ニッキー
ニッキー
究極の熟成肉サウンドを求めて……

マイルーム

究極の熟成肉サウンド♬
究極の熟成肉サウンド♬
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
リスポジ正面、通称 『動力炉』 スピーカー B&W 805SD スピーカーケーブルバンデンハル VDH-T3 特注バーチウェルフロートボード+山本音響工芸のアサダ桜のSPスタンド KRI…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

日記

A-1VL VS M-5000R

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年01月27日

このコミュの人ではありませんでしたので、
しばらく記事を書こうか悩んでいたのですが、貴重な体験をさせて戴いたので
書いてみようと思い書いてみました。

事の始まりはこういった経緯でした。
P-3000RにM-5000Rを2台のバイアンプの組み合わせ+B&W802Dと私にとっては重量級&理想的な組み合わせをされている方と書き込み中にオフ会のお誘いがありました。

こちらも、相手が昔に気になっていたと言うA-1VLを持って彼の家に行きました。
と言っても、私は相手の車の助手席に座って相手の家まではナビの案内でしたが(笑)
双方ともビックリするくらいの近距離で車で30分ほどの移動時間で到着です。

相手方の家に着いて20畳ほどのLDKにデカデカと鎮座した上記システムに圧倒されました。とにかくデカイ!!しかも音は素晴らしい!!の一言です。
バンドをやっていた方のようで、音や自身の感性のこだわりも大層な人でした。

しばらく、上記のシステムで素晴らしい音楽を好きなだけ聞かせていただいた後
に、プリをP-3000R固定でM-5000R一台とA-1VLを802Dに接続して比較視聴を行いました。

ハッキリ言って相撲に例えると『幕内力士と十両力士の差』位の違いが有りました。

20cmウーハX2がA-1VLではまったく鳴っていません。中高音も実体感が乏しいです。
それに対し、M-5000Rは余裕過ぎるほどの低音と音圧、各帯域の見事なバランス
『プリメインのパワー部分と純粋なパワーアンプとの差』をまざまざと見せ付けられました(汗)

さらに再度M-5000Rを2台のバイアンプ構成で聴き直すと全帯域のの音圧が上がり、低音から高音までの音の繋がりの良さやピーク間がなくなり、より自然な音になりさらに驚きました。

今回のオフ会は私にとって大変良い授業になりました。今の課題点も分かったので今は復習中です(汗)
今週末の日曜も韮崎でまた別の授業、気合入れて頑張らなくては・・・

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ニッキーさん こんにちは。

    私は、A&Vの完全にV寄り(ここにお邪魔し始めた頃は
    完全にVオンリーだった)なので、正直LX90を導入した際に、
    「これで十分じゃん」と思ったものですが

    >中高音も実体感が乏しいです。

    これなんですよねぇ。
    出力はともかく、「表現力」はやはりいかんともしがたい。
    しばらく資金はソフトに投入ですが、次にインフラ投資するなら
    やはりパワーアンプなので、私には有用な日記でした。

    byhide234 at2012-01-28 08:22

  2. A-1VLは今のスピーカー20cmウーハ、2.5cmツィーター2wayのONKYO D-502Aだと各帯域のバランスが大変良く鳴っているので、フロア型&大口径のウーハーX2のB&W802Dには荷が重かったようです。

    そういった意味で、『幕内力士と十両力士の差』と言った例えをした訳です。M-5000RとA-1VLとでは同じ土俵の勝負にはなりませんでした。

    一つだけM-5000Rに勝てる部分があり、デジタルアンプと言う利点でA-1VLは消費電力が大変低いです。
    A-1VLもフルサイズの中ではコンパクト&ガッツのある音で十分にオーナーの要求に応えてくれます(~_~)v

    ではなぜ?P-3000Rを購入し接続しているか?と言うと音楽性の部分がプリアンプでは全然違います。
    ギターで例えるならヤマハの入門機種とグレッチの高級モデルくらい違います。ONKYOでさえそのくらいの違いがを感じますから、ラックスやアキュのプリになってくると大構成のオーケストラをリアルに演奏してくれているような音が出ると思います。

    今の問題点は今後スピーカーをB&W805Diaに変更を予定しており、低域をはじめ、各帯域を馴らしきれるか?疑問に感じています。

    そういった意味で、M-5000Rが購入候補に上がっています。

    byニッキー at2012-01-28 16:20

  3. そうなんですよね~・・。

    天国環境を、聴かなければ、自分の現状システムでも、そんなに不満は、でないのですがね・・・・(苦笑)。

    わたしも、プリメイン1本だったのに、セパレートになり、それでも、落ち着かず、1年後に、パワーアンプを追加して、バイアンプになってましたからね(でも、これで、アンプ系は落ち着いた)。

    「滅茶苦茶良くなった」と、いうより、音全体に余裕を感じるのですよね。同じ様な低域でも、微妙に余韻が気持ち良かったり・・・。

    やはり、そこまで、行きたいですか?。

    逝っちゃった、私が、どうこう言える立場じゃ、ないですけどね・・・でも、後悔はしてません(笑)。

    byおっさん at2012-01-28 16:21

  4. まあ、プリメインアンプにわざわざプリアンプを足した時点でこれ以上買わないと言う選択肢は絶たれたと(笑)おっさん、が言うように逝っちゃうしか有りませんね(汗)

    私はまだ若いし大構成のクラシックとかはまだ聞かない年なので、ONKYOのセパレートにB&Wの805Diaとそこそこに安上がりな環境(?)で満足出来そうです。

    少しノンビリと今の環境で楽しみながら、新しい機器を手に入れた夢を想像しています。・・・・ってそんなことを考えながら音楽聴いていると、現在の環境を早く替えたくなるんですよね(滝汗)

    byニッキー at2012-01-28 16:50

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする