VOTTA7
VOTTA7

マイルーム

ALTEC A7改
ALTEC A7改
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~120型 / ~7.1ch
システム環境 メインスピーカー  ALTEC A7改 511B+802D×2 416A +TANNOY ST-200 プリアンプ  McIntosh C22(復刻) SANSUI C-23…
所有製品
  • カートリッジ
    ORTOFON SPU#1E
  • BDプレーヤー
    PIONEER BDP-LX88
  • AVアンプ
    MARANTZ AV8801
  • CDプレーヤー/トランスポート
    SOUND WARRIOR SWD-CT10
  • パワーアンプ
    TRIODE TRV-P845SE

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

お気にいられユーザー

日記

音の良い12AX7(ECC83)のカーブ特性  

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月21日

アンプビルダーから見れば本来設計、電源、トランス等々パーツの吟味と配列、更に手技で音質が決まるもの。
理詰めで製作したアンプの音が増幅管1本換えた程度でそんなコロコロ変わってたまるかよ!という思いがあると思う(^^;

真空管の選別で音の良し悪しを云々するというのは邪道かもしれない。
しかしμTracer3+によって主観的評価だったものが特性データとして証明してくれた。

真空管フォノイコライザーアンプ(TRV-EQ3SE)の4本の12AX7を換えることで音が変わる事を体験して以来数多くの12XA7を試聴してきた。
試聴を繰り返すうちに換装後エージング無しにすぐに良い音が出る球があることを経験する。
当時はそのブランドの音として評価していたが....

以前双極アンマッチ管として松下12AX7の特性を紹介した。
TRIODE TRV-88SEでの試聴では数値のアンバランスさは無く力感があり気持ち良い再生音が印象的。

この特性に似た球はTRV-EQ3SE/A.k premiumの測定時でも確認していた。

聴感で最良の組み合わと選んだ中の1本。

松下12AX7程ではないが一般の球より2倍増しの測定値だ。
この球は既に10年以上は使っていての数値と考えれば当初は松下並みだったかも。
ただ4本中の1本の特性だけで音が良いとは言い切れない。

12AX7(ECC83)といえばMC275の前段1本に使った時の衝撃体験がある。

「再生される音楽の雰囲気、出音から違う。 次々にディスクを変えて聴き続け、もう寝なきゃと思っても止められない位の音。」

この球は現在も使っておりμTracer3+ で測定してみた。
Mullard ECC83

プレート電圧(Va)を連続的に変化させた時のIa

コントロールグリッド電圧(Vg)を連続的に変化させた時のIa

ヒータ電圧(Vh)を連続的に変化させた時のIa


これが真空管の選別にのめり込むきっかけになった球の特性だ(笑)

松下のカーブとよく似ているではないか。
ヒータ電圧を変えた時のIaのグラフで6.3V付近からの立ち上がりの鋭さ。
これが音質にかなり影響しているのか?

ここまで他の球と測定カーブが違っていれば一聴しただけでその変化は聞き取れるだろう。
この球も既に10年以上使っていることを考えれば当時の体験は納得できる。

12AX7(ECC83)の選別でこのμTracer3+の測定カーブは重要な指標となる。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. VOTTA7さん こんばんは

    このグラフを見ているとトランジスタやFETの出力特性図を思い出し
    ますね
    特性の良い(音の良い)半導体は立ち上がりが急カーブでスパッと
    立ち上がり、音の悪いと言われている物は「なだらかに」立ち上がり
    ます
    真空管も同じなのかな?と思いました

    byプリマ at2020-05-21 22:14

  2. プリマさん、こんばんは。

    理論的なことは分かりませんが、μTracer3+のおかげで自分の好みの音が測定データとしてみることが出来ました。

    今後も測定データと音質の関連性を探したいと思います。

    byVOTTA7 at2020-05-21 23:40

  3. VOTTA7さん

    真空管はメーカーや型式で音が違いますが、VOOTAさんのように
    何か手がかりになるデータと聴感をまとめられたのは少ないと
    思います。
    仮説を信じて測定しまくって下さい、でもたくさんの真空管を
    測るのはコストがかかりそうですね。

    私は半導体アンプを自作しています。
    ある程度音の良いトランジスターやFETは存在ます。特性の傾向は
    ありますが必要条件だけで、最終は聴感みたいです。
    ある方が相当な種類のトランジスターを測定して傾向をみようと
    思いましたがどの特性とも相関はなかったそうです。
    でも音のよいトランジスターを見つけられ、だまって試して下さいと
    薦めているトランジスターがあるの愛用しています。

    byマイペース at2020-05-22 16:31

  4. マイペースさん、こんばんは。

    1ロットで大量生産する増幅管で基準値を満たさないものがあるのと同等に基準値以上のものもあるのだと思っています。

    実際には測定しないと分からないですが、譲り受けたμTracer3+を最大限に活用していきます。
    測定のために球を調達するのは大変ですが宝さがしみたいなもので楽しんでます(笑)

    byVOTTA7 at2020-05-22 21:46

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする