kanata
kanata
<最新自己紹介> 2018.8.1 久々に写真を設定しました。宿舎前の田んぼから青葉山を撮影しました。稲穂もそろそろ緑から黄色へと色づいて来ました。 7/22についに第一子が誕生しました。こ…

マイルーム

家族で音楽に浸れる空間を目指して
家族で音楽に浸れる空間を目指して
持ち家(マンション) / リビング兼用 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~100型 / ~2ch
<最新マイルーム> 2018.8.1 徐々に機材を整理中です。 <自宅メインシステム> EMT 930st or Philips LHH700 or(DELA N1ZH30/2---Te…
所有製品
  • その他オーディオ関連機器
    日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH
  • その他アナログプレーヤー/関連機器
    KLAUDIO CLN-LP200
  • ネットオーディオプレーヤー
  • パワーアンプ
    FM ACOUSTICS FM411
  • CDプレーヤー/トランスポート
    PHILIPS LHH700

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気にいられユーザー

日記

TIAS2018の超個人的なメモ その1

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月18日

皆さんこんにちは。
TIAS2018に行ってきましたので各ブースのメモを。


今回は超個人的なメモなので私の主観バリバリの内容です。自分に合わないものはバッサリいってます。

こういう主観丸出しの日記はこの場にはそぐわないと思いつつ、こういうものは鮮度も大事なので取り急ぎアップしました。

ここで日記の書き方を色々と試してきましたが、そろそろ新しい場を求める時が来たかなと思ってます。
もはやこの場が許容するものから内容がはみ出していると思いますが、あと少しだけお付き合い下さい。

注 最後に纏めるつもりですが、私の重視するものは上流のトラポ・DAC・アンプに依存するところ大です。従って下記の感想はそれらに対してのものが大半です。




G602 Esoteric
Avantgarde: Trio限定モデル
Esoteric: Grandioso K1, C1, M1, G1




革命的新機種という煽りに釣られていの一番に訪れたが、モックアップ展示のみでガッカリ。DACディスクリートになって果たしてどうなるのか、興味深々。
説明文を読んでも何がそこまで革命的と称するのか分からなかった。技術者的には凄い事をやっているのかな?




音が厚く温かみもありこれ見よがしではないけど細部に耳を向ければ色々と聞こえてくる。しかし何故か音楽が面白くない。心が動かない。
音像はやや拡大され分厚く骨太に音楽を表現する。
低音をブーストしている感触
音が重い。軽く弾まない。質量を過剰に付加した様な演出感があり、ここが好みの別れどころか。
全ての音楽が彫が深く重厚にして壮大な方向性へと振れる。まさにGrandioso。開発者の狙い通りだろう。

上記はEsoの感想。Avantgardeは素晴らしかった。あの大きなラッパの集合体からなぜこんな纏まりのある音楽が創出されるのか?鮮度が高いのは当たり前として、音像定位も良く、空間も違和感なく出る。個人的に置く場所があれば欲しいスピーカーの上位。Aida2とこいつを揃えれば1980年代以降の音楽なら何を聞いても個人的に満足できそう(爆)


LINN
システム1
LINN: Select DS, EXAKT AKUBARIK/1



スピーカーとトラポ兼DAC兼アンプの1台というスーパーシンプルシステム。
こういうのはLINNにやらせらればお手の物、スタイリッシュにセンス良く決めて来る。さすが。
音の方はそもそも帯域バランスが低域が寂しく音楽を落ち着いて聴けなかった。色々回ったけれど、帯域バランスに違和感があったのはこことアキュ位だった。


システム2
LINN: Klimax DSM/2, KLIMAX EXAKT 350





こちらもスピーカープラスワンという超シンプルシステム。
前の部屋とはうって変わってこちらは安心して音楽が聴けるウェルバランス。
DS/2から変わり始めたLINNの世界はKATALYSTで花開いた様に感じる。DS/kまでの保守的で箱庭的な世界からより積極的な表現力を手に入れた。積極的ながらも攻め切らずに上手く纏めるところはやはりLINN。ジャンルも時代も幅広く対応する。こだわりがない音楽好きに勧めるのなら一番手では。


YAMAHA

YAMAHA: N-5000,



なかなか良い感触だったが混んでいたのであまり聞けなかった。
何度かこのスピーカーをフェアで聴いたが、いつもこの独特のきつい内振りセッティング。ノウハウがあるのだろう。
ただこのスピーカー、出て来る音と形状が合ってない。多分この形ありきで開発しろとのお達しだったのだろうと察してしまう。足枷なしで開発したら製作者はどんな形状にしたのだろう?


フューレンコーディネート
PIEGA:
Octave: Jubelee Pre, Power



PIEGAの新しいフラグシップ。ちょっと聞きであまりピンと来ず。寧ろ次の部屋の方が音楽を聞かせてくれた。昔は使用していたのだけれど、最近はOctave はややピンと来ない様になってしまった。今の自分には重くて細かな動きがやや見えにくいと感じる。
Brodmannが聞きたかったのだが果たせず。


今井商事
Manhattan DAC 2
Convergent Audio:



全く知らない小さなスピーカーが鳴っていた。鳴りっぷりが良く、音楽の美味しいところが出ていて好印象。時間があればじっくりと聞きたかったが果たせず。


太陽インターナショナル
dCS: Vivaldi one
Nagra: HD Pre, HD Power
Avalon: Saga



Eagles: hell freezes over ‘Hotel Carifornia’
ドラムの音が物凄い!叩いた時の複雑な音が手に取るように分かる。そうそう、ドラムの音ってこうだよね。しかし明らかに現実を超える大きさ。
ドラムだけでなく、全ての音が違和感ない質感でスケール大きく表現される。
顕微鏡的に細部をあからさまに提示する方向ではなく、音楽全体としての調和が取れている。その一方でその気になって聞くと細部も非常に良く分かる。音楽的でありながらオーディオ的。音楽6オーディオ4といったところか。

しかしどこか心に迫って来ない。
冷たくはないけれど、どこか冷めている。
綺麗なだけでもない
躍動感もある程度あり、音楽のうねりも感じられる
音楽はやや重いがそこまで気になる程でもない
何故楽しくならないのか?
もっとこちら側にパッションを送って欲しいのに、見えないガラスでシャットアウトされている感じ。
名古屋の某店でNagra HDを聞いた時も何処か感情を見せない所があったのでそのキャラクターが効いているか。NagraならVPAが好き。未だに忘れられない。熱くて大きいけど。


写真の枚数制限のため、記事を分割します。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. kanataさん
    TIAS報告ありがとうござます。
    私も老体に鞭打ち、連チャンで出かけました。

    Ktema良かったです!
    隣でAida2も聴きましたが、個人的にはこちらが好みです。
    柔らかく、暖かく、包み込んでくれます。

    確かにボッティのラッパがサックスに聴こえました(笑)

    byvanilla at2018-11-18 19:27

  2. vanillaさん、こんばんは。

    容赦ない突っ込みありがとうございます(笑)
    恥ずかしい間違いです。穴があったら入りたい(;´д`)
    とてもトランペットには聞こえませんでしたという言い訳をさせて下さい…

    Ktema 良かったですね!共感いただきありがとうございます。
    Auda2は別イベントで聞いた時はその時のベストでした。
    アレを入れる家を持っている人は少ないでしょうが、幸せな音楽でした。

    bykanata at2018-11-18 20:22

  3. すみません。
    ツッコミのつもりではないので気になさらないで下さい。
    そのくらい柔らかくフワッとしたボッティでした。

    Ktemaはクラッシック、ボーカルを聴くには最高ですが、ハードバップ系のジャズには物足りなく感じるかもしれません。
    ジャズにこのデフォルメも味があり、個人的には好みの音です。

    音源に合わせて2セット機器を所有できると良いのですが・・・

    byvanilla at2018-11-18 21:28

  4. vanillaさん、再レスありがとうございます。

    いえいえ、ツッコミのつもりでないのは承知しています。ただの言葉遊びです。返す返すフォローありがとうございます(笑)

    >ハードバップ系のジャズには物足りなく感じるかもしれません。

    おっしゃる通りハードバップ系はイメージが違いますね。それでも好みというのはポイント高いですね。

    >音源に合わせて2セット機器を所有

    それは誰もが一度は思う夢ではないでしょうか。
    私も予算と場所が無尽蔵にあるのなら、各時代の各ジャンル用のシステムを揃えてその日の気分によって聞きたいですね(爆)

    bykanata at2018-11-19 22:48

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする