X0
X0
2008年3月に専用シアタールームを構え、 アニメ視聴を中心にのんびりAV趣味を楽しんでいます。 ゲームや音楽、映画鑑賞もたまには堪能しますが、 基本はTVアニメ編集(鑑賞)が主体です。 …

マイルーム

ブラックルームが進化したx3(2013年6月)
ブラックルームが進化したx3(2013年6月)
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / ~4ch
2008年3月に新築した際に設けた約24.3畳のオーディオ・シアタールームです。 室内施工は[:URL=http://www.next-yk.co.jp/:]NEXT様[:/URL:]による『ブラッ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

シアター#058~200インチは伊達じゃない!EMC設計デモスペースのご紹介(2/5)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年04月21日

こんにちは、X0です。

今回は前回に続いて、愛知県豊橋市にある
EMC設計様リビング&デモスペースについて紹介します。
 (2012年の2/11(土)のイベントの際の模様と感想や詳細についてです)

EMC設計様はEMC対策済みの電源工事を始め、
シアター施工AV機器の販売全般、
三管PJの設置、調整、改良まで手がける
非常に職人気質の高い会社です。

(オーディオ・ビジュアル以外では病院や研究関連など
 重要な施設でも電源工事を手掛けられるそうです。)

私は2008年3月のブラックルーム新築や施工の相談、
2011年11月のブラックルーム改装工事など
様々な面でお世話になっています。

今回はリビングスペースの機材関係について
それなりにご紹介したいと思います。

リビングスペースの主役
WILSON AUDIO SYSTEMー6(売約済)のR側です。

どうやらマジックテープが無いタイプ(?)らしく、
非常に外観も綺麗で、光沢具合が美しいです。

背面側から1枚。

おお~WATT部分ってかなり前のめりになっているんですね。
これまた美しいフォルムです。
SPケーブルは・・・むむ、BELLTECH 201でしょうか?確認し忘れてました

SYSTEM-6の左スピーカーと
スーパーウーファーのCARVIN TRx118N(EMCTune)です。
TAOCのオーディオボードとスパイク&受け皿で
きっちり足固めもしてあります。

CARVIN TRx118Nはパッシブ型の(別途パワーアンプが必要な)
PA用のスーパーウーファーで、CLASSIC PRO V4000(EMCTune)で
駆動させているようです。

なんでも、より軽く速い(瞬発力のある)
ウーファーを使いたい!との方向性で導入したそうです。

CARVIN TRx118Nの背面の入力端子です。

代表のhiroshi様によれば
低周波の信号のみを送るため、コストパフォーマンスを考え
EMC電源工事に使う電線を加工してウーファー用ケーブルとして
使用しているそうです。

端末もメッシュ保護もきっちりしているので、
非常に高級なケーブルに見えますね~。
(「EMC design」のロゴシールも付いていてとても上品。)

リビングスペースの機材類です。

CDトランスポート WADIA 270
BDプレイヤーPioneer BDP-LX54OPPO BDP-95、OPPO BDP-93に
BELLTECH PW-2DA-2(※写真上段中央、上段右)など
ハイエンドマシンが揃っています。おお~壮観ですな。

角度を変えてもう一枚

下段右下の銀色のアンプが先程取り上げた
CLASSIC PRO V4000EMCTune)みたいです。

PANしている場面だったので、映像がブレてますが、
PIONEER KRP-500M
Fate/Zeroの第2話が流れてましたのでパチリ。

BS11放送版を録画したBDで再生していたようですが、
これは・・・凄い。映像(黒色)の締まり方がきっちりしていて、
それぞれの色が独立して発色しているような抜けの良さを感じました。
EMC電源の効果も大きいのでしょうね・・・KURO、いいなぁ~。

前回ご紹介したリビング入口に置いてあった
棚から頂いたカタログ群です。

ちょっともらいすぎでしたが、
TAD、TAOC、Stewartなどのカタロクが頂けて
非常に参考になりました!EMC設計様に感謝です。

写真は前回ご紹介した
リビングの防音ドアを開けた状態です。

数メートルのエントランスを抜けて、
その奥に見える防音ドアを『開き』、
さらにもう1枚(!)ある防音ドアを『押す』と・・・
 (つまり奥の防音ドアは2枚重ね)

EMC設計様の真骨頂
200インチスクリーン完備の巨大デモルームへ!
と、写真が掲載しきれないので、続きは次回。


今回はここまでです。
お付き合い頂きありがとうございました。

次回はいよいよ
EMC設計様のデモスペースを紹介したいと思います。
では、また

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする