のびー
のびー
ロンドンに移り住んで24年目となりました。240V環境の恩恵に浴すも、やはりオーディオは日本がおもしろい。年に数回の帰国の際の物色を何よりの楽しみとしております。

マイルーム

800D3を導入しました
800D3を導入しました
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch
2018年3月、1986年から(32年間)一貫してJBLをメイン・スピーカーとしてきたオーディオ・ライフに別れを告げ、B&W党となりました。2015年のピアノ購入時にオーディオ部屋(約30畳)をピ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

耳のお話

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月17日

耳垢そうじに続いて耳の話題をもう一つ紹介させて下さい。

私の自宅のあるロンドンは、ロンドン中心部とロンドン郊外部に大別され、両方を合わせて大ロンドン市(グレーターロンドン)と呼ばれます。
東京と比較すると、東京23区の面積は621平方キロメートル、ロンドン中心部は319平方キロ、グレーターロンドンは1569平方キロあります。
東京23区はロンドン中心部のおよそ2倍の面積ですが、グレーターロンドンの半分以下です。

グレーターロンドンは、一見、東京23区より随分と大きいようですが、東京は東京湾に面しているため東京駅から南東に拡大出来ない一方で、ロンドンは内陸にあるので東西南北均等に拡大できることが面積の差となっており、中心部から周辺部までの距離はそれほど変わりません。

私の自宅はグレーターロンドン北部にあり、ロンドンのヘソと言われるCharing Cross駅から直線距離でちょうど15キロメートルです。一応、地下鉄ネットワークの範囲内で、地下鉄終点から2番目の駅が最寄り駅になります。
よく「東京で言うとどの辺り?」と聞かれます。東京駅から昔住んでいた西荻窪までが直線で15.2キロ、西荻窪が地下鉄の終点辺りということもあり、「大体、西荻窪」と答えています。

とは言うものの、ロンドン郊外部は東京23区の周辺部と比較して格段に田舎で、自宅の庭には、リスが住み着きキツネが出没します。実際、単純比較は出来ないものの、地価では東京と比べるまでもありません(安いです)。

前置きが長くなりましたがこれから本題に入ります。
リスやキツネ、野鳥が庭に来るのは、見ているには平和で良いのですが、庭の花壇や家庭菜園にとっては困った事態です。
何か良い対策は無いものか探していたところ、昨年秋にあるデバイスを導入しました。「耳のお話」はこのデバイスについてです。続きは次回に記します。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. のびーさん

    やはりロンドンの住環境は東京とは較べるべくも無い恵まれた環境なのですね。
    電圧含め電力事情も東京と違ってオーディオに良い環境と推察します。

    私が30年前に住んでいたNYの家も、マンハッタンから郊外電車でハドソン川を30分ほど北上した田舎町で、家の周りにはリスやアライグマの仲間がうろうろしていました。
    時々、鹿も出没。一度、玄関前でスカンクを見かけた時は、ガス噴射されないようにドキドキものでした。

    オーディオ事情は日本の方が良いとコメントされていましたが、イギリス製オーディオ機器を安く入手できるのは羨ましいです。アメリカ製など他国の製品価格はどうなのでしょうか?

    動物対策は私も平蔵さんに1票です。

    byvanilla at2019-02-18 07:43

  2. のびーさん

    私の子供の頃の昔むかしは、西荻窪も一帯に田園風景というのか、畑が拡がっていてビルはおろか住宅もまばらでしたねぇ~。駅の傍らの踏切で電車の通過を待っていると、どこからともなく肥やしの匂いが漂ってくる…というのが子供の頃の心象風景です(笑)。大東京都市圏はやっぱり人口が集中し過ぎですね。

    私も、超音波発生器に一票です。

    コンビニにモスキート音発生器をつけて若者が店の前でたむろするのを追い払うということが話題になったことがあります。つまりは、中年以上は聞こえない(笑)。

    目の話し…ということなら、CDディスクを軒先やゴミ集荷場につるしておくとカラスが寄ってこないというお話しもあります。ぜひ家庭菜園の害鳥対策の参考にして下さい。

    byベルウッド at2019-02-18 15:04

  3. 平蔵さん

    いつもながらのマッハのレス。ブログ更改のスピードといい、只者ではありませんね。
    しかも、「想像」も鋭い(汗)。

    byのびー at2019-02-18 18:01

  4. vanillaさん

    私のNY経験はマンハッタンだけなので、郊外でのゆったりした生活はあこがれでした。
    ロンドン郊外の住環境は、NY郊外の日本人駐在員の住居と概ね良く似たものだと思います。ただNYと比較すると同じサイズの住居では5割ほど割高になります。

    イギリス製のオーディオ機器は、多くが中国生産であることと消費税に相当する付加価値税が20%もあるので、想像されるほども安くはありません。
    ただ、英国生産を謳っている一部のハイエンド製品は割安に入手出来ます。

    byのびー at2019-02-18 18:03

  5. ベルウッドさん

    赤羽は東京駅から直線距離で12キロほどと、荻窪よりも近いのですね。住んだことが無いので考慮外でした。まあ、荻窪は新宿からの距離を基準にするべきかもしれません。

    デバイスの件は、誰も知らないだとうと思っていたのですが、皆さんの指摘が鋭いので、次回の日記をどう展開しようか迷ってしまいます。

    「目の話」は確かに効果が大きそうです。ただ、あんなものが庭でキラキラするのは家内に大反対されそうです(爆)。

    byのびー at2019-02-18 18:15

  6. のびーさん

    VAT20%は大きいですね。
    実は衣食住は日本が先進国でも割安なのかもしれません。
    オーディオ機器もそれほどコストメリットがないとなると、海外製含め幅広い選択肢に恵まれた日本はオーディオファイルには魅力的な国かもしれませんね!

    byvanilla at2019-02-18 19:55

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする