田舎のおじさん
田舎のおじさん
長崎の片田舎でひっそりと暮らしている「オーディオ大好き」のおっさんです。オーディオは大学入学直後からですので、もう25年以上やってます。 しかしマニアには程遠く、ライト・オーディオ・ファンといった所に…

マイルーム

モメンタム絶好調。。。後はフィニッテのラックかな?
モメンタム絶好調。。。後はフィニッテのラックかな?
持ち家(戸建) / その他 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
他の方々の素晴らしいお部屋を見る度に、自分の部屋どうにかならないかなあと思いつつオーディオしております。汚くて恥ずかしい(変形12畳=L字型)、、、H25/3,19時点のセッティングがこれです。 相…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

お気に入りユーザー

日記

On&On&On~akahanamizukiさんがやって来た~

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年12月04日

Phileの皆様ご無沙汰しております、久しぶりの日記。
今回はakahanamizuki氏をゲストにお迎えしての巻。少し長くなりますがお付き合い下さいマセm(_ _)m 



去るH25,11/28(木曜日)このコミュでいつも素晴らしい日記の数々をアップされる事で名高いakahanamizukiさんが長崎の拙宅にお越しになった。

 以前から(akahanamizukiさんがPhile-webに参加された当初から仲良くさせて頂いたので)私も「いつかお目に掛かりたい」と思っていたのだが、なにせ私は本土最西端、長崎県の(更にド・田舎)在住。対してakahanamizukiさんも新潟在住でありネット上のお付き合いのままかもしれないという思いが多分に有った。

 しかし数ヶ月前、ご本人から九州に出張するので、ついでに長崎に、、、というお話が有り。一もにも無く飛びついた。
 私も此のコミュに参加してから、幸い多くのオーディオ仲間と出会うことが出来て、色々な体験(貴重な私物を持ち込んで頂いたり、お借りしたりで)させて頂きながらオーディオシステムのグレードアップ&音質向上のノウハウを学ばせて貰ってきた。しかし実際問題として直接お会い出来る人達は、やはり地元九州、遠くても西日本に限定で有り、それもまあ仕事を持ち、家庭を持つ身からすれば致し方ない事と半ば諦めの境地なのであった。

 しかしPhile-webに参加していると九州から遠くに離れている方々、その中でも「どうしても一度はお会いして音楽を聴かせて頂きたい」と(私が勝手に)思うオーディオファイルが数名いらっしゃって。akahanamizukiさんはその数名のウチのお一人で有る事に疑いは無かった。


 彼の日記にはいつも「音楽」があり、オーディオは二の次、、、という私なりの受け止め方があって(実際やっていらっしゃる事は、かなりマニアックなんですがねぇ)、大抵そう言う方とは実際お目に掛かって「楽しくなかった」事は無い。対して私はと言えば「物欲の塊&優柔不断」という困難な性格を抱えているためか(ハード優先でオーディオに接してきた為に)、いつも「コンポを買うのか、それともソフトに予算を割くべきなのか」と(せっかく仲間から教えてもらった音質向上のノウハウを実践するのもおろそかにして)自問自答の毎日なのである(ことが多い)。

 それだけにakanahamizukiさんの日記を読む度に
「ああ~、こんなソフトがあるのか~~」→「Amazonでポチッとしなきゃ」→様々なプレミアム価格なソフト購入に繋がる→新たなレファレンス・ソフトの発掘

 とか

「このソフトには、こういう聴き方があったのか!」→「DG-48の微調整で新たに聴こえて来る部分があるかも」→「DG-48の調整をやり直す」事で、今まで抱えていた悩みが一気に解決!となる糸口が見いだせる。
 
 とか

 おおよそ私のハード面からのアプローチとは異なった視点からの発見が多く、それはまさしく「目から鱗」。それならば、良い機会!やはり会うしか無いでしょ(^^)/
いや、絶対に「会うべき」でしょ(^_^)v と言う事で、実際のスケジュール調整に入り11月末のOFF会開催の運びとなった次第。

 私は(色んな意味で)ハイになると声のトーンが上がり、より一層声の通りが良くなる。一方akahanamizukiさんも声がシブイし、元々の発声が良いせい(腹式呼吸?)か話が聴き取りやすく、いろんなソフトを聴きながらでも、あまりボリュームを落とさずに話が出来た。特に2人して同時に笑った時なんかまあ、ハモる・ハモる(笑)
 一事が万事こんな調子でしたから、楽しくないハズが無い!と言う事で、夜が更けて日付が変わっても我々のオーディオ談義は終わらないのでした。。。

 ところで、今回(実際の)OFF会では私の発言→「OFF会という言葉を便宜的に使っていますが、OFFって言葉あまり好きじゃないんです。本当は実際に人と人とがお会いする真の人間関係こそ「ON」で有るべきなのでは無いでしょうか?」という発言を受けて、この事に同意して下さった事に大変勇気づけられました。それ以降は私達OFF会を「ON会」と呼ぶ事にしました。

 よく「何でも言い合わないとOFF会の意味が無い」と仰る方がおられますが、これには様々な「前提条件」或いは「マナー」が存在する事を忘れてはならないと思います。

 もしお互いがOFF会で初対面であったとするならば、最初から自説・我流ばかりを主張・展開し、相手(のオーディオ観)を理解し受け入れる度量が無ければ、「何でも言い合う」ことが、即ち「遠慮会釈無しに他者を否定し蔑む」事になってしまうかもしれません。

 日頃仕事柄、初対面の方からお話を聞く機会が多い私。その場合まず、何はなくとも相手の話に耳を傾ける事から入ります、もしも相手が(私自身の基準・知識・経験に照らし合わせて)明らかに「間違った事」を言っていたとしても、人の話を遮る事無く、まず全ての話を(全神経を集中して)聞いて、その方が「本当に何を言いたかったのか?」その真意を考えます。
「間違った事」だと聴き取れた事が、実は単に言葉の選択ミスであったり、思い違いがあったりで「言いたい事は、結果として私と大して変わらなかった」なんて事は決して珍しくありません。

 我々がオーディオという共通の趣味を通して、交わる事が出来るのは「縁」。
 その「縁」を大切に、関係性を続けて行くつもりならば、やはり「真の出会い」は大切です。その出会いが不幸な結果に終わらない為にも、お互いが、お互いの流儀を認め、尊重し、人間性を理解した上で、その後議論を戦わせる。この様な手順を踏めば、それは決して「不毛な言い争い」にはならないハズです。お互いを高め合う流儀になると私は信じています。

 今回akahanamizukiさんとは当然初対面だった私。実は昨年ある方と行ったOFF会、いやON会で、相当嫌な思いをしまして。暫くはオーディオ関係の交わりを断ってきました。ですから最初私の方はチョット柄にも無く緊張してまして(^^;) 果たしてakahanamizuki氏はどのような人物なのか?


 結果、杞憂は杞憂のまま終わりました。お互いが打ち解け合うのに数分もかからなかったと思います。試聴に入る前にまず彼が言った事

「何処で聴けば良いですか?」

まさしく、これこそが私のシステムの音を聴く際の重要なポイントなのです。「う~む、良く分かっていらっしゃる」しょっぱなからakahanamizuki流の作法を見せつけられました。長年DG-48を使い、部屋の定在波と戦い続けてきた私にとって「リスニングポイント」こそがキモ。メールのやり取りや、コレまでの私の日記をご覧になっておられたからこそ此の言葉が最初に出て来たのだと思いました。そして、この言葉こそが「私の流儀」を受け入れて下さった宣言だと私は捉える事が出来ました。
 そしてヴォリュームも聴くソフトも全てを私流に身を委ねて下さり。。。
 そして試聴中に何点かの御質問があり。akahanamizuki流の分析結果(診断結果!?)の伝達、それに基づいたアドバイスを下さったのです。

 冷静に考えれば、私の音を聴いた時、一聴してその問題点に気が付いておられたようでしたので、その場で直ぐに何か言っても(ダメ出しをしても)良い状況でしたが、氏はグッと我慢して一通りプログラムを聴いておられました。
 そこには「何事も誤解無きように集中してストラドの音を聴く」という氏の姿勢が見受けられました。

、、、ストラドに向かう氏の真摯な姿勢を間近で見られたからこそ「この人になら、どのようなキツイ言い方されても受け入れる事が出来るだろう」という、私もある意味素直で真っさらな気持ちになれたのです。

 私も含めて、オーディオを長くやっていると此の趣味自体が内向的な側面が大きい為か?自分流が即ち「絶対」であると思い込みがち。これはこれで仕方が無い面があります。しかしながら他者にも「他者流」が当然存在している。この当然の事実に気付こうとしない、或いは気付く気が無い、もっと言えば気が付いていてもその事を考慮しない輩が存在するのも(悲しい)事実。そんな輩とはもう決別です、所詮そういう輩達はリアルな社会生活に於いても裸の王様になっているはずですから。。。


 閑話休題


 今回のON会において、akahanamizuki氏からのアドバイスで、唯一受け入れ困難な事が有りました。
氏曰く「ストラドにANKHは要らない」という主張です。
多分ストラドから醸し出される美的センスとANKHから感じる機能美が相容れないと氏は感じたのでしょう。
 対する私曰く「現状として、この部屋でオーディオをしているという事実を勘案すれば今のところANKHは必須ですよ」、、、という相容れない議論。

 う~むコレばかりは私も主張を曲げる訳にはいかないのです。だって買っちゃったんだもん(>_<)  しかも効果あるし。 akahanamizukiさん、コレばかりはご容赦下さいマセね。ホントのリスニング棟が出来たら、ANKHを使わない日が来るかも知れないし。。。あ~いやぁ~、使っちゃうかなあ~コーナー配置で。ただ、「ANKHは発音体である」というakahanamizukiさんの主張には全面的に同意します。そしてもう一つ、例の棒の太さに応じて「狙った周波数帯域」にメカニカルディレイを掛けるという機能(が有ると、YAMAHA/DSP-1の経験から感じられます)。コレによりいわゆる「(極短いディレイが掛かった)一次反射音の弊害」から逃れられるという事実。
 此の2つの効果を上手くシステム(部屋も含む)トータルの音作りに生かしていく事が出来れば、狭い部屋でもある程度の大型SPを導入出来る切っ掛けとなり得る有益なアイテムだと私的には考えています。一番C/Pが高いのはメインSPの間にANKHを1つ配置。それ以降はコーナー配置、SP側面一次反射を起こす部位への配置。そしてリスニングポジションから背面の壁までの距離が取れないのであれば背面にもう1つ配置、、、と思われます。

 さて今回の「ON会」akahanamizukiさんと、私自身の回顧録。ゲスト側からの視点、ホスト側からの視点、両方の視点から同一の催し物を振り返った日記、Phileの皆様方はどのようにお感じになりましたでしょうか?

 今「ON会」が終わりよくよく考えてみれば、我々2人、決定的に違う点がありました。つまり、、、

再生システムの様式について、なのです。

 私はCD/SACDというパッケージング・メディアに特化したCD/SACDプレーヤーによる(昔ながらの思考による)再生オーディオ。
 対するakahanamizuki氏は、ご自身のCD/SACDライブラリーをリッピングしたデータをNASに格納し、LINN/KLIMAX DSにて再生する最新の時流に乗ったネットワーク・オーディオ。

穿った見方をすれば、私がパッケージメディアにこだわって再生している事、その行為自体を「ディスる」事も出来たはず。しかし氏はそんなこと一切しなかった。むしろ私流の(昔ながらの)オーディオをリスペクトしてくれました。

 音源や再生の方式こそ違いますが、(再生音楽をより豊かにする為の)オーディオである事に違いは無い。そして肝心の「音楽を出来るだけ良い音」で聴きたいという目的が同じならば、嗜好するジャンルの違い、出て来る音傾向の違い、デザインの好き嫌い、など様々な違いを乗り越えてお互いがオーディオという趣味を通じて、わかり合える事が沢山ある。
 私はそう思いますし、今回のON会を通じて真の「人と人との繋がり」とは何かを改めて学ばせて頂いたと感じました。

 akahanamizukiさん、有り難う。私の方こそ別れ際に繰り返し交わした握手の感触を忘れる事は無いでしょう。

 そして必ずまたお目に掛かりましょう。

今度は私が必ず新潟に伺います、ではその時まで互いに切磋琢磨いたしましょう(了)










、、、あとDG-48が58に更新されるのは決定事項なので、これがどうシステムに影響するのか?検証作業がまた楽しくなりそうです(*^_^*) 年内に納品間に合って欲しいなぁ。
と相変わらずの「物欲」が出ちゃいましたね(笑)
ではまた!

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. kf6gtkさん、お早うございます&ご無沙汰しております。

    ホント毎年恒例のオーディオフェアに行けないなんて!!
    残念でなりません(T_T) でもある程度落ち着いたら福岡にも行きたいし、長崎にもお越し下さい。

    それはそうとDG-58、ナントカ間に合えば良いのになぁ、、、ってまたまた妄想壁が(>_<)

    ではまた!

    by田舎のおじさん at2013-12-04 08:15

  2. EVAさん、コメント有り難うございました。

    お互いがお互いを「気遣う気持ち」があればこそ、こういう催し物が成功するのだと今回確信しました。EVAさんも仰ったように私も彼と実際話が出来て「清々しい」気持ちになれました。こういう後味の良いON会が、各地で行われることを心から願います。

    今後ともヨロシクお願いします。
    ではまた!

    by田舎のおじさん at2013-12-04 10:43

  3.   田舎のおじさん ご無沙汰しております。

     やっと会社に腰を落ち着けて居られる季節になりました、決して遊んでばかり居る訳では有りませんゴルフの合間に仕事もしております(笑)、何せ外回りが多いもので、言い訳は此の位にして懲りずに今後ともお付き合いの程宜しくお願いいたします。

     おじさんの日記を読ませて頂き変わらずの超大作感心いたしました、一方のakahanamizukiさんのそれとは好対照で両方を併せ読むことによりお二方の様子が鮮明に思い浮かべる事ができました、私自身お二方に一度もお会いした事が無いのになんとなく声色や体型、顔つきまで自然に思い描いておりました、素晴らしいい文章です、おそらく全てが好対照のお二人は、オーディオに対するスタンスも音楽に対するスタンスも同様だと思われますが目指している地点が一致しているため不毛な論争にはならないと思います、まだまだ日記には書ききれない沢山の話題があった事と思います、あ~羨ましい。

     on/off会の下り同意です、昔トラックに乗って居た頃パーソナル無線を楽しんでいたのですが仲間と会う事を単純にダイレクトと言っていました運転手が作った隠語にしては言い得て妙だと変に感心した記憶があります。

     12月に入りやっと昨夜第九をゆっくり聞きました、パーヴォヤルヴィ、ドイツフィルものです、内容に賛否は有りますが又違った趣向の第九も自分的には気に入っています、何はともあれ師走の雰囲気を味わえる曲です、長のご無沙汰明けに大変失礼いたしました、重ねて今後とも宜しくお願いいたします。

    byメグミチャン at2013-12-04 14:17

  4. 田舎のおじ様! ご無沙汰しています。

    素敵なON会だったようですね。
    趣味を通じての人との出会いは、楽しいものです。
    音楽を楽しむことを
    人それぞれの考え方
    人それぞれの再生機器で表現していく。
    素晴らしいことですね。

    週末、お逢いできないのが残念ですが、
    来年は必ず長崎まで出向くので宜しくお願いします。

    では、また・・・

    byイルカ♂ at2013-12-04 14:21

  5. メグミチャンさん、本当にご無沙汰しておりましたm(_ _)m
    その後DG-48の調子は如何でしょうか?

    さて今回のON会、私的には新しい親友がたった一日で出来たような気分。ローマは一日にして成らずということわざがありますが、直接お目に掛かれば、お互いがわかり合えるのにそんなに時間は掛からない事もあるのだなあ、と実感しました(ただ、そこに至るまでにイロイロと下準備はありましたが)。

    意見の相違というのは、本来ネガティブな要素では無いはずなのですが(実際、考えに相違点が無いと議論になり辛い、、、)、最初にボタンの掛け違いがあると、相手を誤解したまま会合が終わってしまい、ご縁もそこまで。 なんて事になります、それってやはり勿体ないと思うのです。

    今回のON会では(人間関係の構築に於いて)様々な発見・気付きが有ってすごく楽しめましたし、今反芻しても「良い思い出」ばかりが脳内を駆け巡っています。

    出来ればメグミチャンさんともお会いしたいものですね(^_^)v
    ではまた!

    by田舎のおじさん at2013-12-04 15:02

  6. イルカ♂さん、コンニチハ(^^)/

    今年は年末のオーディオフェアで再会出来ないのがとても寂しいです。来年は必ず再会いたしましょう。いろいろ音にも変化がありましたので。。。

    それとkf6gtkさん邸とascii_jpさん邸には、また行きたいですね~出来ればご一緒しましょう
    ではまた!

    by田舎のおじさん at2013-12-04 15:12

  7. いや、これは凄い!

    ウラキンでございます。
    この日記凄い〜
    田舎のおじさん様の日記は常にチェックして来たつもりでしたが、これは凄い。

    ご職業柄、色々と考えてしまうのは致し方ないところではないかと思ひますが、必要以上に考え過ぎてしまうのも、嬉しくもあり、困ったことでもあり。。。

    とにかく〜今回の日記、田舎のおじさん様の「おもてなし」の心がガツンと伝わって参りました。

    >「ストラドにANKHは要らない」
    そりゃ〜意見の違いはありますよ。
    こんな意見がでなければ逆に「ON会」を開く意義も無いでしょう。
    これを、田舎のおじさん様も期待しておられたのではないですか?(笑)

    byウラキンスカイウォーカー at2013-12-04 20:11

  8. ウラキンさん、こんばんは&ご無沙汰しております。

    今回の日記「akahanamizukiさんの巻」これはakahanamizukiさんと私の共作とでも言いましょうか!? 互いの日記がシンクロしているみたいで、(日記を)書いていた私も面白く感じました。

    ON会をやっていて良かったと感じたのは、(時間が経過するほどに)最終的にはお互い「言いたいことをストレートに言い合う事が出来た」という事。コレに尽きます。

    つまり短い時間の経過と共に、互いの信頼関係が急速に深まって行ったので、私のオーディオシステムの「キモ」の部分へのツッコミが何のてらいも無く出て来たのだと思いますし、私もそれに対し思っている事(私流のオーディオ観)をお話出来たのだと。

    結局の所、私の音の問題点を(お互い遠慮無く)議論できましたから、私は問題解決の糸口を見いだすヒントを頂けてとても有り難かったですね。そして私のバックボーンや生い立ちなど、おおよそオーディオ観に関わる事も当日時間制限の為お話出来なかった部分は、akahanamizukiさんにお渡ししたレジメにほぼ100%書き込めましたから、ある意味今回の「備忘録」的資料としての役割と共に、「私流おもてなし」を具現化できて良かったと思います。

    今後ともこの様なON会を開催できれば、さらにakahanamizukiさんとの関わり合いが、その意義を増してゆくことに通じるでしょう。。。

    それでは、今後ともヨロシクです。

    by田舎のおじさん at2013-12-04 20:43

  9. 田舎のおじさんさん、こんばんは。 ご無沙汰しております。

    akahanamizukiさんの日記へのレスにも書かせていただいたのですが、音楽(オーディオ)という共通の趣味が繋ぐ、素敵なご縁に纏わるお話し、非常に感動致しました。

    オーディオ「ON」会での流儀にとどまらず、『生まれも育ちも、考え方や主義主張も異なる、人様との“大人のお付き合い”とは、かくありたい』ものだと思いました。 
    言うなれば、一種の「大人の流儀」というやつでしょうか...。

    私も最近、OFF...もとい「ON」会に参加させていただく機会があるのですが、そこでお会いする方々は皆、大人の流儀を自然と身に着けていらっしゃる方々ばかりで、おかげさまで非常に充実した時間をご一緒させていただいており、今回の田舎のおじさんさんやakahanamizukiさんの日記を拝見させていただきながら、やっぱりそうなんだよなぁ、などと感じている次第です。

    素敵な音楽との出会いと同様に、否、きっとそれ以上に、素敵な人物との出会いは、強く我々の心を揺さぶるものなのですよね!
    お二人の日記を拝見していて、特に強く思いました。
    素敵な日記を有難うございます。

    それでは、今後とも宜しくお願い致します。

    byカイ at2013-12-04 22:48

  10. 田舎のおじさん様、ご無沙汰しております。

    akahanamizukiさんとのON会記、とても興味深く拝見しました。
    それにしても音楽を聴きながらボリュームを落とさずに会話できるとは!お二人とも素晴らしい声の持ち主のようですね(笑)

    akahanamizukiさんは体育会系でとても熱いものを秘めた方ですが、おじさん様は用意されるお品書きのエピソードからして、それに以上に熱い方なんでしょうね・・・。

    ON会はエール交換のようであればいいな、と個人的には思います。
    相手のことを理解し、尊重しようとする気持ちがないと、交流は楽しいものとなりません。それが根底にあれば、意見交換も有意義なものとなりそうですが・・・。
    アドバイスのすべてを鵜呑みにしても収拾がつかなくなりそうですが、思い返すといただいたアドバイスには都度のヒントが含まれていたようにも思います。

    このような素敵な交流は、活力を与えてくれますね!
    今後ともよろしくお願いいたします。

    byKYLYN(キリン) at2013-12-04 23:28

  11. カイさん、こんばんは。コメント有り難うございますm(_ _)m

    今回のON会、ここに至るまでには実際はかなりの下準備(普段のメールのやり取り)があったので、akahanamizukiさんにお目にかかれた時、Phile-web上での印象そのままにON会へと突入出来たのだと思います。

    しかしいくら下準備をしたとしても、その人自身に人を引きつけるモノが無ければ、ここまで私を突き動かす事は無かったでしょう。それだけ彼には(いつもの日記同様)、オーディオ人としてだけで無く、人としての魅力がありました。

    私と同様、彼と初対面だった嫁も「akahanamizukiさんとは、再開した時カラオケ行って、ゴスペラーズ歌いたいな」と、彼のファンになった様子。

    今後も「大人の流儀」でお付き合いを続けて行きたいと思います。カイさんにおかれましても今まで同様、ご愛顧の程ヨロシクお願いします。

    ではまた!

    by田舎のおじさん at2013-12-05 00:28

  12. KYLYNさん、ご無沙汰しておりました。コメントどうもです(^^)/

    KYLYNさんもご指摘の通り、私も(KYLYNさんが仰る通り)いわゆるOFF会が「有意義な意見交換」の場であって欲しいとの思いがあります。それは別の言い方をすれば「そうでない事」もあった事の裏返しでもあります。

    本来Phile-webのような不特定多数向けのコミュの場合、それこそ顔の見えないお付き合いからのスタートになりますし、そして、その多くが「顔の見えないお付き合い」のまま終わる事のほうが圧倒的に多いはずですよね?

    しかしそこに「縁」有ればこそ、実際のON会へと駒を進められる訳なので、今回はそのご縁を大切にする為の「ほんの小さな心遣い」が如何に大切であるか、という良い例だと思いました。出来れば今後、私も様々な所へ出向きまして色々な方達との交流を深めていきたいと願っています。


    ではDG-58導入記にて、再会いたしましょう

    、、、すでに「ヤル気満々」の田舎のおじさんでした(^^;)
    ではまた!

    by田舎のおじさん at2013-12-05 00:47

  13. 田舎のおじ様 おはようございます。
    「ON会=音会」ありがとうございました。あらためて御礼申し上げます。
    とても日記には書ききれない濃ゆーい楽しい音会でした。
    その中の一節として
    アンクの話。おじ様の考察が興味深かったですね。DSP-1の時代からプレゼンス用SPの配置・ディレイの調整と聴感の変化を追い求めていた経験を生かしている。
    オーディオ素人の私の意見は「こうやったらいいのでは」という理論的裏づけや具体的な解決方法を示すことができない無責任なものなので、地球の彼方まで追い払ってもらってよいと思います。
    自分自身がどちらかというと「引き算オーディオ」を目指しているので、無くしてみたらどうなるのかなぁといつも考えているために、出た発言だと思います。
    加えて、部屋や、問題になってくる周波数帯は各人で違うのに、ルームチューングッズは「既製品」で「可変」部分がない。それで全てが解決できるのか・・・というところを自問自答しています。
    ま、一番はあの美しーいストラディバリウス・オマージュの半径30mくらい(笑)には何も寄せつけたくなーいという美観上の問題でしょうか。ははは。
    きっと新リスニングルームはそのくらいの大きさになるでしょうから大丈夫かな。
    おふざけお許しを。

    今後もよろしくお願いいたします。

    byakahanamizuki at2013-12-05 07:48

  14. ああ~「文字列が長すぎます」だって!!

    akahanamizukiさん、もう一度レスし直します。
    ああ~ショック!! レスが消えちゃった(T_T)


    では今から私、戦場!?へと旅立ちますので(嫁は既に前線基地におります)、改めて文面考えますね。ではまた!

    by田舎のおじさん at2013-12-05 09:18

  15. こんばんは、takapalpalです。

     熱いON会の雰囲気、想像させてもらいました。
    ありがとうございます。

     アンクの使用についてですが、
    私の部屋は、システムの粗?、特に音像のにじみ?を増強して、音楽がスカッと聞けないと状態と勝手に感じています。また、システムのパワーに、部屋が、負け始めているかもしれません。

     これに対して、アンクの効果は感じていますが、
    この発音体に、何か音のくせがあるかも良くわかっていません。

     アンクを使用しなければ、システムの粗、特に広がりの曖昧さ?が良くわかり?、システムの根源の粗を隠さない?という意味では、使用しない方が、やりやすい面もあるかもしれない、とも思っています。

     このように感じてはいますが、その一方で、現在、視聴位置右後ろコーナーの低音が膨らんでいるところに、コーナーアンクの追加をかんがえています。また、パワーに負けない部屋を作りたいとも思っています。
    (わけのわからない文章で、すみません。)

     このように迷いながら、導入を考えています。

     ルームチューニング(アンク導入について)
    発音体という面のデメリット、音の破砕としてのメリット、
    どんどん追加するメリット、デメリット、
     どのようにお考えでしょうか?

     めんどくさい素人ですみません。

    今後ともよろしくお願いいたします

    bytakapalpal at2013-12-05 19:08

  16. takapalpalさん、コメントどうも有り難うございます。
    基本的にANKHは狭い部屋で良く効くアイテムだと思っていますが、話し出すとレス文字数オーバーしてしまいそうですから、後日メッセいたします。昨日から急に忙しくなりまして申し訳御座いませんm(_ _)m


    では後日。。。

    by田舎のおじさん at2013-12-05 19:09

  17. 田舎のおじさんさん

    こんにちは。

    ON会のお話、とても興味深く拝読しました。

    相手を認める事がコミュニケーションの基本。特に趣味、嗜好の分野ては、他の方に迷惑がかからない限り、違いを受け入れる事が前提ですね。

    このコミュニティを通じて日本中の方と知り合い、朋遠方より来る、という楽しみも広がりますね。

    bymerry at2013-12-06 09:23

  18. merryさん、コメント有り難うございます。

    昨今、年齢に関係なく礼儀知らずの方達がいるおかげで「善人がバカを見る」事もしばしば(、、、まあ私はそんなに善行積んでいるわけではありませんが)。

    思い当たるフシがある人(具体名はあえて出しませんが、本人は分かるはず)にはもっと他人を気遣う事を学んで頂きたかったですね。ですから今回のOFF会→ON会→音会(と段々呼び名は変わってきていますが)の日記を見て今後の人付き合いに生かして貰いたいと思っています。

    今後も全国様々な方達とのコミュニケーションを広げて行きたいですね。

    今後ともヨロシクお願いします(今後連発、、、)

    ではまた!

    by田舎のおじさん at2013-12-06 10:42

  19. 田舎のおじさんへ

     こんにちワ! (^^)/  アコスです。

    有意義な時間を過ごせましたね (^^♪ 

     正に東西の巨頭対決!と思いきや(笑) 非常に和やかな「音会」のだった様ですね。  時を忘れ語り・聴き合えるなんて実に素晴らしいです。

     
     akahanamizuki様邸にお越しの際は・・・ 序でにお立ち寄り頂ければ幸いです(笑) akahanamizuki邸に比較してしまうと 子供の様なシステムですから・・ 大画面と大音量だけ コケオドシでご堪能して頂ければ幸いです(爆)

     遅いレスで失礼いたしました・・・ アコス。

    byアコスの住人 at2013-12-06 14:31

  20. アコスさん、ご無沙汰しておりますm(_ _)m

    思い起こせば、私がPhile-webに登録し立ての頃「画像をアップしてみて」と初めてリクエストして下さったのが誰有ろうアコスさんでした(覚えてます!?) 

    その頃は画像の圧縮法なんかも分からず5MB位の画像データを訳も分からずアップしようとしたり、いろいろ大変だった事を懐かしく思い出します。。。新潟と長野、どうやったら峠を越せるか全く見当も付きませんが、仕事が落ち着いたら一度は嫁孝行?しないといけませんので、新潟音会~グルメツアー~信州観光~グルメツアーなんかも企画してみたいと思っています。

    その時が来ましたら、どうぞヨロシクお願いします。

    ではまた!

    by田舎のおじさん at2013-12-06 15:32

  21. 田舎のおじさんさん、初めまして。

    私、比較的ご近所ということもあり日頃からアカハナさんには大層お世話になっております。
    この度の九州紀行は事前にアカハナさんから頂いたメールでも遠足の前の学童のようにウキウキで楽しみにされていた様でした(出発当日は雨がひどかったみたいですが)
    また、ご帰還後は荷物を解く間があったのかと言うくらいのスピードでおじさん宅訪問の報告を頂きましたから、期待通りのとても気持ちの良い時間を過ごされたのだなと他人事ながら思い馳せておりました。

    確かに人と会う事はエネルギーが要りますし、期待通りとばかりにはいきませんね。
    その度に一喜一憂という思いはご同慶の至りです。
    それでも、アカハナさんとのような気持ちの良い出会いがあるのも事実で、外に目を向ける事もいやなことばかりじゃないよねえ、と思いながら拝読致しました。(私事であれですが、先日このファイルを通じて楽しい初対面がありました)

    大イベントお疲れさまでした、またよろしくお願いします。

    byLoge at2013-12-07 01:59

  22. Logeさん、初めまして。コメント有り難うございます。

    akahanamizukiさんとはお近くなのですね、Logeさんの事は今回の音会でも話題になりまして、akahanamizukiさんのお話から想像するだけで「どんな天上の音楽が奏でられているのだろう、、、」と思わず(いつもの悪いクセ)→妄想してしまいました(^^;)

    私はオーディオを始めたのが大学生になってから=CD初号機が発売されたばかりの時ですので、いわゆる「CD世代」。アナログ→デジタル移行の時期に一致しており、マスコミの「CD対応」とか「デジタル対応」とか言う謳い文句に最も毒されたのです。

    当時は本気で「アナログはこの世から消え去ってしまうのだ」と思ったモノです。実際私に限って言えば、アナログLPレコードを買ったのは高校3年の時「TOTOⅣ」が最後。それ以降はCD/SACDが私の唯一の「音源」となって現在に至ります。


    今回ような出会いに触発され~恐れる事無く~ますますオーディオ繋がりの輪を広げて行きたいと願っています。
    お気に入りにも登録させて頂きましたので、今後ともヨロシクお願いしますm(_ _)m

    ではまた!

    by田舎のおじさん at2013-12-07 02:46

  23. akahanamizukiさん、先日はレス消えてしまって失礼しました。
    では書き込み中消えてしまった内容の「要約」をば、、、

    ①「引き算オーディオ」、、、さすがLINN/DSユーザーのお言葉と思いました。デジタル即ち0dBからの引き算ですから、妙に仰る言葉に納得しました。対して私のオーディオは言うなれば「足し算オーディオ」かな? 何が?何処が・とツッコミ入れられればチョット困るのですが(笑)  私は、どちらかと言えば色々な物を追加してシステムの音をチューニングしていくタチなので「足し算」になるのかなと思いました。。。


    ②既製品で可変部が無い、、、私も一番気になる所です。もし予算が無限大にあるなら日東紡にカスタムメイドを依頼出来るのかもしれませんが。なので様々なアイテムを組み合わせる事で自己流カスタムチューンにトライしている訳ですね(>_<) できれば何か単品で一発解決出来れば言うこと無しなのですがね~


    、、、とまあ、こんな事を細かく書き込んでいたら文字数オーバーしたわけです。

    今日クローゼットが完成しますので、大量の衣類をまた仕舞い込んだ後あらためてヴォイシング掛けます。
    では今後とも忌憚の無いご意見、ヨロシクお願いします。

    ではまた!

    by田舎のおじさん at2013-12-10 07:50

  24. 田舎のおじさんさん、ご無沙汰しております。(^∇^)

    久しぶりにコミュを覗いてみたら、田舎のおじさんさんの日記を見つけたので思わずレスをしたくなった次第です。ハイ。
    DG-58を注文されたようで、相変わらず精力的にやっていますねぇ。いいですねぇ。(^_^)v
    私の方はというと、最近はめっきり新規の機器導入はしておりませんが、音楽は楽しく聴いていますよ。

    それでは、また!

    byZati at2013-12-10 21:14

  25. Zatiさん、お懐かしゅう御座いまするm(_ _)m  なんちゃて(笑)

    レス有り難うございました。精力的にとまでは(私も年のせいか)行きませんデスよ。

    DG-58は当初年内の納品は難しいという情報が流れてきていましたが、先日AccuphaseのW氏とTELで話をしたら「年内の納品必ずいたします」と確約取れましたのでチョ~ハッピ~(^^)/

    そんなこんなで、それまではDG-48調整法を58に生かすべく「ちんたらと」オーディオやってる私なのでした。

    DG-58が納品されたら、イロイロと試したいことがあって、今から楽しみデス。Zatiさんも時々コミュに顔を出してくださいね!

    ではまた!

    by田舎のおじさん at2013-12-10 22:24

  26. 田舎のおじさんこんばんヮ!

    久し振りな、そして人柄の良さが伝わってくる日記楽しく拝見させていただきました。

    私見ではありますが、説明は上手くて一見仕事できそうな人は多いんですけど相手のニーズを察知するスキルが足りない人が多く、こんな人に限って気づけない状況を作り出してしまう。否定=パワハラな時代には難しい問題で、時間、コストの制約によるコミュニケーションエラーによく遭遇してます。人間死ぬまで相手の気持ちを知ろうとする心は忘れてはいけないと思います!なんて少々愚痴っぽくなってしまいましたが、よく知らない人同士が意見をぶつけ合うなんてまず無理かと思いますがどうなんでしょうネ?

    さてさて、
    DG-58が年内導入とはこれまたワクワク感溢れるお話で(*^o^*)
    DG-48もさることながらDG-58は興味津々
    今後も楽しみにしております。


    ではまた!

    byMagicMusic at2013-12-13 19:22

  27. MagicMusicさん、レス有り難うございます。

    さて、本来なら「見ず知らず」のまま交わる事無く終わるはずだった者同士が、オーディオという趣味を通じて知り合い、最初はほんの少しの交わりに過ぎなかった事が、段々と密な交わりへと変貌を遂げる。。。

    本編でも書きましたが、これが「縁」。しかしMagicMusicさんも仰ったように縁があってもコミュニケーションエラーが存在すればそこで、せっかくの「縁」も終わり、、、互いが互いを真摯な気持ちで知ろうと努力してこそ真の人間関係が構築出来るのでしょう。

    そうなれば互いの意見を真っ正面からぶつけ合う事になっても、いがみ合いや、罵り合いには発展しないと確信しています。

    これからもオーディオという趣味を通じて出来上がる何かを常に大切にしていきたいと思っています。。。勿論DG-58(→連休明けには納品予定)のようなコンポ達とも密なお付き合いを続けて行くつもりなんですけどネ。

    ではまた!

    by田舎のおじさん at2013-12-13 22:49

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする