のびー
のびー
ロンドンに移り住んで25年目となりました。240V環境の恩恵に浴すも、やはりオーディオは日本がおもしろい。年に数回の帰国の際の物色を何よりの楽しみとしております。

マイルーム

800D3を導入しました
800D3を導入しました
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch
2018年3月、1986年から(32年間)一貫してJBLをメイン・スピーカーとしてきたオーディオ・ライフに別れを告げ、B&W党となりました。2015年のピアノ購入時にオーディオ部屋(約30畳)をピ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

アナログ再調整(再挑戦) その5

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月09日

前回の日記では、「AnalogMagik software & Test LPs」の主に技術面の概要を説明しました。今回は、実際にソフトウエアを使用した調整について記します。例の如く長文失礼致します。

調整の対象は、メインに使用しているシステムで、TechDas Airforce One、SME Series V、Benz Micro LPSを組み合わせたもの。測定・調整の前に再度、Acoustical SystemsのSMARTractor、SMARTstylus、AnalogMagikのTorque Driverで目視での設置を詰めます。

SMARTractorでカートリッジの向きを正確に設計カーブ(Loefgren A/IEC)に合わせます。

SMARTstylusでカートリッジアジマスを目視で合わせ、Torque Driverで2つの取り付けネジを0.65 inch lbsのトルクで均等に締めます。


フォノイコライザーは、スペックに優れたアキュフェーズのC37を使用します。
各種の設定は今まで聴いていた状態、即ち針圧(VTF)が1.9g(推奨1.8-2.0g)、アンチスケーティングは1.5、負荷インピーダンスは1K ohm、イコライザーのゲインはHighに設定しました。

測定項目は以下の通りですが、実際の測定はTest LPに記録された順番に実行しました。
1:ターンテーブルの回転速度
2:ターンテーブルのワウ・フラッター値
3:カートリッジのアジマス(左右傾きバランス)
4:カートリッジの VTA(Vertical Tracking Angle=垂直トラッキング角)
5:カートリッジの VTF(Vertical Tracking Force=トラッキング力・針圧)
6:トーンアームのアンチスケーティング力
7:フォノイコライザーのインピーダンス設定
8:フォノイコライザーのゲイン設定
9:システム全体の振動値
10:システム全体の共振値

多くの項目、特に3、4、5、6は相互に密接に関連しています。従って、一つの項目の測定値が不満でも一通り全て測定してから調整に入ります。最初の測定の結果、不満があったのは2(ワウ・フラッター)、3(アジマス)4(VTA)の3つ。

ワウ・フラッターは、メーカーの公称値の0.03%に対し測定値は0.07%。AnalogMagikが言う「Good number」が0.3%ですから十分に良い数字ですが改善の余地が有りそうです。ベルトのテンションを強めたり緩めたりして何度も測定しましたが、結局0.07%より改善しませんでした。この測定法の限界かも知れません。ただ、調整過程で当初設定していたテンションを緩めたところ、聴感上、低域の安定感が増した印象で、現在は以前より緩めた設定としています。


アジマスは、左右独立にクロストークを測定して調整します。Benz LPSのメーカー公称値は1KHzで35dB。AnalogMagikの「Good number」は30dB以上で左右の偏差が0.5dB未満、「Average number」は25dB以上で偏差が2dB未満。対して実測値は左右共に約27dB、左右の偏差は0.1dB程度です。アジマス調整はクロストークの絶対値よりも左右偏差を小さくすることが主眼なので、その点では「合格」ですが不満が残ります。シェル一体型のSME Vはアームでのアジマス調整の余地はほとんどありません。従って、これは他の項目の調整による改善に期待します。


VTAの調整は、主にアーム・ベースの高さ調整で行います。この調整に本当に手間取りました。
この項目の「Good number」はIMD2%未満で左右偏差が0.3%未満、「Average number」は3-5%となっています。対して実測値は左5.5%、右5.9%で「Average number」の水準にも達していません。他の項目対比大いに見劣ります。

アームのベース部分を上げてシェル側が相対的に低くなる(頭下がり)ように調整すると理由は分かりませんが右側数値が改善する一方で左側数値が改悪し偏差が大きくなります。一方でベースを下げてシェル側が相対的に高くなる(頭上がり)ように調整すると左右の偏差が小さくなります。目視での水平ポイントから上下にそれぞれ2mm程度の間を何度も上げ下げして調整したベストの数字が左4.84、右4.83。偏差は極小ですがIMD値は「Average number」の許容ギリギリ。私のシステムではこれ以上の改善は難しいです。

目視では調整後も(調整前も)水平に見えます。「目視」と書いていますが、SMARTstylusとSME V付属のゲージの両方でアーム・パイプの根本部分と先端部分のレコード盤面からの距離を測定し、超小型の丸型気泡管で再確認しています。

先述の通り、3(アジマス)、4( VTA)、5(VTF)、6(アンチスケーティング)は密接に関係しているので、VTAの調整中にこれらの項目も都度測定し、ある部分の改善が他の改悪となっていないかを確認しました。なるほど、調整には4-5時間を要するということの意味がよく分かりました。

一通りの調整後に再測定したのが以下の表です。

肝心の音は、明らかに良くなりました。特に「音」に効いたと思われる項目は、ベルトのテンション調整、アームの高さ、アンチスケーティングです。測定前に実施したカートリッジとシェルの取り付け調整も効果があったと思います。

確認に主に用いたのはこちら。ヘビーローテーション盤で、デジタル・ファイルも手許にあり頼りになります。


調整後に感じたことは「安定感」です。定位がビシッと定まること、響きが右や左に不必要に広がらないこと、音場が安定し音像が明確になること等です。

このような変化は一つの項目を調整しただけでは中々分かりづらく、「良くも悪くもアナログはあいまいだ」とつい最近まで思っておりました。先の週末に合計8時間程度かけて調整し、全体が改善すると違いが相当はっきり分かることにあらためて驚いています。

さて、前回まで話題にしていたアンチスケーティングに関しては、申し上げたい点が沢山あるので次回に報告します。

続く...

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. のびーさんお疲れ様です、すごいですね。
    まるでF1チームがデータと格闘しているような趣きです・・

    >シェル側が相対的に低くなる(頭下がり)ように調整すると理由は分かりませんが右側数値が改善する一方で左側数値が改悪し偏差が大きくなります。一方でベースを下げてシェル側が相対的に高くなる(頭上がり)ように調整すると左右の偏差が小さくなります

    なるほど。自分はアームの角度でいつも悩んでいるので参考になります。
    頭下がりだと「勢いづいてハンドルがブレる」光景を思わずイメージしてしまいました。

    アンチスケーティングも悩ましい箇所ですから次回も気になります。

    byにら at2020-06-09 08:01

  2. のびーさん 大変 お疲れさまでした。その忍耐力と 持久力には完敗であります。そして乾杯!!

    回転速度と精度?の関係も面白いですね。 しかし ベルトドライブならではの テンションは 新たな気づきだったのでしょうか??  拙宅は 伸びきったパンツの ゴム紐の如く(歳がバレル??)  ,新品も用意してあるのですが 未だに 替える気は 起きません?

    VTA は 音のバランスの 調整に 使っておりました。それも 追い込むこと異次元に 連れて 行ってもらえるのでしょうね。
    アンチスケーティングは ほとんど かけていません。(店の推奨??) さて, その 検証 結果は 楽しみにしております。 怠け者の X1オヤジ

    byX1おやじ at2020-06-09 20:29

  3. にらさん

    こんにちは。はい、疲れました。

    調整項目によっては結構弄っても測定値が大きく変わらないものもありますが、VTAは少し動かしただけで数値が大きく変わります。
    再現性も高く何度やっても同じ傾向の数字なので信頼性は高いと思います。

    頭上りは、トレース能力に明らかに影響して内周部で聴いてすぐ分かります。一方で頭下がりはあまりトレースが悪化しないと思っていたので、ズレるなら頭下がり方向にずれるように調整していました。今回測定してみて、あるポイントを超えると左側数字が急速に悪化することに驚き、アームの高さ調整の大切さを再認識しました。

    byのびー at2020-06-09 22:14

  4. X1おやじさん

    怠け者?いえいえ、あれだけの重量級の機材を設置するのは大変です。そもそも怠け者はタワシ・アースとか作りませんよ。

    さすがにベルトのテンションのことは知っていました(笑)。Airforce Oneのベルトは全く収縮性が無いうえにモーターユニットの設置ガイドもついているのであまり調整の余地が無く、自分の常識の範囲内(そこがクセモノ)で緩めに調整していました。
    販売店からもベルトは緩い方が良いと聞いていましたし...

    今回測定してみると、ベルトを相当緩めでも(多少正常回転に達する時間が長くなるようですが)回転性能に影響が無く、しかも音の余裕が一段増しになることに気付きました。

    私もVTAは音のバランス調整の一つの手段と考えていました。にらさんへのレスに書いた通りVTAが少しでも崩れると副作用が非常に大きいです。実際、これと比べるとアンチスケーティングとか少しくらいズレても大丈夫そうです。どう聴こえるかはまた別ですが...

    byのびー at2020-06-09 22:48

  5. のびーさん、

    こんにちは。

    0,1570/0,1588%はTHDの値ですよね。
    素晴らしい数値のように見えます。
    左右でほとんど変わらないのが完全に調整された証ですね。

    ワウ・フラッター0.07%というのはベルトドライブとしては優秀な値だと思います。ただ、この数値はRMSなのかWRMSなのかはちょっと気になります。
    メーカーのSpec値はWRMSで表示することが多かったと思います。
    WRMSは聴感上耳につきやすい周波数に重みづけしているので少し低い数値になると思います。
    レコード盤の置き方でもかなり数値が変わる場合があるのではないでしょうか?
    昔、私がワウ・フラッター測定用のレコード盤で測定していた時はレコードの置き方や状態にかなり気を使う必要がありました。

    byK&K at2020-06-09 23:09

  6. K&Kさん

    >0,1570/0,1588%はTHDの値ですよね。
    はい、その通りです。この数字は最内周部にあるアンチスケーティング・トラックの外周部の数字で、最内周では0.6%(4倍)程度まで上昇します。この点についてAnalogMagikを主宰するRichard Mak氏にメールで問い合わせたところ、「それでも非常に良い」と褒めて頂きました!

    ワウ・フラッターに関してもRichard に計測基準を照会しました。
    回答は、"Weighted peak flutter"compatible with German standard DIN 45507 ということです。

    WRMSもRMSもNAB/JISの規格で、DINと同じ3,150Hzの基準信号を用いるようですが、ここでの基準とは若干異なるようです。Richardによると、JIS/WRMSの方が表面数字が良く見える傾向にあるようなので、「0.07%でも非常に優秀」とのことです。

    レコードの置き方に関しては、非常に偏心の少ないレコードをバキュームでの完全吸着後タングステン・スタビライザーでプラッターと一体化するのでかなり安定しています。何度かレコードをかけ直して測定しましたが、毎回ほとんど同じ値になります。

    byのびー at2020-06-10 05:43

  7. のびーさん、

    情報ありがとうございます。
    レコードの内周で音質が悪化することは聞いていましたし、経験上もそう感じていましたが、歪が4倍になるとはビックリです。
    Pops系の録音でも最後に〆の曲を置くことが多いし、クラシックでも最後に盛大に終わる曲が多いのにそこでの歪が多いのは残念ですね。
    誰か内周からカッティングしたレコードを作ろうと思わなかったのかしらん。(笑)

    ワウフラッターの数値ははNAB/JISとDINではかなり違いそうですね。NETで探したら以下のPageを見つけました。

    https://www.otaiweb.com/otaiaudio/?p=6879

    ここではオーディオテクニカの安いDDプレーヤーの実測結果を載せていますがこのプレーヤーはPanasonicがOEM供給していると思われます。そうだとするとWRMSでの実力値は0.03%くらいでしょうからDINでの0.07%はメチャクチャ優秀な値のように思います。

    byK&K at2020-06-10 13:02

  8. のびーさん、

    追加情報です。
    こんなサイトを見つけました。

    https://drive.google.com/drive/folders/1Gc6fW5l_sdhvBK6bhiaHzcHx_VW8Xa_7

    含まれる回転ムラの質(周波数?)が違うので同列に比較することは難しいかもしれませんが、DINの0.1に比べてNAB/JISの0.1は聴感上かなり悪く聴こえます。
    DIN0.3よりは良さそうではありますが…
    AnalogMagikはSoftwareで計算方法を変えられるのでNAB/JIS表示もできるようにVersion-upできないものでしょうかねぇ。

    byK&K at2020-06-10 13:29

  9. K&Kさん

    TestLPのアンチスケーティング・トラックはA面の最内周にあって、スタートがスピンドルから約7センチ、エンドが約6センチのです。

    たったこれだけの幅で歪が4倍に増えます。これはアームのトラッキング・エラー角が増大することと、レコードの線速度の低下・曲率の上昇の相乗効果です。Richardによれば「5倍ほどに上昇するのが普通だ」とのことです。

    内周から外周にプレイするレコードは製作されています。特にラヴェルのボレロのものが良く知られていて、以前ダイナ5555で聴いたことがあります。ギミックに驚き過ぎて音質の記憶が全く無いのが残念ですが。

    https://www.youtube.com/watch?v=5Afikv6k1-c&feature=youtu.be

    追加情報のサイトありがとうございます。思ったより違って聞こえますね。
    AnalogMagikでのワウ・フラッター計算に関してはRichardに伝えておきます。

    byのびー at2020-06-11 05:32

  10. のびー様、

    日記興味深く拝見しております。参考になることが多く、ためになります。ありがとうございます。
    VTA、アームの高さはとても重要ですね。これまで針圧とアンチスケーティングを中心に調整を続けていましたが、アームの高さを変える方が効果が大きいことがわかりました。私の方はなかなかうまくいきませんが。

    次回のアンチスケーティングについての日記も楽しみにしております。

    byちょさん at2020-06-18 18:54

  11. ちょさん、

    レスありがとうございます。
    丁度、アンチスケーティングの稿をアップしました。

    とても書ききれないほど、色々試したので、興味がある点があれば聞いてください。AnalogMagikは少し高いですが、よく出来たソフトウエアだと思います。

    byのびー at2020-06-19 02:07

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする