のびー
のびー
ロンドンに移り住んで24年目となりました。240V環境の恩恵に浴すも、やはりオーディオは日本がおもしろい。年に数回の帰国の際の物色を何よりの楽しみとしております。

マイルーム

800D3を導入しました
800D3を導入しました
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch
2018年3月、1986年から(32年間)一貫してJBLをメイン・スピーカーとしてきたオーディオ・ライフに別れを告げ、B&W党となりました。2015年のピアノ購入時にオーディオ部屋(約30畳)をピ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

アナログ礼賛(その2)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月26日

年初から凝っているアナログ再生レポート第2弾です。
アナログ再生では、アクセサリーを色々試すのも楽しみです。

私は、TechDas Airforce One、EMT 930ST、Nottingham Analogue Hyper Spaceの3台のレコード・プレーヤーを所有しています。そのうち最も使用頻度が高いのがAirforce Oneで、紹介するアクセサリーは主にAirforce Oneで使用しています。


まず、CSポートの除電・消磁器 IME1。以前から様々な除電グッズを試しましたが、この効果はダントツです。これで静電気とは完全におさらばできました。


その次のお気に入りがARMMATEのオートアームリフター IQ1000A。調整はそれなりに面倒ですが、きちんと出来れば再生中に寝入っても大丈夫。メインアームのSeries V、サブアームの312Rの両方に装着しています。930STは天板の形状の関係で設置できません。またピュア・ストレート・アームでは機能しません。Hyper Spaceに付けているViv LaboratoryのRigid Floatで試しましたが、スペック通りインサイド・フォースが全く無くダメでした。


常用クリーナー(一部)です。随分と無駄な投資もしましたが、これらは継続的に使ってます。特におススメはフィデリックスのSaSuPa。白色部分が非常に使いやすいです。あと、オーディオ・テクニカの乾式/湿式クリーナーAT6018a。
この製品は20年以上使用しています。


電子式墨出し器。Bosch PCL 20という機種を使用しています。写真は分かりずらいですが、スピーカーの設置用に購入しました。アームの水平チェックにも便利です。


私が使用しているバキューム式レコードクリーナーはClearAudioのSmart Matrix Professional。もう10年以上使用しています。もっと高価で多機能な製品に時々目移りすることもありますが...

この機種で特に気に入っているのが、ターンテーブル・マットの表面加工。バキューム式はクリーナーのターンテーブルの埃をきちんと取っておかないと、清掃中に反対側の面に埃が付いてしまいます。このターンテーブル・マットは強力なバキュームでもレコードがずれないにもかかわらず、埃が付きにくい優れものです。定期的にレコード無しでマット表面をバキュームで吸引することでいつも綺麗です。クリーナー自身をクリーナーで掃除出来ます(笑)。

純正のクリーニング液も良いのですが、私は評価の高いHannlのクリーニング液をオーディオファブのレコード用ブラシと一緒に使っています。


アクセサリーではありませんが、EMT用のダスト・カバーはアクリ屋ドットコムでアクリル板をカットしてもらって自分で組み立てたものです。これも10年以上使っています。

Hyper Space用のダストカバーは、Michell EngineeringのUnicoverという製品で日本円で8000円程のものです。ターンテーブル面とトーンアームだけをカバーする簡単なものですが、コンパクトで外した時の置き場に困らず大変気に入ってます。日本では売ってないかもしれません。

アナログは小物を探したり使いこなしを考えたりするのも楽しいです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. のびーさん、はじめまして、「アナログ礼賛 その1、2」 愉しませて頂いてます。

    いくつか持っているものもあるのでコメントさせて下さい。

    CSポートの除電器 大変効果があるようですね、私も検討したんですが、置き場の問題や値段の関係でサンダーロンというブラシにしてしまいました。

    アームメイトは、Fidelixのピュアストレートアームで使っています。
    軽針圧では最後スッ飛ばされますが、1.7g以上あれば作動しました。
    アームとの相性にもよるかもしれませんが。

    サスパは便利で使いやすいですが、粘着の所に埃がイッパイくっついて汚らしくなり困っています。

    ミッチェルのダストカバー斬新ですね、そーいやー、そこだけカバー出来てれば良いんだから本質見抜いているようで気持ち良い製品だと感心しました。

    身のない感想で失礼しました。

    byTON2 at2020-01-26 11:08

  2. のびーさん、こんばんは。

    ブラシ、欲しかったんですよ。
    手動歯ブラシ、疲れるので、システマ電動歯ブラシ新調したのですが、
    やはり、面積が小さいので、疲れるのは、五十歩百歩。(涙

    ご紹介のブラシ、洗浄用途で問題ありませんか?
    柔らかそうなのが気がかりですが。

    それと、SaSuPaも気になります。

    byいたちょう at2020-01-26 21:18

  3. TON2さん

    レスありがとうございます。

    アームメイトはフィデリックスでは作動しましたか?レコード最内周の無音部分は大抵、内向き方向に溝が切っているので、オフセット角由来のインサイド・フォースが無くても溝をトラックするだけで内向きに力がかかります。それで作動したのかもしれませんね。

    Rigid Floatは明確な支点が無くオイルに浮かんでいるので、内向きの力が上手く働かないのかもしれません。

    サスパはフィデリックスの指示に従って、普段は裏返して置いています。それで埃は殆ど付かないと思うのですが... 粘着部分は効果が大きいのですが、一歩間違うとスタイラスを傷つけそうなので怖くてあまり使っていません。代わりにDS AudioのST-50 スタイラスクリーナーを使っています。

    byのびー at2020-01-27 01:38

  4. いたちょうさん

    ご指摘の通り、このブラシは洗浄用途として使用するものでは無いと思います。私もずっと乾燥した環境で使ってました。

    洗浄用としたのは、ハンルのクリーナーを実際に見てクリーニング効果が大きいので、あの洗浄液とローリング・ブラシを真似ようと思ったことがきっかけです。

    洗浄用として使い始めて1年ほどですが今のところ特に劣化や問題は発生していません。ただ、時々毛が抜けるのでバキューム・クリーナーと併用する方が良いと思います。

    byのびー at2020-01-27 01:51

  5. のびーさん こんばんは

    電子式墨出し器を アームの水平の墨出しに使うとは さすがですね。

    超音波洗浄機でも 効果が得られないものは 別の マシンで ブラシは 極細の歯磨きブラシを 切断と角材に接着 3連結で使ってます。
    これも なかなかですよ。

    byX1おやじ at2020-01-27 23:26

  6. X1おやじさん、こんばんは。

    電子式墨出し器はReedのアームのレーザーガイドを見ていて思いつきました。結構便利です。

    しつこい汚れにはやっぱり歯磨きブラシですか!私も試してみます。

    byのびー at2020-01-28 23:40

  7. のびーさん、こんばんは。(もしかしてはじめまして?)

    墨出し機のアイデア全く思い付きませんでした、目から鱗です。
    今度やってみます。

    しかしReedのアームも知っているのに…
    自分の硬い頭が残念過ぎる( ̄▽ ̄;)

    bykanata at2020-01-29 21:12

  8. Kanataさん、こんばんは。初めてかな?

    いつも噂は伺ってます(笑)。

    アナログ関連の小道具は、メーカーもユーザーも頭の体操みたいですよね。

    byのびー at2020-01-29 21:47

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする