VOTTA7
VOTTA7

マイルーム

ALTEC A7改
ALTEC A7改
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~120型 / ~7.1ch
システム環境 メインスピーカー  ALTEC A7改 511B+802D×2 416A +TANNOY ST-200 プリアンプ  McIntosh C22(復刻) SANSUI C-23…
所有製品
  • カートリッジ
    ORTOFON SPU#1E
  • BDプレーヤー
    PIONEER BDP-LX88
  • AVアンプ
    MARANTZ AV8801
  • CDプレーヤー/トランスポート
    SOUND WARRIOR SWD-CT10
  • パワーアンプ
    TRIODE TRV-P845SE

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り製品

日記

トルク管理 スピーカー編

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月18日

以前の日記を調べたら A7のウーハー 416Aをリコーンしたのが2012年5月。
7月に増し締めしてからもう6年も経っていた(^^;

ウーハーユニットの増し締めは後ろから16本の木ネジで固定された裏板を外さないと出来ない(-_-;
スピーカーのセッティングを崩すのはあまりしたくなかったが、アコスさんに先を越されてしまい重い腰を上げた(笑)

A7のエンクロージャーは米松仕様。

米松は非常に柔らかく裏蓋の木ネジは強く締め付けるとめり込んでしまう(^^;
ウーハーは4カ所の鬼目ナットと(+)ネジで固定。

416Aのガスケットはオリジナルを重視してコルク仕様なので過度な増し締めは米松の板とコルクを押し潰しトルクが均等でないとユニットを撓ませることにもなる(^^;

水平の状態での固定なら手の感触による均等なトルク配分はそれほど狂うことは無いと思うが、垂直に取り付ける場合は38cmウーハーユニットの自重も加わると感触だけで均等なトルクを掛けるのは難しい。

まずは180cN・mで締めてみると数度回るが大きく緩んでいる所はなかった。
(+)ネジなので強いトルクを掛けるとネジ山をつぶしてしまいそう。
キリのいい200cN・mで増し締め。
次は何時やるかわからないがこの数値を基準にスタート。

センタースピーカー(MODEL 938-8AE)

これは中古で手に入れまだ固定ネジを触ったことが無かったが部分的に30°程回るところがあった。

こちらは前面から8本の(+)ネジで固定されているのでトルク管理は楽だ。
エンクロージャーはMDF?
こちらも200cN・mで増し締めしてみる。

再生音の変化は正直分からない。

一度セッティングをチャラにしたんだからしょうがない(^^;

A7のような大型スピーカーは移動したら自重でその場所に落ち着くまで時間がかかる。

だが....

均等なトルクで固定した安心感は絶大。
常に新しいものを追っかけて翻弄されるよりも健全で安上がりに充実感が味わえる(笑)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. そーですよね VOTTA7さん


    》》均等なトルクで固定した安心感は絶大。 常に新しいものを追っかけて翻弄されるよりも健全で安上がりに充実感が味わえる(笑)

    緩む事は既成の事実ですし、それも均等には緩みませんから… これを正常に戻すのは至極真っ当な事ですよね。。

    まぁー私の場合は駄耳ゆえ、気分90%のブラシーボ効果満載ですが(笑)1歩でも前進することは良い事と思っていますよ。

    こう言うのが「基礎」ですから高い物品を買って自己マンするより、目の前改修を勵むべきでしょうね。


    4429も緩んでいて、それも緩み方はバラバラ…… ボルトは+ 。 レンチの締めは軽~い力でもしっかり締まる。

    トルク管理も出来てイィ感じ(笑)

    そして「均等」は大切な事だなーと実感。


    お疲れ様ーーでした (^o^)/

    byアコスの住人 at2018-04-19 13:51

  2. アコスさん、こんばんは。

    4本の固定ネジの増し締めのために16本の木ネジを外すのに躊躇していました。

    因みに木ネジでのトルク管理はせず軽く止めています。
    過去何度も外しているのでネジ穴がバカになってきている(笑)

    byVOTTA7 at2018-04-19 21:59

  3. ヴィンテージスピーカーならではですね。VOTTA7さん。
    私のLancer101の場合も同様に、と言うかもっと貧弱な、チョット厚めな積層合板に4ヵ所で固定されているだけ。
    幾ら14インチユニットとは言え、もう少しキチント止めて欲しい~と思うのは、私だけでしょうか?
    しかし、VOTTA7さんのA7の場合、15インチしかもかなり重そう、ひとりでよくやりますよねぇ~。
    外して床に置くだけでも、アーアー、、、、根性あり過ぎ(゚д゚)!

    私の場合、締め過ぎて破損。
    修復が大変でしたね。

    BBより

    byブルースブラザース at2018-04-19 22:23

  4. BBさん、こんばんは。

    416Aの写真はリコーンした当時のもので今回は外していません(^^;
    そんな危険は冒せない(笑)

    装着時は二人で行いましたが非常に神経使いましたねー。

    A7は箱鳴りをうまく利用して再生するスピーカーだと思っています。

    byVOTTA7 at2018-04-19 22:55

  5. 球アンプに限らず増幅器は、総合芸術ですね(^^♪
    完全自作出来る真空管アンプは、球のみに限らず出力トランスやCやRの素材でも音色は変化。
    だからこそ自作アンプは楽しく、ハマってしまいます。
    そして相性もある。

    BBより

    byブルースブラザース at2018-04-20 21:47

  6. 再レスありがとうございます。

    オーディオはスピーカー、アンプ、プレーヤーと音源の組み合わせを少しづつ細分化して自分好みの再生表現を探していくものと考えています。

    私の場合は細分化しすぎかもしれませんが(笑)

    基本システムが落ち着いてくると好みの方向も分かりやすくなりちょっとした工夫で古いシステムでもとても新鮮な音色が出てきたりすると楽しく、ハマっちゃいますね。

    オーディオを飽きずに長くやるには弄れるところを沢山持ったシステムにすることかな(笑)

    byVOTTA7 at2018-04-20 23:21

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする