のびー
のびー
ロンドンに移り住んで23年目となりました。240V環境の恩恵に浴すも、やはりオーディオは日本がおもしろい。年に数回の帰国の際の物色を何よりの楽しみとしております。

マイルーム

800D3を導入しました
800D3を導入しました
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch
2018年3月、1986年から(32年間)一貫してJBLをメイン・スピーカーとしてきたオーディオ・ライフに別れを告げ、B&W党となりました。2015年のピアノ購入時にオーディオ部屋(約30畳)をピ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

時間が欲しい

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月09日

先日のBI1961さんの日記を読んで、半ば入手を諦めていたBenz Micro LPSのことを思い出しました。このカートリッジは、1年ほど前に相当真剣に探したものの全く見つかりませんでした。
それが、最近UKのサイトで在庫ありとの表示。ショップにコンタクトをとると今年に入って再び入荷してきたとのこと。オーディオの先輩に意見を伺うと、「見つかった時が買う時」という明快なお答えです。

という訳で私のオーディオはまたアナログの方向にシフトしました。

そうなると、これもまた一時真剣に検討したレコード・クリーニング・マシンが気になります。
両面同時に綺麗になる超音波式か、クリーニング液の効果で綺麗になるだけでなく音も良くなるという噂のバキューム式か?

私の現有機はクリアオーディオのこの機械、Smart Matrix Professional。
基本性能は十分で、8年以上使用していますが全く不満はありません。ただもっと良いものがあるなら欲しいなあ...
分別なく買い替える前に何か出来ないか?ということで考えました。

私にとってバキューム式の最大の欠点は、クリーニング時にクリーニングする面の反対側にどうしても埃が付くこと。綺麗なA面を聴いた後、埃だらけのB面を聴くこともしばしばです。
これを防ぐには、クリーニング・マシンのターンテーブル上の埃を除去する必要があります。ナガオカの吸着式クリーナーを使用したりブロワーで飛ばしてみたりと色々試しましたが、妙案を発見。

それは「マシン付属のバキュームを使用してターンテーブル表面の埃を吸い取ること」。レコードを載せず普通にバキューム・クリーニング。それだけです。ターンテーブル・シートの素材にもよると思いますが、私の機械ではバキュームで吸い取った後は埃一つありません。
ちなみに定番のHannlは、シート表面の吸着力が強過ぎて付属のバキュームでは上手く埃が取れないようです。

次の課題はクリーニング液。Hannlのクリーニング液は音も良くなるとの評判です。こちらの対応は、クリーニング液だけHannlのものを入手しました(ルール違反かも!?)。

効果のほどは、クリアオーディオの液も悪くは無いので、驚きの変化という訳ではありませんが、スクラッチ・ノイズは一段と下がります。

以前から使用していたAudio Fabのブラシをクリーニング液のブラッシング用に転用。これも効果的です。
という訳で、もう暫くSmart Matrix Professionalのお世話になろうと決めました。

最近のコミュの一番の話題は、電源ノイズ。どの手法もメリット・デメリットありそうで、一つで全てを解決、というのは難しそうですね。
私は、比較的安価で弊害が少なそうなことから始めることにしました。

TDKラムダのRSMN-2020。タカチのケースに入れることにしました。

RSMN-2020の固定用に3mmのタップを切るのと、リーマーで大きな丸穴を開けるだけの単純作業です。一応、オーディオテクニカのインシュレーターも付けました。
この週末の工作はここまで。配線は来週です。


MFさんの助言の元に構築したMFPCシステムも一応完成しました。NAAを最新バージョンにアップしてNAA用のバッテリーを交換しました。
3台のPanda、リニア電源、バッテリー、無線ルーター/子機、ハブ、キーボード・ディスプレイ切替器をプリンター用のワゴン台に押し込みました。


友人にメンテナンスを依頼していたStuder A730が出張中に戻って来ました。最新版のPCオーディオも良いですが、80年代のDACの音も捨てたものではありません。

あ、T-Audioも聴かないと...

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. のびーさん

    80年代のDACをMFPCで・・
    きっと新しい世界がまってます(笑)

    byMF at2019-06-09 23:47

  2. のびーさん

    最後に登場するスチューダですが、これがけっこうノイズ発生源だったという経験があります。欧州の電源事情だと違うのかもしれませんが、コンセントにつないだだけで他の機器に影響します。古い名器はそういうところに落とし穴があると知りました。

    byベルウッド at2019-06-10 00:48

  3. ベンツマイクロのフラッグシップと最新のMFPC、さらに噂のT-Audioとは、オーディオいいとこ取りですね笑
    ちなみにRSMN-2020はさっき某所で絶賛日記を見たばかりで気になっていたところです。のびーさん宅では果たして・・

    byにら at2019-06-10 07:13

  4. のびーさん、
    Benz Micro LP-Sの購入おめでとうございます。
    アメリカでの販売がほぼなくなっているので気になってましたがちゃんと生産しているんですね。
    私はBenz Micro Ref 3を数ヶ月聴き続けてキレの良さの中にときおり見せるシンバル等の打楽器や管楽器の響きの生々しさが気に入りましたがLP-Sはどんな音を奏でるのでしょうね。

    byBI1961 at2019-06-10 07:14

  5. のびーさん

    お早うございます。
    ビニール、データ、CD、テープの全方位で高いレベルで同時並行というのが凄いです。時間が欲しいというのは本当に、その通りでしょうね。当方なんて全くシステムの変化もないのに、未聴CDがたまって(ついでに日記ネタも)、時間が無いと騒いでいますが、情けないです。

    byパグ太郎 at2019-06-10 07:42

  6. のびーさん、

    いろいろやられていますね。
    私でも結構バタバタしていて時間が足りないと思うことが多いですので、のびーさんでしたらましてやと思いますね。

    アナログでもデジタルでもいくら極めても極め足りないと感じるところがオーディオをやっている醍醐味ですよね。お好きな音楽も聴かれてくださいね。私も人のことは言えませんが。(笑)

    byHarubaru at2019-06-10 09:45

  7. のびーさん、

    こんにちは。いろいろ楽しまれていらっしゃいますね。
    私はHannlを1年ほど前に導入しました。最廉価のMicro Xpress B Automというモデルですが、、でも最近ディスコンになってしまい、思い切って買っておいてよかったと思っています。のびーさんのBenz Micro LPSと同様、「欲しいと思ったときが買いどき」ですね。

    Hannlはローリングブラシが秀逸だと思います。一方で、ご指摘の「シート表面の吸着力」問題には少々悩まされております。唯一の欠点といっても過言ではありません。ただ、埃は気にし出したらキリがありませんので、あまり神経質にならずに音楽を楽しもうと思います。

    by柳緑花紅 at2019-06-10 20:06

  8. MFさん、

    >80年代のDACをMFPCで・・
    そんな妄想もなくはないけど...USB-AES/EBU変換やなんやらで面倒くさそうです(苦笑)。素直に最新のDACで楽しみます。

    byのびー at2019-06-10 22:56

  9. ベルウッドさん

    A730は構成が小規模なので大したことないと思うのですが、オープンリールは大きな回転系もあり注意が必要だと思います。一応、別の壁コンセントに接続しています。

    byのびー at2019-06-10 22:59

  10. にらさん

    RSMN-2020は同じものを2セット製作中です。オーディオ機器の方に付けるのが効果的か、それともノイズ発生源の方なのか?

    また試聴レポート書きます。

    byのびー at2019-06-10 23:44

  11. BI1961さん

    あの日記が無かったらこの機会を失うところでした。(散財しましたが)ありがとうございます。

    まだ40時間のバーンインが済んでいないので音質コメントは控えますが、既に良い感じです。

    それにしても針カバーの無いカートリッジをSeries Vに取り付けるのは神経を使います。

    byのびー at2019-06-10 23:47

  12. パグ太郎さん

    >ビニール、データ、CD、テープの全方位で高いレベルで同時並行というのが凄いです。

    いえいえ。私には、パグ太郎さんがどうしてあれだけのコンサート通いや新譜試聴が出来るのか、どこにそんな時間があるのか不思議です。

    芥川也寸志は「モーツァルトは、僕が楽譜を読むより速く書いた」と言ったらしいですが、パグ太郎さんは私がレスを書く前に次の日記を書いていました。

    byのびー at2019-06-10 23:53

  13. Harubaruさん

    ちょっとご無沙汰です。

    オーディオ機器を弄っている時も、他の機器から音楽を流しているので全く聞かないという訳ではありません。
    でも気が付くと、「ながら聞き」か「試聴」かで、じっくりと音楽を楽しむという時間があまりありません。

    そういう意味でも時間が欲しいです。

    byのびー at2019-06-11 02:20

  14. 柳緑花紅さん

    Hannl良いですね。

    今回、じっくりと試用する機会がありました。ローリングブラシは素晴らしいです。少しでも近付けようと思ってAudio Fabのブラシを使ってます。

    センター・スタビライザーをネジ留めせずよくレコードがスリップしないなあと思っていたのですが、ターンテーブル・シートが吸い付くようにホールドすることで納得しました。
    ただ、シートの吸着力があまりにも強いのでバキュームによる埃の吸い取りは上手くいかないですね。

    その点さえ気にならなければ、動作音も静かで最高のクリーナーだと思いました。

    byのびー at2019-06-11 02:23

  15. のびーさん

    色々と手を緩めないですね。
    私はもチョコチョコ変更して楽しんでおります。

    音質を追及するとキリがないですよね。
    何をしても音が変化しますから・・

    今後も楽しいインプレ待っています。

    byにゃんす at2019-06-11 04:45

  16. のびーさん

    ご無沙汰しております。

    アナログへの注力を再開されたとの事で、今後どのように発展するか楽しみです。

    今月末29,30日は東京国際フォーラムでOTOTENが開催されます。
    のびーさんはそのタイミングでは日本におられないと思いますが、29日夕方はHaarubaruさんと合流する予定で楽しみにしております。
    のびーさんが一時帰国される時で、タイミングがあったときには、またいろいろお話を聞かせてくださいね。

    by中年組の高倉健 at2019-06-11 14:41

  17. にゃんすさん

    >色々と手を緩めないですね。

    はい、お恥ずかしながら。本当は、どっしりと構えて音楽を楽しみたいのですが、性分ですね。
    にゃんすさんもあまり魔界(磁界)に吸い寄せられないように。フフフ。

    byのびー at2019-06-11 21:16

  18. 中年組の高倉健さん

    こちらこそご無沙汰しております。

    アナログはずっと休みなくやってるのですが、重心がファイル再生に行ったりテープに行ったりちょくちょく変動しております。

    >今月末29,30日は東京国際フォーラムでOTOTENが開催されます

    さすがに今月末は居ません。今週は雨模様で寒いくらいですが、この時期はロンドンも快適なので暑い日本から逃避しています。

    遅くとも8月には参りますからまたその頃に宜しくお願いします。

    byのびー at2019-06-11 21:18

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする