ちょびの飼い主
ちょびの飼い主
いわゆるハイファイな音が好きな、オーディオ歴10年の文系SEです。 近年、マイホーム購入・結婚・長女誕生と人生のイベント目白押しでオーディオ資金が枯渇する中、10年計画でシステム構築を目論んでま…

マイルーム

白と黒の憩いの場
白と黒の憩いの場
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~100型 / ~5.1ch
・2012年6月時点のシステム構成 CDT:Esteric P-03 DAC:Esteric D-03 プリアンプ:LUXMAN C-800f メインアンプ:LUXMAN L-509fSE…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

無償ルームチューニング

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年05月05日

先週、サーロジック 村田さんが無償ルームチューニングの為、我が家にお越しになりました。

まず私の嗜好、システム現状をお伝えしました。

・音の好みは高解像・ワイドレンジで、現状の方向性については満足している。この傾向をより向上させたい。
・低域がやや腰高なので、重心を下げたい。
・SPパネルと和心を使っているが、設置状況に問題・改善点はないか。
・600mmのLVパネルが2枚余っているのでサイドパネルに流用したい。bassoの効果も試してみたい。

その後、3曲ほど聴いて頂きました。

曲が終わるたびに、「うん、まぁいいんじゃないですか」と言っていただきました。
「全然ダメ!」と言われることも覚悟していたので、取り敢えずはホッと胸を撫でろします。

「和心の位置が前過ぎけど、音にはそれ程違和感がありませんね。」
「高音も低音も綺麗に広がってますね。このスピーカーの特徴ですね。」

村田さんはルームチューニングでプラチナムの音を何度も聴かれているようで、
このスピーカーの評価はかなり高いようでした。特にウーファーユニットは気に入っているようで、
自作スピーカーにこのユニットを使おうと思っているとのことでした。

その後、村田さんが「どの曲を聴いても低音のキャラクターが似ていますね」と
辺りを見回し、正面の壁を軽くコンコンと叩いて、「これですね」と犯人を特定。

「この壁の振動が低音を構築している、量感が出てそれはそれで悪くはないが緩くなりがちでは?」とのことでした。

低音のキャラクター(音色)までは気になったことはありませんが、前面の壁が盛大に振動していることは知っていたの、
やはりここが今後の改善点であるという問題意識を持つことが出来ました。

ちなみに床はほとんど振動していないとのこと。
ウェルフロートボードの上部下部に触れて、ここで振動が遮断されていることが確認されていました。


対策方法を伺うと「やはり壁の強度を上げること。定在波パネルまたはLVパネルを裏向けて設置することでかなり改善できる」との回答。
車にパネルがあるので試しますか?と仰っていただきましたが、総重量250kg超のラックを動かす勇気がなかったため、サイドパネルとbassoだけお願いしました。

・サイドパネル (300mmのパネルを足して900㎜にして使用)
音の広がりがだいぶ向上しました。
サイドパネル無しだと視聴位置から160度くらいだったのが、サイドパネルを足すと180~200度位まで広がったように感じます。

・basso (貸出機が全部出払っている為、300mmのLVパネルで代用)
音場の底が上側のウーファーユニットだったのが、下側のウーファーユニットまで下がりました。
ソファが低めでスピーカーとの距離も短いために、やや見上げる感じになっていたのが、
目線の位置で音場が広がるようになり聴き易くなりました。

サイドパネルとbassoを取り入れることにより縦方向(下)、横方向(左右)に音場が広がることに伴い、解像度が増し音数が増えたように感じることが出来るようになりました。
気が付くと、現状の音質を向上させつつ音場の重心を下げたいという希望通りの結果になっていました(笑)
このコミュでも村田さんのことは日記で拝見していますが、いざ目の当たりにするとスゴイの一言ですね!

問題点の認識や、その対策の方向性を定めることができ、とても有意義な体験をすることができ、村田さんに感謝です♪

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ちょびの飼い主さん、おはようございます

    長文、おつかれさまです。

    まさに無償ルームチューニングの常道です。
    村田さんは音楽全体の鳴りを確認されながら冷静にユニットの音を
    聴き取られています。
    Accuton系のユニットは低歪で特に評価が高いです。

    正面壁を含め壁の振動はなかなか止まりません。
    拙宅では正面に90kg近く、後壁に60kg程度の重し&パネルの裏側設置
    を行なっていますが何もしないよりは在ったほうが良い程度で、
    定在波吸音パネルを設置すると別物に変わりました。

    サイドパネル+Gallery basso(300)の効果も感じられた通りです。
    一時LV300で代用していましたが、本物では低音の重心が更に下がります。
    貸出パネルが貸出可能になりましたら再確認されてください。

    と、全肯定のレスになりましたが、本当に ハズレ が無くて謳い文句の
    通りになりますので... 礼賛の言葉しかありません。

    ハードはもう申し分のないご様子ですし、あとはルームチューニングで
    追い込まれるのが吉かと思います。
    目標の音に向かってラストスパートですね! ^^

    byKurashiki at2013-05-05 06:32

  2. Kurashikiさん、こんばんは。

    今回はKurashikiさんの日記のおかげでルームチューニングの機会を逸しないで済みました。ありがとうございます♬

    正面壁は村田さんからはLVパネルでも十分対応出来ると言われましたが、定在波吸収パネルの完成品も気になりますね。

    今回の無償ルームチューニングの結果を道標に頑張ろうと思います。

    byちょびの飼い主 at2013-05-07 00:55

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする