astir
astir
2012年に奈良から横浜に引っ越してきました。オーディオ歴は12年目。5.4畳の部屋で苦闘中です。

マイルーム

ニアフィールドで広大な音場が欲しい!
ニアフィールドで広大な音場が欲しい!
借家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
2014年1月時点での様子です。部屋を横長にしてから、左右の広がりがかなり改善されました。ルーメンホワイトにしてから、803Dよりも前にせり出している為、リスニングポジションまでわずか1.5mしかあり…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

お気に入り製品

日記

Esoteric&Dussun&LINN連合 vs 逢瀬 WATERFALL INTEGRATED180 ②

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年02月21日

さてさて、ニューカマー 逢瀬 Waterfall Integrated180の視聴記第二段です。
本格的な視聴をメモを元に書いてみます。
今回のチェックポイントは以下の通りです。

<音質>
・音場の広さ
 ルーメンホワイトの特性でもある、音場の広さをどこまで伸ばせるかです。
音のスピード、S/Nといったところが効いてきます。
・解像度
 基本スペックとして、どこまで音が聞こえるか。
これもルーメンの良さとどうリンクするかです。
・エネルギー感
 熱気や色気の元とも言えます。
 音場の広さとトレードオフになりがち、どうバランスを取るかが重要です。

<相性>
クラシック
 ムターさんのツィゴイネルワイゼン/ヴァイオリン名曲集
1曲目のツィゴイネルワイゼン。

女性ボーカル
 いつものジェーンモンハイト
1曲目、3曲目、5曲目をよく使います。

ロック
 サンタナ
漢を感じる1曲目で行きましょう。

脈絡のないCD達ですが、どれも大好きなソースです。
絶対的な音質も大事なのですが、実際のところはこちらが重要です。
高音質CDには殆ど興味が無いので、
好きな音楽がいかに気持ちよく聞けるか、新しい発見があるか、
いつまでも聞いていたいと思うかという点が重要なのです。

各項目、初期値10点×6項目=60点が基準として、点数をつけて行きます。

それでは、個別のレビューです。
①DUSSUN→LINN(デフォルト)
 我が家の基本状態です。正直言って、何の文句もありません。DUSSUN R-10iによる広大な音場とエネルギーに満ちたサウンド。中庸とはいえ、しっかりとした仕事をするLINN KLIMAX Twinに支えられ、心地よい音楽を奏でてくれます。特にDUSSUNはKLIMAX KONTROLやJEFFのChorusとも比較した為、自信を持ってよいプリだと断言できます。
音場 :10 
解像度:10 
エネルギー:10 
クラシック:10 
ボーカル:10 
ロック:10
合計:60点


②Waterfall単体
 前回の日記でも書いたとおり、本質を理解するのに時間のかかるコンポです。聞くポイントを理解するまでは、良さが中々分かりません。私の大好きなどこかのラーメン屋じゃないですが、3回味わう事で徐々に旨さが分かってきます。
 音質の特徴としては、無駄な音がなく、解像度が非常に高いのが特徴です。音の純度が高いとでも言うのでしょうか、クラシックとの相性は抜群。ムターさんが非常に上手いのは分かってたのですが、「分かってたつもり」でした。感情や想いが演奏に乗っているのが見えるようです。これは美しい!
 一方、エネルギー感、密度感には若干の不足を覚えます。ロックの熱気や、漢臭さが爽やかになってしまうのは弱点です。チャド・クルーガー&サンタナの新たな魅力といえばそれまでですが、私の求めている方向性とは少し異なります。
 やはり30万円のアンプで、自慢のアンプ陣と対決しても総合点で勝っています。頑張ってくれ!愛しのDUSSUN!頼れるLINN!
音場 :10 
解像度:13 
エネルギー:9 
クラシック:13 
ボーカル:12
ロック:8
合計:65点

③Waterfall→DUSSUN→LINN (単体DACとして使う)
 もっとも贅沢な構成です。UX-1の内部DACを使わずに、Waterfallを単体DACとして使用してみます。
 これは良い感じです。標準状態に比べると、全ての項目でレベルアップを実感できます。ただ、音場の広さと解像度が②に比べると少し減り、エネルギー感がプラスされる感じです。非の打ち所がほとんどありません。クラシックや女性ボーカルの美しさも十分確保され、ロックに必要な熱気もあります。
音場 :10 
解像度:12 
エネルギー:11 
クラシック:12 
ボーカル:11
ロック:11
合計:67点

④Waterfall→LINN(Esotericからデジタル出力 プリDACとして使う)
 DUSSUNを除いた構成です。これでWaterfallのプリDACとしての能力を見極める目的です。
このテストがある意味一番衝撃的でした。なぜかと言うと、DUSSUNが情報量を減らす存在だという事が判明してしまったからです。①~③に比べ、明らかに一皮向けたサウンドです。演奏のエアー感と熱気が更に高次元に両立しています。特にロックは快感。もちろんSPがルーメンなので、暑苦しくてムンムンという訳には行きませんが、思わずエアギターをしたくなる臨場感です。当然、③に比べて、さらに点数が上がりました。
音場 :11 
解像度:12 
エネルギー:11 
クラシック:13 
ボーカル:13
ロック:12
合計:72点

⑤Waterfall→LINN(Esotericからアナログ出力 プリとして使う)
 Waterfallはアナログ入力も持っています。もったいない使い方ですが、アナログプリとして使ってみたらどうだろうかという観点です。純粋にアナログプリとしてDUSSUNと比較する事になります。ここも中々の驚きです。単純にプリとして使っても、DUSSUNと遜色ないサウンドです。もちろん、音の傾向は異なります。Waterfallは比較的クールで、キレのあるサウンド、DUSSUNは厚みのあるサウンドですが、クオリティとしてはほぼ同等です。どちらが好みかで言うと、DUSSUNなのは間違いありませんが、80万円の単体プリと、30万のプリメインのプリ部のみが勝負できる事自体が驚きです。
音場 :10 
解像度:11 
エネルギー:9 
クラシック:10 
ボーカル:10
ロック:9
合計:59点

⑥DUSSUN→Waterfall(パワーとして使う)
 Waterfallのアナログ入力を活かして、パワーアンプとして使ってみました。LINNとの性能比較になります。正直、これは残念な結果と言わざるを得ません。明らかにレベルが下がったなという感じです。音はそこまで悪くありませんが、感動に繋がりません。
音場 :10 
解像度:10 
エネルギー:8 
クラシック:9 
ボーカル:9
ロック:8
合計:54点

・まとめ
 この6テストを経て、Waterfall integrated180の実力が分かりました。
このコンポはDAC、プリ、パワーの3つで構成されており、単体の能力を調べる事ができました。
 まず、DACの能力は際立っていると感じます。私は高級単体DACを所有した事は無いのですが、その理由は、音質改善のコストパフォーマンス、スペース効率が悪かったからです。一時期話題になったES9108系のDACも幾つか試したのですが、その滑らかさが人工的に感じられ、導入まで至りませんでした。Waterfallは9018ほどの滑らかさはありませんが、補って余りある解像度、分離の良さがあります。
 プリ部はDUSSUNと同レベルです。それも、アナログプリとして考えた場合であって、プリDACとして考えるとDUSSUNを遥かに凌ぎます。
 パワー部はWaterfallの弱点です。LINNと比較すると、ひ弱な感じは否めません。スッキリしていて、克明な低域も良いのですが、もう少し量感、エネルギー感が欲しいところです。とはいえ、価格の事を考えれば、十二分すぎる能力ですが、我が家のメインシステムとしては今一歩です。

前後編の長文にお付き合い頂きありがとうございます。
お分かりだと思いますが、我が家のメインシステムはこうなりました。

CDP:Esoteric UX-1 ltd
PreDAC:Waterfall Integrated180
PW:LINN KLIMAX TWIN
SP:LUMENWHITE SILVERFLAME

Waterfallのパワー部は使って無いので、もったいないのですが、
プリDACとしての能力に惚れました。
点数を付けたとおり、20%くらいの音質向上があるイメージです。
逢瀬のHPを見ると、パワーアンプがあるみたいなので、これも楽しみですね。

次は、ラダーのデジタルケーブルでも買おうかな~

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. astirさん、こんばんは。

    興味深く拝見しました。
    むしろプリ部分が優秀というのは意外でした。
    パワーアンプの会社だと思っていたので…。

    拙宅の場合はSACDを聴くこともあってアナログ入力が良くないと始まらないのですが、しかしこれでますますセパレートが楽しみになってしまいました。

    byたびびと at2015-02-25 23:30

  2. たびびとさん

    そうなんです。プリ機能が予想以上に良かったのが驚きでした。
    我が家でもSACDはアナログ入力でwaterfallに入れてますが、十二分に使えます。
    とにかく、コストパフォーマンスの高さに驚かされました。
    MSDKさんの日記によると、モノパワーアンプはジェフの925と同じユニットを使用してるそうです。925は到底買えませんが、これなら価格もペア64万なので、かなり期待しています。

    byastir at2015-02-27 21:44

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする