のびー
のびー
ロンドンに移り住んで23年目となりました。240V環境の恩恵に浴すも、やはりオーディオは日本がおもしろい。年に数回の帰国の際の物色を何よりの楽しみとしております。

マイルーム

800D3を導入しました
800D3を導入しました
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch
2018年3月、1986年から(32年間)一貫してJBLをメイン・スピーカーとしてきたオーディオ・ライフに別れを告げ、B&W党となりました。2015年のピアノ購入時にオーディオ部屋(約30畳)をピ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

良いこともあります

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月16日

ノートルダム寺院の火災は心が傷みます。
パリの中心部から近いので何度も立ち寄りました。次女が英仏交流の一環で聖歌隊の一員として唄うのを応援?に行ったりもしました。
大聖堂の本体部分と双塔が消失を免れただけでも良しとせねばならないようです。

私の方は、年度末にとくに影響される訳でもないのに、何かとバタバタしていてオーディオはなおざりになっています。
そんな中、3月末から思いがけず良いこともありました。


① 急遽、誘われたフローレスのコンサートが良かった
3月29日。家内の友人がファン・ディエゴ・フローレスの大ファンで、女性達で出かける予定が、友人の体調不良で急遽お呼びがかかりました。現代最高の超高音テナーという評判ですが、個人的には渋めのテナーが好みなので特に期待もせず出かけたところ、何と席は最前列ど真ん中。家内はフローレスの目の前。私はその左隣でコンマスの前という席。
フローレスまで直線距離で約2メートル。歌いだす前の鼻呼吸まで聴こえました。この音圧は凄かった。まさに鼓膜がビリビリするレベル。ノリにノッたアンコールではギターを取り出し「ベサメムーチョ」の弾き語り。
「連隊の娘」でハイC連発。〆は「誰も寝てはならぬ」でお腹(お耳)いっぱいで帰途につきました。翌日のコンサート評は賛否色々でしたが、そんなことはどうでも良い、素晴らしい体験でした。


② ライブのチケットを取り損ねて、シネマ・ビューで見た「運命の力」が良かった
4月2日。ネトレプコとカウフマンの共演が話題で、ダフ屋で1枚3435ポンドという値段がつき一般紙でも大騒ぎとなった超話題作。「ボーっと生きてる」私は当然、チケットをとれず近くの映画館でシネマ・ビューとなりました。カウフマンもテジエも素晴らしかったけど、何と言ってもネトレプコが凄かった。近年益々増量して目で鑑賞するには限度を超えた感はありますが、その歌唱は見た目のネガティブを文字通り「目をつぶらせる」ものがありました。


③ GRF邸で聴いたMFPCが素晴らしかった
4月6日。日本に着いた翌日、秋葉原の某店で昨今話題の700万円と更に上の1200万円のCDプレーヤーのセットを試聴した足で、GRF邸に伺いました。
耳のハードルは相当上がっていたはずですが、あっさりとクリア。送り出し機器の価格は数十分の1ですが、周辺機器とソースのレベルの高さにも助けられて、出音では互角以上の勝負。その後、大きな部屋でのCD再生。あの音を超えるのは大変そうですが、GRFさんとMFさんなら近いうちにやってくれそうです。


④ 時差ボケで、早朝散歩に出かけたら思わね出会いがあった
4月7日。時差ボケで恒例の皇居周りの早朝散歩。桜は場所にもよりますがまだまだ見ごろでした。
桔梗門手前で小さな人垣を発見。皆が桔梗門方面に移動しているので近づいてみると、!!!
両陛下をお見かけしました。朝起きは「三文の得」ならぬ「参門の徳」でした。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. のびーさん

    ノートルダム寺院の火災は本当にショッキングですね・・・今朝のニュースを見て驚きました。
    このような出来事があった中、「良いこともあります」の中に「③ GRF邸で聴いたMFPCが素晴らしかった」はとても嬉しく思いました!
    700万円と更に上の1200万円のCDプレーヤーは興味深い試聴でしたね。
    とても良い経験をさせて頂きました!お誘い頂きありがとうございました。
    その後のGRFさんのサウンドはシステムの鮮度が抜きに出て高いですね。
    GRFさんの探求心とバイタリティーは、本当に驚きであり尊敬に値します。
    和室・大きな部屋のポテンシャルを120%引き出せるトラポを目指したいと思っております。

    byMF at2019-04-16 22:44

  2. のびーさん

    フローレス、ネトレプコ ともに良かったのですね。

    フローレスのイメージは、一昔前の優男の甘い、華のある歌い方をする最近は珍しいキャラクターだと思っていました。2メートルの至近距離では大迫力なんでしょうね。

    運命の力は、やはり目をつぶって上映を「聴き」に行こうと思います。

    GRF邸のデータ再生はお邪魔する度に進化していて、びっくりです。どこまで行くことやらですね。

    byパグ太郎 at2019-04-17 08:03

  3. のびーさん こんばんは。

    こちらは政治、経済、社会、外交らを語る場ではないのでお悔やみ申し上げますとしか書けませんが、お住まいの英国や仏国の出来事はとても心配しておりました。

    それはともかく、英国オーディオは米国有名オーディオ雑誌でも高評価もいくつもで頼もしいです(もちろん一部の日本メーカーも)。

    オーディオの英国情報も楽しみにお待ちしております。

    by平蔵 at2019-04-17 22:04

  4. のびーさん、

    ノートルダム寺院の火事は私でもショックでしたので、それを心の拠り所にしている方々のご心痛はお察しします。もう再建に向けて早速動かれているようですので、近い将来その勇姿を見られことができると期待しております。

    私はGRF邸でのMFPCによるユニーコーンの音はまだ聴いておりませんので、どんなか風に進化したのか楽しみにしています。大部屋の方の今の音も素晴らしいですが、MFPCでどう更に進化するのかも楽しみですね。

    byHarubaru at2019-04-18 00:11

  5. MFさん

    700万円は設置条件が不利だったので正直なところ評価は難しいです。ただ、それでも1200万円の方は価格分の差を出していたのがさすがでした。
    何よりその直後に聴いたMFPCが同等以上の音をだしたのには正直びっくりしました。

    その後も幾つか改善されたようなので、次回の試聴が益々楽しみです。

    byのびー at2019-04-18 06:10

  6. パグ太郎さん

    はい、私のフローレス観も同様でした。彼も四十半ばで白いものも混じり始め、元々の美点を維持しつつ円熟して来たと思います。

    それにしてもGRFさんの聴きこみは凄いですね。
    私などが半年くらいかかって気付いた諸点を殆ど指摘されてしまいました。

    byのびー at2019-04-18 06:15

  7. 平蔵さん

    レスありがとうございます。
    最近のヨーロッパの大都市はロンドンも含め、かなり重症だと思います。
    今週は、環境保護運動の大規模デモで、ロンドン市内の交通網はずっとマヒしています。

    確かに英国製品は良いものが多いです。ただ、英国の流通網や販売店のレベルは今一歩です。
    英国メーカーは本当にオーディオ好きが集まっていますが、販売店は商売一辺倒です。

    日本では見かけない製品も幾つもあるので、面白そうなものを見つけたらレポートします。

    byのびー at2019-04-18 06:23

  8. Harubaruさん

    イタリア旅行中のレスありがとうございます。
    今年はまだ肌寒いですが楽しそうですね。

    MFPCはパトロン(Harubaruさん)が旅行中にも進化してますよ。

    byのびー at2019-04-18 06:26

  9. のびーさん

    火災は世界中で重篤な喪失感が広がっていますね。

    私は、すぐに法隆寺金堂の壁画と金閣寺の消失を思ってしまいました。最近、国内の城郭巡りや、ドイツの街などを訪ねたりしていて思ったことですが、ずいぶんと戦災で失われたものが多いことに唖然とします。ほとんどが英米の空爆が為したことですが、こうした文化遺産の破壊は、多くの無辜の市民の命を奪ったばかりではなく、遺された人々の心にも深い傷を負わせました。ただ、例えばドレスデンの聖母教会はまったくの瓦礫から半世紀近くかけて復元されました。「世紀のジクゾーパズル」と呼ばれるそうです。尖塔の十字架が最後の復元になりますが、それには英国空軍の遺族から多額の寄付があったそうです。

    希望は常に持っていたいですね。

    byベルウッド at2019-04-18 12:54

  10. ベルウッドさん

    ドレスデンは、大した知識を持たず訪れたのでその破壊のレベルは私も驚きました。
    正直なところ、あの無秩序な破壊は最近報道で見るイラクやシリアの状況と大差ないと感じたことを覚えています。

    ただご指摘のように、その復興に英国空軍の遺族から多額の寄付があったという事実はには勇気づけられるものがあります。

    byのびー at2019-04-19 20:54

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする