mlj
mlj
なにをやっても音が変わるといえばオカルトでしょうか…

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気にいられユーザー

X0さんの画像 X0

日記

BeagleBone Black でMPD(備忘録)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年06月23日

ワンボードコンピューティングでMPDにハマってます。

Amazonで送料込み\5,980とかなりリーズナブルに
なっていたので試してみました。

ディストロはSDimageが配布されていて手軽に導入できるDebianWheezyとArchLinuxです。

まずDebian imageのダウンロード
http://www.armhf.com/から
debian-wheezy-7.0.0-armhf-3.8.13-bone20.img.xzをダウンロード

SDカードへの書き込みはターミナルからコマンド
xz -cd debian-wheezy-7.0.0-armhf-3.8.13-bone20.img.xz > /dev/sdX

後はsdを差し込んで電源を投入すると起動します。
openSSHはデフォルトで起動しているのでnmapで捕捉します。

SSHにログインした後はまず
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

MPDに必要なものをインストール
sudo apt-get install alsa-utils mpd nfs-common

マウント用フォルダ作成
sudo mkdir -p /mnt/music

マウントの確認
sudo mount -t nfs -o rsize=8192,wsize=1024 192.168.1.***:/home/*****/Music /mnt/music

マウントの確認ができたらシンボリックの作成
sudo ln -s /mnt/music /var/lib/mpd/music

MPD設定変更
sudo nano /etc/mpd.conf
#bind to address
audio_output {
type "alsa"
name "My ALSA Device"
device "hw:1,0" # optional
# format "44100:16:2" # optional
# mixer_device "default" # optional
# mixer_control "PCM" # optional
# mixer_index "0" # optional
}


IPアドレスの固定
sudo nano /etc/network/interfaces

起動時にサーバーの共有フォルダーをマウント
sudo nano /etc/fstab
192.168.1.***:/home/*****/Music /mnt/music nfs rsize=8192,wsize=1024,_netdev 0 0

好みにもよりますが、dmixを変更したほうが良い場合もあります。
sudo nano /usr/share/alsa/alsa.conf
defaults.pcm.dmix.rate 44100
defaults.pcm.dmix.format S32_LE   #"unchanged"

音は電源にもよると思いますが、しっかり系のクリア系と言った感じです。

追加MPDを17.4へupdateしてみます。

開発環境をインストールします。
# apt-get install build-essential libglib2.0-dev

git(ソースコードのダウンロードツール)をインストールします。
# apt-get install git

作業ディレクトリに移動。
# cd /usr/src

MPDのソースコードをダウンロードと解凍
#:/usr/src# wget http://www.musicpd.org/download/mpd/stable/mpd-0.17.4.tar.bz2
#:/usr/src# tar xvjf mpd-0.17.4.tar.bz2

インストール済みMPDのアンインストール。
#:/usr/src# apt-get remove mpd

aptのsources.listにソースコードのレポジトリ(deb-src)の有効化。
#:/usr/src# nano /etc/apt/sources.list
# deb-src http://ftp.us.debian.org/debian/ wheezy main contrib non-free
deb-src http://ftp.us.debian.org/debian/ wheezy main contrib non-free

#:/usr/src# apt-get update

MPDライブラリのソースコードをダウンロード。
#:/usr/src# apt-get build-dep mpd

ソースコードからMPDを作成します。

#:/usr/src# cd mpd-0.17.4
#:/usr/src/mpd-0.17.4## make clean
#:/usr/src/mpd-0.17.4## ls
aclocal.m4 config.guess configure depcomp install-sh Makefile.in NEWS src
AUTHORS config.h.in configure.ac doc m4 missing README test
autogen.sh config.sub COPYING INSTALL Makefile.am mpd.service.in scripts UPGRADING
#:/usr/src/mpd-0.17.4# ./configure
(略)
MPD is ready for compilation, type "make" to begin.

#:/usr/src/mpd-0.17.4# make install
(略)
make[1]: Leaving directory `/usr/src/mpd-0.17.4'
#:/usr/src/mpd-0.17.4#


MPDが起動スクリプトから起動するようにシンボリックを張る。

#:/usr/src/mpd-0.17.4# whereis mpd
mpd: /usr/src/mpd-0.17.4/mpd.service /etc/mpd.conf /usr/local/bin/mpd
#:/usr/src/mpd-0.17.4# ln -s /usr/local/bin/mpd /usr/bin/mpd

「playlists」ディレクトリを作成します。
#:/usr/src/mpd-0.17.4# mkdir /var/lib/mpd/playlists

#:/usr/src/mpd-0.17.4# /etc/init.d/mpd start


次はArchLinux
ArchLinuxARMにしたがってインストールします。
http://archlinuxarm.org/platforms/armv7/ti/beaglebone-black

注意点はSDスロット近くにあるBootボタンを押しながら電源投入すること。
結構面倒なので、DebianのuEnv.txtと差し替えるとボタンを押す儀式から開放されます。(弊害があるかは不明デです)

起動したらSSHでuser root pass rootでログインします。

Pacmanのupdate
# pacman -Sy pacman

MPD関連のインストール
# pacman -S alsa-utils cifs-utils mpd
※NFSで接続できない現象があったのでcifsで接続です。

# systemctl enable mpd

userの追加、パーミッション変更
# useradd -m -g audio mpd
# chown -R mpd.audio /var/lib/mpd

MPD関連のフォルダー、ファイル作成
# mkdir -p ~/.mpd/playlists
# cd /var/lib/mpd
# touch mpdstate
# touch mpd.db

マウントポイントの作成
# cd /mnt
# mkdir music

fstabをcifsで接続するように編集します
# nano /etc/fstab
//192.168.1.***/Music /mnt/music cifs username=*****,password=**,uid=mpd,file_mode=0644,dir_mode=0755,iocharset=utf8 0 0

後はAndBox44同じように設定します。
音は高解像度系でwheezyとはかなり印象が違います。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする