タグボ~ト
タグボ~ト
オーディオに初めて興味を持ったのは30年ほど前の 中学生の頃でした。 当時はFM雑誌のFM-fan誌を夢中になって熟読していたのを 覚えています。 所有機器は中古のものが多くなってしまいま…

マイルーム

何の変哲もない8畳間。
何の変哲もない8畳間。
持ち家(戸建) / その他 / その他 / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
恥ずかしながら、自室を公開します。(^^; 正方形の8畳洋間ですが、床の剛性は弱く、しかも少し傾いています。 築40年ほどの中古住宅ですが、北側が10メートルほどの高さの間知積み (今は既に…
所有製品
  • スピーカーシステム
  • スピーカースタンド
    THE J-1 PROJECT STD60シリーズ
  • CDプレーヤー/トランスポート
    ACCUPHASE DP-11
  • スピーカーシステム
    DIATONE DS-66Z
  • プラグ/接点保護
    ORB HP-32P

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

日記

復活のビクター(と僕)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月15日

こんばんは。タグボ~トです。
またまたご無沙汰してしまい申し訳ありません。。。
復活しますと書いたのが一昨年の2月、しかもその一度書いたっきりで
またもや長い冬眠に入っていました。(大汗)

強烈に忙しかったのと、会社のサイトの文言書いたりそのメルマガやブログも
書いたりで文字ばっっっっかり書いていたこと、あと営業もしたりで家に
帰っても抜け殻状態でした。(^^;
とりあえず、面接のときに言われた大ボラを見抜けなかった僕が
イカンかったのですが。(-_-;)
あんな人が社長やってるんだなあとある意味衝撃的でしたね。
・・・というわけでまた転職しました。(笑)
また今回も忙しいほうに入るような職種ではありまして、業種的には新卒で入ってから
10年以上経験がある業界なので、何とかやっている状況です。


前置き(という名の愚痴)はこのぐらいにしまして、オーディオの話です。

システムはその後大幅な変化が起きています。
これが現在の接続表です。(マイルームの画像と同じもの)


昨年5月上旬に断捨離第二弾を断行し、かなりのスリム化をしました。

大きなところではパワーアンプのサンスイB-2105MOS VINTAGEを売却しました。
どうするかかなり迷ったのですが、AU-X1111のほうが好みだったことが大きいです。

また、僕のシステムでB-2105は高域を非常に綺麗に繊細に表現するので
アコースティックギターをSB-M01で再生すると絶品でしたから、
クレイグ・チャキーコのアルバムの再生専用となっていた時期がありました。
しかしながらそれだけのために35キロ級のアンプを2つ置いておくのも
構造の弱い古い家の2階ですし、熊本県で大きな地震もありましたし、
ちょっと怖いなあというのもありました。
(まあ、ラックにスペースが空いたのでまた別の機器を入れることにも
なるかもしれませんが(^^;)

手離したらもうほぼ買えないでしょうし、断腸の思いでしたが思い切って売ってしまった、
という感じです。


さらに昨年7月には断捨離第三弾を決行し、CM-1000も売却しました。

その他にも手放したものがいいくつかありますので追々書いていきます。


あとは、昨年春にパイオニアの古いアンプを某オフで偶然発見し、
その場で衝動買いしてしまいました!特に探していたわけでもないのですが・・・。
これもまた記事にしますね。


オフ会もかなり皆さんたくさんされているようで、僕もレポが残っている
(って前も書きましたが・大汗)ので記事にします。

この辺でしっかりキッチリ再開させないとオオカミ少年じゃなかった
オオカミオッサンになってしまうのでどうにかしたいですね。(大汗)


昨年のGW頃に復活の画策を始めていまして、同じ頃にAU-X1111の件で盛り上がって
いるところを見つけましてお話に混ぜていただきました。
その節はありがとうございました。
そのタイミングで復活するつもりだったのが、転職のタイミングと重なってしまった
という感じです。(大汗)

あとは確か、中国の偽物コピー品サイトかなんかの記事にマジギレコメントを
付けたような覚えが・・・。(笑) もう削除されてるようですが。


それからタイトルの、祝!ビクターブランド復活!
http://www.phileweb.com/news/d-av/201703/14/40732.html

いやもう本当に、あのマークと言い、オーディオブランドとして無くしたらダメですよね。
JVCだけにすることになったときは何をトチ狂ったのかと思いました。
商品展開としてはJVCも残しつつケンウッドとビクターの三本立てにして、それぞれの
役割分担も明確にしていくようです。
個人的にはホームオーディオに力を入れてほしいところですけど、モバイルオーディオと
ホームオーディオの融合、ビギナーとマニアの融合などということも
重視しているようなので、どんな商品展開になるのか期待と不安が半々ですかね。(笑)


こんな感じで、ゆる~い進行になると思います。
またもや復活ですみませんが、またどうぞよろしくお願いします。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. タグボ~トさん、お久しぶりです^^

    RIRAです

    雪解けの季節、
    そんな気分の変化はいいですね~(^_^)b

    コミュのみなさんは、いつも変わらずいい意味でマイペース。タグボ~トさんが帰ってきても違和感ないと思いますよ~。

    まー、無理なく自然に書きたい文章内容・量・タイミングで行きましょう

    byRIRA_ at2017-03-15 09:45

  2. RIRAさん、こんばんは!
    ご無沙汰しております!
    冬眠中もコミュの記事を読む程度はしていたのですが、
    なかなか書き込めず・・・、といった感じでした。(^^;

    これからもマイペースを維持しつつ(笑)、ぼちぼち参加させてもらいます。
    また引き続きよろしくお願いします!

    byタグボ~ト at2017-03-15 22:02

  3. 色んな事があったミタイですね。 人生、山アリ谷アリですから、前向きに頑張りましょう (^_-)-☆  私には山は来るのだろうか? (笑)

     まぁ- お元気そうで 何よりです。 身体が元気じゃないと何も出来ませんからネ。  

     Victorはいつの間にかJVCへと変わって仕舞ったんですね。 と言っても「今、何あるの?」って感じですね。  自分にはプロジェクターとムービーカメラしか思いつきません。  ここもアナログ時代にはトップランナーメーカーでしたがデジタルの台頭とともに消えて仕舞ったブランドに成りつつあります。   Victorはオーディオブランドとしては名が通っており、一般人にも十分浸透していました。 JVCへの改名は世界ブランドへの統一と言う趣旨も分からんでもないが・・ 国内では逆にマイナス効果ですよね。 JVC?? が一般人の捉え方ですから。 

     とは言え、プロジェクターもムービカメラもJVC製を使っています私 (^^)/  統合やファンドも生き残る為には「止むを得ない」事実なんでしょうね。 

    Victorは90周年との事。 おめでとうございます!  周年記念で思い出したのがHMV! 95年にシリーズが誕生していました。  タグさんはまだお持ちなのかな? SX-V1 うちはマダマダ現役です(^^♪   90周年で何をするか分かりませんがオーディオ部門は期待出来ませんね。 プロジェクターのZ1が一つの答えであって欲しかったですが・・・ Victorは「3月14日に発表した頭外定位音場処理技術「EXOFIELD(エクソフィールド)」」を前面に出してきた。  プロモーションを見ても「なるほどね」程度の関心。  これだからJVCさん Victorでいられなくなったんじゃないの? (笑) 


     タグさん  またボチボチと顔出して下さいな

    アコス…。

    byアコスの住人 at2017-03-15 23:00

  4. アコスさん、こんばんは!ご無沙汰しています。
    僕の人生、性格的にもじっくりと生きたいんですが、
    激変だらけで困っています。(笑)

    ビクターのブランド消滅前に鳴り物入りで発売された
    マグネシウムコーンのスピーカーもディスコンになるのは早かった
    ように記憶しています。
    ビクターブランドがJVCブランドに切り替わっていく中でウッドコーンコンポも
    最終的にJVCに変わってしまったときは寂しかったですねえ。

    SX-V1は当然まだ持っていますよ。アレは手放しません!(笑)
    音質もたたずまいも気に入ってますからね!

    復活記事の内容には具体的な製品の紹介はまだなかったので
    不安ですね。フルサイズのオーディオ製品を期待したいんですけどね。
    また引き続きよろしくお願いします!

    byタグボ~ト at2017-03-15 23:44

  5. こんばんはw
    ご無沙汰しております。

    sansuiの1111導入の際は盛り上がって楽しかったですね。長く使用してきた機材を手放すときは寂しさが込み上げて来たことを思い出します。
    1111を残されたのにはそれなりの理由と思い入れがあってのことでしょう。
    私も1111を今も大切に使っています。
    この音を他の機材では代用できないし、満足するレベルに持っていくには相当な投資がいるでしょう。

    これからも末長く1111を愛用して下さいね!

    byケニティー at2017-03-16 01:50

  6. ケニティーさん、こんばんは!ご無沙汰しています。

    その節はどうもありがとうございました。(^^)
    とても熱くなってレスを書いた覚えがあります。

    X1111は中古購入して既に15年ぐらい経つんですが、FM-fan誌のダイナミックテストで
    読んで以来、印象に残っていた製品でした。
    濃い音質とガラス前面パネルのそこはかとない高級感が見ていても
    聴いていても飽きません。(笑)
    とーぶん(というかずっと)愛用する所存です!
    今後も引き続き、よろしくお願いします!

    byタグボ~ト at2017-03-16 22:35

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする