yamamoto2002
yamamoto2002
オーディオ関連のフリーソフトウェアを作っています。 Amazon.co.jpのyamamoto2002さんは別人です。 楽天オークションのyamamoto2002さんも別人です。 Twitt…

マイルーム

yamamoto2002のページ
yamamoto2002のページ
yamamoto2002のページです。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

USB DAC Behringer UMC204HD

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月09日

Audio Science Review掲示板で「100ドル以下カテゴリでおすすめ(Highly Recommended)」とあったので購入。9,266円。筐体はしっかりした作り。メイン出力はTRSでバランス出力(2017年10月13日追記: TSでアンバランス出力のようです)。他にアンバランスRCAアナログ音声出力とヘッドホン出力が付いている。バスパワー駆動なので電源雑音の問題を回避し易い。

高級感のあるクリーンな音が出る。

RMAAで性能を測ると素晴らしく良い数字が出た。

オシロスコープでインパルス応答を観察するとき気付いたが高周波雑音が多めに出ている。可聴域外の帯域(100kHz以上)であり耳で聴いても分からない。4倍オーバーサンプリングという感じだ。Musiland Monitor US 02 Dragonに同様の高周波雑音が見られる。

音楽制作用に設計された装置なので再生以外の機能が幾つか付いている。Windowsは4チャンネル出力のオーディオデバイスと認識する。ヘッドホン出力が1-2チャンネルをモニターするか3-4チャンネルをモニターするかを切り替えるプッシュスイッチがついており、最初はこれ(とMIXつまみ)で音が出なくて戸惑うかもしれないと思った。

個人的には、MIDI入力が付いているのと、PCのオンボードのライン出力をプリアンプ入力(前面のXLRコンボジャック)に接続しUSBDACの音とオンボードの音をミックスして同時に聴くことができるのが便利と思った。

ライン出力のゲイン調整つまみはXLR入力のモニタースピーカーを接続したときの音量調整用だろう。

マイクプリアンプのゲインを最小に絞りPADを押し込んで有効にすることでマイク入力から入ってくる雑音は完全に消える(図2参照)

RMAA測定時はMIXつまみ、Main Outつまみを右一杯に回し、PC及び録音に使用したLynx Hiloをバッテリー駆動して測った。

Audio Science ReviewのAmirさんの言う通りUMC204HDはコストパフォーマンスに優れておりPCオーディオの入門用におすすめできると思った。

■オンボードオーディオとの違いについて

【ボリュームつまみ】 物理的につまみが付いているのは便利だ。音質面でも有利:PCのオンボードオーディオにヘッドホンを挿しWindowsのサウンド設定で音量を100段階の4や6に設定して聴くとき、小さい雑音が常時鳴る残念な状態に陥り易い。UMC204HDはボリュームつまみが付いている。PCの出力音量を100%に設定しボリュームつまみで音量を絞ることでSN比の面で有利になり、よりクリーンな音が出る。

【88.2kHz再生】 オンボードオーディオは192kHz PCM再生が可能な物でも88.2kHz PCMや176.4kHz PCM再生ができない物がある。UMC204HDは88.2kHz PCMや176.4kHz PCM再生ができる。

RMAAの結果。

図1 RMAA 周波数特性

図2 RMAA Noise level。-108dBは電圧比4百万分の1。

図3 RMAA Dynamic range

図4 RMAA THD+N

図5 RMAA IMD

図6 RMAA Crosstalk

図7 オシロスコープSDS200Aでインパルス応答を観察。流行りの(iPhoneと同じ)ショートディレイ型。リニアフェーズとショートディレイの中間っぽい感じもする。高周波雑音が乗って輝線が太くなっている。

図8 SDS200Aで高周波雑音の周波数特性を調べる。100kHz以上の帯域に雑音が発生している。耳で聴いても分からない。可聴域の雑音は図2にある通り皆無。

図9 オシロスコープPicoScope 5242Aでインパルス応答を観察。図7と同様の結果。

図10 1kHz 0dBFSの正弦波を再生。Main Out出力。PicoScope 5242Aで高周波雑音のスペクトラムを観察。周波数軸が対数になって見やすい。

Exasound E32とBehringer UMC204HDの比較記事。性能は拮抗しているようであった。
https://audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/exasound-e32-dac-review-and-measurements.1990/

2017年11月11日追記

UMC204HDのヘッドホン出力はライン出力(Main Out)よりも性能が劣る。ライン出力はハイレゾ音質、ヘッドホン出力はCD音質。ボリュームを12時よりも大きくすると歪みがさらに悪化するとのことである。
https://audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/behringer-umc-204hd-headphone-review.2013/

私は大音量派ではなく中音量派?だ。ゼンハイザーHD650接続時ボリューム9時半。高級感のあるクリーンな音が出ている。ボリューム12時は音質以前に音量が大きすぎて聴いていられないと思った。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする