VOTTA7
VOTTA7

マイルーム

ALTEC A7改
ALTEC A7改
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~120型 / ~7.1ch
システム環境 メインスピーカー  ALTEC A7改 511B+802D×2 416A +TANNOY ST-200 プリアンプ  McIntosh C22(復刻) SANSUI C-23…
所有製品
  • カートリッジ
    ORTOFON SPU#1E
  • BDプレーヤー
    PIONEER BDP-LX88
  • AVアンプ
    MARANTZ AV8801
  • CDプレーヤー/トランスポート
    SOUND WARRIOR SWD-CT10
  • パワーアンプ
    TRIODE TRV-P845SE

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

日記

さらばARCTURUS 2A3

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月27日

KR845シングルアンプのドライバー段のARCTURUS使用でご機嫌に鳴っていたのも束の間片チャンネルからハムのようなノイズが出るようになる。(^^;

バイアスを調べても変化はなく前段の球が怪しいと眺めていると片方の2A3の2極あるフィラメントの1つが消えていた(-_-;

波乱万丈のオーディオライフ(笑)

以前KR2A3でも同様の状態になっていてO'Audiさんが検証してくれたが今回はフィラメントが切れる前のuTracer3+でのデータもあるので比較できる。


フィラメントが片方断線→フィラメント(カソード)の半分が機能せず→エミッション減少


フィラメントが片方断線した状態で音がどう変化するかSV-S1616Dに換装してみたがノイズで試聴できるレベルではなかった(^^;

結局1年程度の使用で終わってしまったが時代と共に消えていった70年前のARCTURUS 2A3の音色を聴けただけでも貴重な体験だった。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. VOTTA7さま

    おはようございます。

    いつも貴重なデータを投稿して頂いて、大変勉強になります。
    フィラメントが半分しか機能していない→エミッション量が半分に→Iaも半分に、という理屈なのですね。

    同じくフィラメントの片方が切れたKR2A3では、Iaが半分以下に(大幅に)減少していたので、ARCTURUS 2A3とは構造などが違うのですね。
    (アップして頂いたARCTURUS 2A3の写真を拝見する限りでは、2本の真空管をパラレル接続した様な構造に見えます...)
    大変興味深いです。(^^)

    > 時代と共に消えていった70年前のARCTURUS 2A3の音色を聴けただけでも貴重な体験だった。
    仰る通りですよね。「今だからこそ聞くことができた(10年後には聞くことができない)貴重な音」ですね...

    O'Audi

    byO'Audi at2020-03-28 10:29

  2. O'Audi様

    片側のフィラメントが切れることなんてKR2A3での検証が無ければ原因究明にもっと時間が掛かっていました。
    ドライバー段の使用ではノイズだけで音はちゃんと出ていましたからね(^^;

    まさにO'Audi様、uTracer3+さまさまです!
    創って頂いた2A3用変換アダプタで更に次のステップに進みますよー(笑)

    byVOTTA7 at2020-03-28 21:28

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする