のびー
のびー
ロンドンに移り住んで24年目となりました。240V環境の恩恵に浴すも、やはりオーディオは日本がおもしろい。年に数回の帰国の際の物色を何よりの楽しみとしております。

マイルーム

800D3を導入しました
800D3を導入しました
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch
2018年3月、1986年から(32年間)一貫してJBLをメイン・スピーカーとしてきたオーディオ・ライフに別れを告げ、B&W党となりました。2015年のピアノ購入時にオーディオ部屋(約30畳)をピ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

ひたすらWindows(その1)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月04日

巷で流行?している「たまには」シリーズに対抗してみました。

私は2006年ごろからPCで音楽を聴き始めて、これまで色々なDACを購入してきました。
一時はLINNのKilimax DSやスフォルツァートのDSP-03などのネットワークプレーヤーが主流になったこともありましたが、2015年にRoonを導入してからは再びPCオーディオが主たる再生環境です。

手元にあるDACは何と11台(大半は10万円以下のものです)。オーディオルームに2台、Roonのアウトプットに6台、今は使用していないものが3台あります。
それにもかかわらず、もう1台購入してしまいました。

今回の購入機種はこれ。スフォルツァートのDSP-Vela特別仕様(以下DSP-Vela BK)。
同社の先代フラッグシップ機DSP-01は、その音質と物量に魅せられたもののPCオーディオに回帰していたタイミングで購入に至りませんでした。その後、ネットワークプレーヤーは完全に興味の対象外となってしまいましたが、昨年、同社が同社製ネットワークプレーヤーをLAN-DACとして使用できるDirettaを採用したことで、再び関心を持ちます。Direttaについてはこちらをご覧下さい。
https://www.phileweb.com/review/article/201807/27/3124.html

最近、同社が限定品として作成したDSP-01の黒色アルミ切削筐体にDSP-Velaの回路基板を組み込んだ特別仕様機を販売しているのを偶然見つけました。
DSP-VelaとDirettaの組み合わせは、昨年同社のデモ・ルームに伺い実際に音質を確認していましたし、黒色アルミ切削筐体の最後の1台ということですから、居ても立っても居られず購入した次第です。

電気的な中身はDSP-Velaながら、重量級の筐体により本体部が13Kg、電源部は23Kgあります。

ネットワークプレーヤーとしての標準的使用法には目もくれず、私が使うのはDirettaモード。

現在、リスニングルームにはRoonとHQPlayerを核としたMFPC群とJPLAYfemtoデュアル構成の2系統のPCオーディオシステムがあります。全てWindowsベースです。

DirettaはASIOドライバーとして動作しますから、DSP-Vela BKはASIOと相性の良いMFPCと組み合わせることとしました。最新のMFPCはPC4台構成が標準。3台のLattePandaと1台のDeskMiniの布陣です。(プリンターワゴンにキーボード台を利用して棚を1段追加して、4台のPC、リニア電源、バッテリー、ルーター、ハブ、HDMI/USB切替器を押し込みました。各段に強化ガラス製のまな板を置きその上に機器を並べています。)

DACと接続するNAAにはEMMとChordのドライバーを入れています。まずはここにDirettaドライバーも入れます。DirettaではNAAとDSP-Vela BKを直結することも可能ですが、Latte PandaはLAN端子が1個しか無いのでハブ経由となります。
最初から静寂感のあるまずまずの美音ですが、USB接続のEMMやChordと比較するとダイレクト感が後退します。

次にUSB-LANアダプターを使用してNAAのLAN端子を2個確保してNAAとDSP-Vela BKを直結します。こちらの方が好みの音です。ただ、EMMやChordのDACを聴きたい時は再結線が大変です。
MFさんにそのことを伝えると、「Diretta経由のDSP-Vela BKはNAAを内蔵しているようなものだから、NAAを使用せずHQP+RoonのPCと直結しても良いのでは」とのご意見。我が意を得たりという気持ちでその結線に変更。これは素晴らしい。静寂の中にも十分な力強さを感じます。EMMとは個性は異なりますが、十分に伍せるクオリティです。

具体的な接続方法を以下に簡単に纏めました。
「EMMおよびChordを使用する場合(PC4台)」
DAC
↓USB
[NAA] →Hub
[HQP+Roon Server] → Hub(無線)
[Roon Control] → Hub
[Roon Control Buffer] → Hub

「DSP-Vela BKを使用する場合(PC3台)」
DSP-Vela BK
↓Diretta
[HQP+Roon Server] → Hub(無線)
[Roon Control] → Hub
[Roon Control Buffer] → Hub

もう1系統のJPLAYfemtoのシステムについては次回に記します。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. のびーさん、貴重なレポートありがとうございます!

    「ひたすら」バージョン来ましたね(笑)
    無事にBufferPCと最新バージョンが機能して一安心です。

    HQP+RoonのPCと直結は、現状考えられる最良な構成かと思いましたが条件が限定的ですよね・・・。

    JPLAYfemtoデュアルとは忖度なしに比較をお願いします(笑)

    超低電圧低プロセスIPV6ネットワークVS低遅延カーネルストリーミングUSB出力DLNAIPV4ネットワークですね!

    細かい事を突っ込まれそうですが、大体は的は得ていると思います(笑)

    byMF at2019-08-04 23:57

  2. 私dst-01を使っておりますが、dirrettaに対応したファームウェアがある…ようなのですがフォームウェア更新が出来ません…!

    これpcにダウンロードしてlanに繋げないとアップデート出来ないものなのですか?
    うーん

    あと新作の電源と本体を繋ぐDCケーブル買いました
    凄く…いいですね

    byグルマン at2019-08-05 13:13

  3. MFさん

    JPLAYfemtoとの比較は後日お応えするとして、sfzがJPLAYに良い状態(KSモード)で接続できないことからUSB-DAC(EMMやChord)を接続した場合の比較になります。

    sfzを使用する環境としては、現時点で最高に近い環境に出来たと自己満足しています。

    byのびー at2019-08-05 19:46

  4. グルマンさん

    ファームウエアのアップデートは、インターネットに接続している環境でフロントパネルの設定からUpdateを実施すれば出来るはずです。

    ただ、Diretta関連はもう少し進んだバージョンのファームウエアがあります。私は小俣社長に連絡して最新版のリンクを頂戴しました。その場合はPCにダウンロードしてSforzato Connectでアップデートします。小俣さん、これは書いて良いと思うので書いちゃいました。大丈夫かな?

    あのDCケーブル良いですか?もう少し聴きこんでから検討しようと思っていたのに...悩むなあ...

    byのびー at2019-08-05 20:56

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする