動かすと正確に元の場所に戻すのは困難なこと、⑵ SPの設置場所を検討する上で「SPを四角いベースにしっかり乗せ、動かすときはベースごと動かす」こと、⑶ 英国ではオーディオ・ボードを殆ど見かけないので日本で調達することにしたが、納品までの代役として集成材で出来た業務用のまな板を購入したこと、まで報告しました。

それがこのボードです。
800D3のベースは幅413mm、奥行611mm。ボードは幅450mm、奥行610mm、厚さ45mm、重量8kg と驚くほどピッタリサイズです。価格は送料込みで1枚約7,000円。強靭で叩いても殆ど鳴きません。

このままでも見た目はそれほど悪くありませんが、せっかくなのでセミ・マットの黒色ラッカーで塗装しました。また、適当に動かしながら最適位置を探ることが目的なので、裏面にフェルトパッドを貼って滑り易くします。偶然にも?800D3は私と同じ重量ですから自らボードに乗って壁を押したりしながら滑り具合をチェックしました。結果、40mm径の大き目のフェルトパッドを四隅に貼ることに決定。

1枚7,000円ですから思い切ってスパイク直刺しです。

とりあえずはボード無しで詰めた配置に設置します。中心軸の間隔が250cm、左右の壁からSP中心まで116cm、SP前面と後壁まで158cm。ごく僅かに内振り。

これで暫く聴いた後、オーディオファイル宅を何件か訪問。セッティング法をあたらめて注視。その後1週間ほど色々考えて平行法に移行しました。
前後位置を変えず間隔を少し詰めました。中心軸の間隔は242cm。左右の音場が少し拡がりました。前後音場はあまり変わりませんが、定位はより安定したと思います。

この段階では音色やバランスよりも音場と定位を重視しました。
平行法では聴取位置方向への音圧が落ちる分SP間隔を狭めた方が良いようです。またSP外側へ音場を拡げやすいメリットがあると思います。

これで暫く聴いて2組あるパワーアンプの接続方法を詰めてみます。今の接続はこの通りです(以下次回)。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. のびーさん
    おはようございます(そちらは夜中(笑))
    まな板のラッカー塗装見事ですね。
    あたかも純正品の如くです。
    見た目もより安定感が増したような・・・

    実際この台及びスパイクの音響の効果はいかほどでしょうか?(私のタンノイにもスパイクが付いていますがその効果はまだ未検証です)
    800d3はかなりの重量ですね。腰痛にはご注意を!
    それから、今、パスのアンプx150.8に興味がありますが(タンノイ用として)first watttとどう違うのか気になっています。教えていただけたら幸いです。

    byどんぐり at2018-05-03 07:40

  2. まな板とは思えない溶け込んだ姿ですね。
    純正ベースと言われても信じてしまいそうです。

    byHermitage at2018-05-03 10:51

  3. のびーさん こんにちは。

    まな板がこうもサイズぴったりで、見た目も美しいのがびっくりします。

    私だとフェルトパッド 真ん中にもう一個貼りそうです。

    byYongJoon at2018-05-03 17:09

  4. どんぐりさん

    こんにちは。レスありがとうございます。
    見た目はこれで十分です。SPのポジションをはじめあまりに変数が多くてこのボードの音はまだ評価できていません。今はSPのポジション決めに集中しています。

    Pass Labsの.8シリーズの音は聴いていないのでコメントは難しいですが、以前のシリーズはFirst Wattと音の傾向は似ていました。

    First Wattは、放熱対策が必要で使い勝手は決して良くありません。一般的な使用ではPass Labsの製品の方が良いのではないでしょうか?

    でもSIT-1の音は極めてナチュラルで素晴らしいですよ。私は日本で購入した個体を当地で240V仕様にトランスを換装しましたが、音が一段と弾けて嬉しくなりました。

    byのびー at2018-05-03 18:49

  5. Hermitageさん、こんにちは。

    ネットで検索すると色々な素材、大きさのまな板があります。
    値段も手頃なので、私は先日、強化ガラス製のまな板(千円ほど)を購入してその上にPCオーディオの小物を纏めて設置しています。

    byのびー at2018-05-03 18:54

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする