X0
X0
2008年3月に専用シアタールームを構え、 アニメ視聴を中心にのんびりAV趣味を楽しんでいます。 ゲームや音楽、映画鑑賞もたまには堪能しますが、 基本はTVアニメ編集(鑑賞)が主体です。 …

マイルーム

ブラックルームが進化したx3(2013年6月)
ブラックルームが進化したx3(2013年6月)
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / ~4ch
2008年3月に新築した際に設けた約24.3畳のオーディオ・シアタールームです。 室内施工は[:URL=http://www.next-yk.co.jp/:]NEXT様[:/URL:]による『ブラッ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

AV機器#094~BDZ-ET1100ディスクドライブの修理

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年08月04日

こんにちは、X0です。

今回は2016年8/14(日)に行った
BDレコーダー : SONY BDZ-ET1100の修理作業を
紹介します。

いつものHDD→BDへのダビング作業中に

BDレコ本体から「カンカンカンカンカン・・・!」と異音が大発生。

原因究明のため、

本体フレームをご開帳。

中身はいたってシンプル。
HLD-X0とかP-0s、HR-2000みたいな超ド級マシンの時代が懐かしいです。

ディスクドライブのカバーを外すとそこには、

あれ、なんにもないですよ。
外したカバー側かな?

あ、ラベルシールの残骸発見。
これか~。

内部の掃除をしてから蓋を閉じて

元通りにしました。
(ついでにBSデジタルアンテナの受信レベルを再調整)

これは気をつけないと、
危なかった。


今回はここまでです。
お付き合い頂きありがとうございました。

次回は
BDレコーダー SONY BDZ-ET1100の修理作業を紹介したいと思います。
では、また。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする