のびー
のびー
ロンドンに移り住んで25年目となりました。240V環境の恩恵に浴すも、やはりオーディオは日本がおもしろい。年に数回の帰国の際の物色を何よりの楽しみとしております。

マイルーム

800D3を導入しました
800D3を導入しました
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch
2018年3月、1986年から(32年間)一貫してJBLをメイン・スピーカーとしてきたオーディオ・ライフに別れを告げ、B&W党となりました。2015年のピアノ購入時にオーディオ部屋(約30畳)をピ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

アナログ再調整(再挑戦) その3

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月31日

前回までで、アナログ・プレーヤーの調整ツールであるAcoustical Systems のSMARTractorを用いて3012Rを推奨のUNI-DINカーブに合わせて好結果を得たと記しました。

一方で、ヘッドシェル固定式のSME Series V(以下SME V)は、自由度が低くUNI-DINカーブに上手く合わせられません。色々トライしても上手くいかず、Acoustical SystemsのDietrich D. Brakemeier氏に解決策を伺いました。

以下は、氏とのやりとりの要約です。

のびー: SME VをUNI-DINカーブに合わせるのに苦労している。アームの取り付け位置を移動することでスタイラスがUNI-DINカーブ上に乗ったが、オフセット・アングルがずれて結果が好ましくない。解決策をご教示されたし。

Dietrich: UNI-DINが要求するオフセット・アングルは、SME Vの設計カーブ(Loefgren A/IEC)に基づくものとは相当異なる。ケースバイケースだが、ヘッドシェルのカートリッジ取付穴の「遊び」を最大限活かしてもUNI-DIN基準のオフセット・アングルを得られない場合が多い。
これは、カートリッジ取付穴を拡大して、オフセット・アングルの自由度を上げることで解決できる。具体的には、現在の2.8mm径の穴を電動ハンド・ドリルで3.2mm径まで拡大すれば良い。この方法は、1980年台にSME Vが登場して以来、欧州のSME Vオーナーの多くが実践していて、アームの稼動機構にも悪影響はない。

のびー: なるほど。ただし、SME Vのヘッドシェル部分はマグネシウム合金で、DIY加工による変性のリスクは大丈夫か?

Dietrich: 私自身、マグネシウム合金でトーンアームを製作しているのでその問題は熟知している。SME Vの素材は初期のAMS 4377系のマグネシウム合金で、この程度の加工では素材の変性リスクはない。

以上がやり取りの要約ですが、非常に丁寧にしかもすぐにメール回答が得られ大変好印象でした。ただ「2分で出来るよ」ということですが、おっかなくてまだ実行していません。

ということで、3012RはUNI-DINに変更しましたが、SME VはオリジナルのLoefgren A/IECのままで聴いております。もう少し考えてから「改造」するか決めようと思っております。


続いて、もう一つのツール「AnalogMagik software & Test LPs」を試します。

この製品の機能は、Philewebでも紹介されています。
https://www.phileweb.com/news/audio/201808/21/20092.html

以下、Philewebから
++++++++++++++++++++
Windows用のアナログ・セッティングツール・ソフトウェア「AnalogMagik」は、PCを使用してターンテーブル・トーンアーム・カートリッジ・フォノイコライザーなど、アナログオーディオのセッティング全てにおける細かな状態の測定を統合的に行い、最適な設置を可能にするというもの。測定項目は以下のとおり。

1:ターンテーブルの回転速度
2:ターンテーブルのワウ・フラッター値
3:カートリッジのアジマス(左右傾きバランス)
4:カートリッジの VTA(Vertical Tracking Angle=垂直トラッキング角)
5:カートリッジの VTF(Vertical Tracking Force=トラッキング力・針圧)
6:トーンアームのアンチスケーティング力
7:フォノイコライザーのインピーダンス設定
8:フォノイコライザーのゲイン設定
9:システム全体の振動値
10:システム全体の共振値
--- 省略---
自身で用意が必要なものは、レコードプレーヤーなどの再生機器/USBポートを2基以上搭載したWindows PC(MacやLinux、タブレットPCなどでは使用不可)/フォノイコライザー/PCとUSB接続が可能でアナログオーディオ入力を備えたA/D機能付きオーディオ・インターフェイス(サウンドカード)/各接続ケーブル。
++++++++++++++++++++

PCはRoon Server用PCの別パーティションを、A/Dコンバーターは手持ちのRME ADI-2 Pro Anniversary Editionを用いました。

設定・測定・調整の内容は次回に。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. のびーさん

    なるほど、オーバーハングではなくオフセットのほうを調整する、ネジの遊びを使うけれどそのためにはネジ穴を広げる…ということで、私の推測も当たらずとも遠からずということですね。

    テストLPのことですが…

    PCも使うと相当なことができるのですね。私のようなアナログ世代の感覚からするとびっくりです。3~5などは、そんなことどうやってわかるの??という感じ。7もよくわかりません。

    9と10の違いがよくわかりません。何なんでしょうか?

    続きが楽しみです。

    byベルウッド at2020-05-31 10:33

  2. のびー さん、今日は、これ面白そうですねぇ。
    アナログの調整が視覚的にキチント見えるのは、有効かと!

    それに、ベルウッドさんが仰るように、3,4,5、7については、どのように計測し視覚化しているの?
    特に、3のアジマス調整に至っては、そんな事必要あるの?、と思うぐらい、です。
    大昔のシェルやアームなら必要かと、現代販売しているものに必要なのと!

    次回のレポートと楽しみにしています。

    BBより(=^・^

    byブルースブラザース at2020-05-31 14:26

  3. のびーさん、初めまして。

    SME Vのネジ穴を広げちゃう人もいるんですねー(^^;
    0.4mm程度ならネジをM2にすれば修正できそうですけど。


    「AnalogMagik」はmiyaさんが導入してましたね。
    http://community.phileweb.com/mypage/entry/4919/20181025/60686/
    アンチスケーティングの量が標準より少なくてよいとの結果だったようです。

    ここは取り付けネジのトルクも数値化していてワッシャーもテフロンが良いとのことでパクってます(笑)

    byVOTTA7 at2020-05-31 15:11

  4. のびー さん、

    こんにちは。

    AnalogMagikを入手されたのですね。
    すごいです。

    大変面倒なことをお願いして申し訳ないのですが、もし可能でしたらお願いしたいことがあるのですが…

    のびーさんはいろいろなカートリッジをお持ちでしょうからたぶんその中には丸針、楕円針、ラインコンタクト針もあるのではないかと思います。

    知りたいのはその針の違いによるアンチスケーティングの適正値についてのことです。
    トーンアームでは針圧に応じてアンチスケーティングの値を設定するようになっていますが、その設定値と実際にAnalogMagikで測定したときの最適値には違いがあると思います。
    それが針先の形状とどのような関係があるかを知りたいのです。

    これは前に私が書いた日記で取り上げたのですが…

    http://community.phileweb.com/mypage/entry/3806/20190905/63384/

    同じ針圧条件の時に働くインサイドフォースは

    楕円針 > 丸針 > ラインコンタクト針 > マイクロリッジ針
    (某HPの記述による)

    なのか、あるいは

    楕円針 = シバタ針(ラインコンタクト針)> 丸針
    (ビクター QL-Y55Fの取説に基づく解釈)

    のどちらが正しいのかすごく気になっています。
    ラインコンタクト針についてのインサイドフォース値の考え方が全く逆だからです。

    のびー さんの測定でこの議論についての決着が着くことを期待しています。

    byK&K at2020-05-31 15:19

  5. ベルウッドさん、BBさん

    レスありがとうございます。

    テストLPに関しては、レスで回答するには内容も分量も無理があるので、次回の日記で記します。

    byのびー at2020-06-01 07:12

  6. VOTTA7さん、こんにちは。

    Benz LPS は本体に切ってあるネジ穴で固定するので、残念ながら所定のM2.6(多分)以外は使用できません。

    Miyaさんの記事のご紹介ありがとうございます。誰か記事にしていたな?と記憶にありましたが思い出せなかったので参考になりました。ただ、私のケースとは結果が異なります...

    byのびー at2020-06-01 07:14

  7. K&Kさん

    スタイラスの形状とアンチスケーティングに関するK&Kさんの日記は、書かれた時にも興味深く拝読しました。

    AnalogMagikによるアンチスケーティングの最適値がスタイラス形状の違いを反映するか?という点に関しては少なくとも私の環境ではかなり疑問です。

    次回以降の日記に書こうと思っていますが、アンチスケーティングの最適値は針圧、アームの高さ、アジマスと密接に関係していて、その内の一つでも異なれば最適値も変化します。

    全く同じカートリッジの丸針、楕円針、シバタ針を揃えて9インチ・アームで2g以上の針圧をかけて測定すれば明確な答えが出るかもしれませんが、そうでなければ他の条件の影響が大きすぎて、AnalogMagikでは思ったような答えにならないと思います。

    とは言え、私自身も興味があるので、サブ・プレーヤーのFR64Sで試してみるつもりです。

    ところで、K&Kさんの疑問に関して私なりに調べました。
    幾つもの資料の内容から推察するに、スタイラスとレコード盤の接触面積からは

    楕円針 > 丸針 > ラインコンタクト針 > マイクロリッジ針

    が正しい答えだと思います。
    http://brujic.gradjevinans.net/HiFi/ve_skating_force_and_antiskating.pdf
    http://www.hifi-archiv.info/Dual/skateometer/skateometer_05.jpg

    ただし、QL-Y55Fのシバタ針がCD4のことだとすると、答えは違ってきます。

    CD4について詳しくはありませんが、CD4では楕円針以上のアンチスケートを要求していたようです。あちこちに記述があるもののよく纏まった資料が見つからなかったのですが、Dual社の1249レコードプレーヤーに搭載されているアンチスケーティング機構を見れば一目瞭然です。当時CD4スケールとして広く知られたものらしく、そこでは、

    CD4 > 楕円針 > 丸針 

    となっています。

    byのびー at2020-06-01 08:18

  8. のびー さん、

    大変丁寧なご回答をいただきまして感謝しています。
    また、貴重な情報ありがとうございます。

    やはり針とグルーヴとの接触面積がインサイドフォースに関係するパラメーターであることは間違いないようですね。

    CD4が大きなアンチスケーティング値を要求するというのは知りませんでした。
    CD4は15KHz以上の高音域を利用してFM変調された2chのサラウンドトラック信号(フロントとの差信号)を埋め込んでいるものだと聞いた記憶があります。

    このサラウンド信号のDISCへの書き込みはグルーヴの外側(Rch側)のみに行われていたとか何かRch側が特に重要だった理由があってアンチスケーティングを強く効かせて針を外側に押し付けるようにした方が良いということなのでしょうか?
    CD4でググってみましたが有効な情報を得ることができませんでした。
    QL-Y55Fはビクター製なのでCD4を考慮した記述になっていることは十分考えられます。
    QL-Y55Fの発売時期にはすでにCD4は滅んでいたような気がしますが…(笑)

    通常のステレオLPの再生であればシバタ針でも丸針より小さなアンチスケーティング量でいいのかもしれませんね。

    FR64Sでの結果に期待しております。
    そこまでしていただけることに感謝しています。

    よろしくお願いいたします。

    byK&K at2020-06-01 16:13

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする