田舎のおじさん
田舎のおじさん
長崎の片田舎でひっそりと暮らしている「オーディオ大好き」のおっさんです。オーディオは大学入学直後からですので、もう25年以上やってます。 しかしマニアには程遠く、ライト・オーディオ・ファンといった所に…

マイルーム

モメンタム絶好調。。。後はフィニッテのラックかな?
モメンタム絶好調。。。後はフィニッテのラックかな?
持ち家(戸建) / その他 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
他の方々の素晴らしいお部屋を見る度に、自分の部屋どうにかならないかなあと思いつつオーディオしております。汚くて恥ずかしい(変形12畳=L字型)、、、H25/3,19時点のセッティングがこれです。 相…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

お気に入りユーザー

日記

DG-48とケーブルとエージング、、、

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年10月01日

さてさて、

 我がシステムに(紆余曲折あったのですが)DG-48を迎えて数週間が経過し、、、


 そして様々なトラブルを乗り越えて、ようやくシステムの概要が安定しまして(あとはA,E,T,のバランスケーブルがメーカーから帰って来るのを待つばかり)。
 現在のシステム接続と使用ケーブルは以下の通りとなりました(ほぼ決定)

D-06
↓、、、、1)アクロ8Nバランス
C-3800
↓、、、、2)ワイヤーワールドシルバーエクリプス・シリーズ6バランス
DG-48
↓、、、、3)アクロ8Nバランス
MC402

 アクロ8Nが2セットしか無いので、どこを他のケーブルで代用しようかと思い悩んだ末、上記のような接続となりました。アクロ8Nケーブルはエージング開始からトータル100時間を経過し、音質もほぼ安定してきたのかな?(100時間ではエージング不足と見る向きもあるでしょうが、、、)

 現在のアクロ8Nに対する感想ですが、、、

1)解像度は抜群(いままで1,0m一組20万円未満のケーブルしか使った事がありませんが、その中ではダントツでした。)
2)高域はいわゆるベールを一枚、二枚はぎ取ったような、、、
3)中音域の量感はやや少なめ
4)低音域は痩せてはいないが、ややタイト。(解像度が高いと最も実感できるのはこの帯域です)
5)音質とは無関係?ですがセッティングはモノが固すぎて苦労する。もしかして機器の端子が破損  するかも、、、(実際私のシステムでは、その可能性が二カ所ある。→まだ確定では無い)
6)トータルでは買って損無しのスグレモノである。

 そして肝心のDG-48ですが、只今エージング&ヴォイシング&イコライジングで試行錯誤の真っ最中です、で、なんとかエージングだけでも素早く、効率的に出来ないモノかと思っていましたが、
怪しげなアイテムが有ったんです!


 これが巷で噂?の愛和製=エクセレントデガウスという代物です。
かなり無理してアクロ8Nケーブルを2セット行ってしまったため、Joshin Webのポイントが貯まっており、\6000で購入できたのです。
 何が怪しいって、まずエージングモードでの出力はこんなf特です


 で、消磁モードでのf特は
で、段々音量が落ちて行き

となります。
 してその効果、、、

 !!!

 すんごいです。(消磁モードが)
軽薄な音は重厚に、音像の実在感がグンと増し、ノイズレベルが下がったように聞こえます。まるでSPの性格が変わったのか!?と思えるほど。音の好み次第で評価が分かれる所でしょうが、
わずか65秒でこの違い!クラシック好きの私にとって、これはかなりのC/Pです。
ね、あやしいアイテムでしょう?
ただ、エージングの効果ははっきり言ってわかりません(やっぱり怪しい)。
「効果が出るはず~~~」と言いつつエージングモードで作動させてます(6~8時間/一日)。
そしてこのアイテムのおかげかDG-48を通した音と、DG-48抜きの音の差が、いまやほとんど有りません、これってエージング効果が有ったて事かな?

 長くなりましたが、ひとまずの現状報告でした。DG-48はまだまだレビューは書ける状態ではありません、レビューは年越しかな? では! 

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 田舎のおじさん、おひさしぶりです。

    最近のめざましいシステムのバージョンアップには目を見張るようですが、今はDG-48の使いこなしの真っ最中なんですね。

    すべてがある程度決まったときの視聴インプレが楽しみですね。

    エクセレントデガウス確かに怪しいですが、効果はあるようですね。

    byMac_cel at2010-10-01 15:38

  2. Mac celさん こんにちは! こちらこそご無沙汰しております。

     さて私のシステムも、フロント2chに限って言えば、セッティングはようやく落ちつきを見せてきております。各種コンポーネントのエージングはまだまだ途中ですが、こちらも導入当初に見られた、音調の不安定さも無くなり比較的安心して音楽を聴けるようになりました。

     ただDG-48は、かなりの強者、手の内に入れるには、まだまだ私が経験不足&実力不足のため、苦労しています(でもこの苦労がたまらなく楽しいのです)。

     エクセレントデガウス、ほんと怪しいですが、過度の期待をせずに導入すれば、これもまた一興です。まあ消磁の効果は抜群なので、これだけでも購入の価値有りのアイテムと思いますよ、ぜひ!

    by田舎のおじさん at2010-10-01 17:24

  3. はじめまして。当方も DG-48/C-3800 を所有しております。
    DG-48 は昨年12月から使っています。当初からの音の変化は感じず、エージングという概念は思い浮びませんでした。
    エクセレントデガウスの消磁モードでの出力1分弱を録音し、これを再生しても効果は同じかもしれません。昔からあるバーン・インCDとどこが違うのか、よくわかりません。

    C-3800 と DG-48 との順序ですが、DG-48 → DC-101 → C-3800 → パワー・アンプとしました。せっかくの C-3800 の入力切替機能を活かしていませんが、C-3800 → DG-48 よりこちらの方が好みに聴こえました。

    byMINORISUKE at2010-10-01 21:48

  4. 初めまして MINORISUKE さん! 田舎のおじさんです。

     アキュのコンポのお仲間がいらっしゃって嬉しいです。早速ですがエクセレントデガウスの出力から消磁モード&エージングモードの音を録音(CDにコピーしても)再生しても効果はありません、と取説に記載してありましたので、多分いわゆるバーンインCDとは、何かが違うのでしょうね?

     さてDG-48ですが、私はHS-Linkで接続出来ない環境なので、DG-48をシステムの何処に挿入するのか悩みました、結局プリ~パワー間にアナログバランス接続で挿入したのにはいくつか理由がありまして、、、

    1)全てのソースをDG-48経由で聴きたかったから。

     最初は、

    D-06、、、同軸デジタルoutから出力

    DG-48、、、同軸デジタルinへ入力→アナログバランスoutから出力

    C-3800、、、CD-BALANCE入力に入力→バランスプリoutから出力

    MC402、、、バランス入力受け

    という接続にしていました、ただしこの接続だとSACDが(DG-48で補正して)聴けない。という致命的な欠点がありまして。プリ~パワー間に挿入せざるを得なかった、という事が一つ。

    2)ここのコミュやMixiでは、他にもDG-48をシステムに組み入れてオーディオを楽しんでおられる方々が多く、様々なアドバイスを考慮した結果、時間は掛かるものの、アナログバランス接続にてプリ~パワー間に挿入しても(良質なケーブルを使用すれば)音質的にも問題が無いと確信するに至ったから、という事が、もう一つの理由です。

     実際、DG-48をプリ~パワー間にアナログバランスで接続した時は、余りの音の酷さに(勿論補正せずにスルーアウトでの音)、愕然としてしまいました。しかし通電後わずか30分ほどで少しは聴ける状態になり、日を追う毎にエージング効果を実感しております。

     しかしそうは言ってもまだエージング不足に変わりはなく、臥薪嘗胆の日々は続くと思われます。その間にヴォイシング&イコライジングの腕を上げて行きたいと思うのです。

     DG-48だけでなく他のオーディオ機器に関する日記はmixiの方で、頻繁に更新しております。よかったらmixiの方も覗いてみて下さい、あとお気に入りにも登録させていただきました、今後ともヨロシクお願いします、では!

    by田舎のおじさん at2010-10-01 22:59

  5. 田舎のおじさん、お気に入り登録、ありがとうございます。

    DG-48/C-3800 接続ですが、私が C-3800 → DG-48 → パワー・アンプを試した際に使った、手持ちのアクロテック(アクロリンクに社名変更する前)の定価2万5千円ぐらいの古い XLR ケーブルが足を引っ張ったのかもしれません。

    C-3800 導入時に1メートル15万円程度のケーブル新調を考えていましたが、メーカー勤務で製造原価を知っている身として、直販の三菱電線が気になり、試しに購入しました。これがけっこう好みで、フォノン(倒産?)のプラチナ製(当時13万円)よりはるかに良く、ステージが前面に出て来て、このケーブルで満足してしまいました。高価では無いので、もう1組買って DG-48 のアナログ接続を試してみようと思います。
    うちの場合、DG-48 での入力切替は機能してはいますが、リモコンがしょぼくて、あまり使いたくありません。おまけにアキュフェーズの CD/SACD プレーヤー中、手持ちの DP-100 のみ DG-48/C-3800 のリモコンで操作不能で、常に3つのリモコンを並べておかなければならない状態です。

    DG-48 のアナログ出力と、HS-Link(武藤のオーグライン使用)で DC-101 に接続した出力とでは、10年前の製品とは言え、後者が圧勝でした。ひょっとして DC-101 は不要で(当時の定価)80万円は捨てか、と一瞬むなしくなりましたが、杞憂に終りました。DG-48 → DC-801 →パワー・アンプとすれば、また別世界が待っているのでしょう。
    DG-48 は内部が PCM 処理なので、DC-801 の DSD 直接変換は無意味になります。DSD のリアルタイム処理は依然として敷居が高いようですね。

    今後も情報交換、よろしくお願いします。

    byMINORISUKE at2010-10-02 08:11

  6. MINORISUKE さんお早うございます。

     メーカー勤務!?→いったい何処の?、、、す、すみません余計な詮索はエチケット違反ですね(笑)。

     先日アキュフェーズ社の方が拙宅にお越しになった時(この時はPS-1210のマイナートラブル解決のため、かつDG-48導入以前)、DG-48について質問してみたのですが、やはりアキュフェーズ社としてはHs-Linkをオススメする(音の鮮度が優位である)との事でした。

     今でも暇なときデジタルでDG-48に入力して聴くことも有ります(エージング確認のため)が、導入後約1ヶ月では、まだまだデジタル接続に優位性が認められます。

     私の場合、CDPがラックスマンなので元からHs-Linkは考えていなかったのです、そこは今後アキュフェーズ社から発売される?であろう40周年記念SACDプレーヤーに期待(ひょっとして買い換えも視野に入れております、、、)!です。

     こちらこそ知識&経験不足の点が多々有るかと思いますがヨロシクお願いします。また10月22日にアキュフェーズ社のDG-48調整のエキスパートの方が拙宅でプチ講習&調整を行ってくれる予定ですので、その時は日記にアップしたいと思います、では!

    by田舎のおじさん at2010-10-02 09:08

  7. こんばんは。

    励んでますね。私のアクロもようやく10時間経過(寂)。音の傾向は、やはり入口が同じという事もあって、今のところ、「若干ローエンドが期待値に届いていない(ローエンドは、SAECの方が少し良いかも・・・)」といった所です。それ以外は文句なしなので、エージングが進んで、もう少し下が伸びて来る事を祈るだけです。TUNAMIが低域のコントールが上手いので、BTLにすれば解決するような気もしますが・・・。

    DG-48のデジタルイコライジングは、凄い事で有名ですが、私には高値の華・・・。

    byおっさん at2010-10-03 00:43

  8. おっさん さんこんばんは、いやお早うございます(まあ、どっちでも良いですね、いま起きたもので、、、)

     そーですねー、アクロちゃんはあまりにも解像度が優秀すぎて、どうしても耳がそっち方面に引っ張られて、(特に低音域の解像度が突出して素晴らしいため)低音の量感が感じにくいのかもしれません。

     私は最初D-06→DG-48→C-3800のいわゆる上流2カ所にアクロちゃんを繋いでいましたが、するとやはり解像度優先の音となってしまい多少聴き疲れ?する感じだったので、間にワイヤーワールドを噛ませています(AETが戻って来たら交換予定)。

     ところが、おもしろ半分で買ってみたエクセレントデガウスが、意外な効能を発揮してくれました。これを初めて消磁モードで使用してみてビックリ!! 音の傾向が、極端な言い方をすれば軽薄短小から重厚長大に変化しまして、音のバランスが解像度を保ちつつ、好みの方向に(低音の量感アップ)なっています。

     ただし今のところDG-48の調整中(いろんなマイクセッティングにてヴォイシング&イコライジングしまくっていて、どの位置がベストなのか探っている所、、、)でして、システム全体の音調は、DG-48が支配しているので、ケーブルの良さを生かすも殺すもコイツの機嫌次第、、、

     しかしエージングが進めば(50~60時間経過すれば)かなり柔らかさも出てきます(固さがほぐれると言った方が良いかも?)ので、もう少し辛抱してそのままの接続で聴き込んでみられたらいかがでしょう?

     いずれにしてもエージング効果とは恐ろしいモノで、日々の変化はごく僅かでも、積み重ねると激変なんて事も珍しくなく、今日も私はエージング&ヴォイシング&イコライジングに励むのでした。

     ここは長崎の(しかも長崎でも)片田舎、早朝だろうが深夜だろうが、いつ何時大音量で音出ししても、誰も文句なんて言いません、歯磨きして、コーヒー飲んで気合いを入れたら今日も今からオーディオに勤しむのです、では!

    by田舎のおじさん at2010-10-03 04:15

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする