ニッキー
ニッキー
究極の熟成肉サウンドを求めて……

マイルーム

究極の熟成肉サウンド♬
究極の熟成肉サウンド♬
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
リスポジ正面、通称 『動力炉』 スピーカー B&W 805SD スピーカーケーブルバンデンハル VDH-T3 特注バーチウェルフロートボード+山本音響工芸のアサダ桜のSPスタンド KRI…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

日記

805友の会、東の番人。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年08月12日

先週の土曜日パグ太郎さん邸にルーシー父さんと一緒にお呼ばれされました。

つい一ヶ月ほど前にオクターブV110SEとラックスマンD-08uを導入したばかりとのことで
まだまだ此れからとおっしゃておりましたが、既に見事なサウンドで驚きました。

最初に驚いたのが、愛犬のパグ二匹特に黒パグのペロペロ百烈舐めの猛攻でして、
猛暑で汗だくの私の腕がさらにベトベトに(汗)
しかしながら動物に歓迎されるのは嬉しく思います。

室内は非常にシンプルかつ整然としており、特に電源は子ブレーカーより一系統200Vを施設してCSEのTXR-650のハイブリッド電源より100Vで供給しており、無駄が無く最良な電源対策だとおもいました。
また細かい所に目を向ければ、シグネーチャ805と純正スタンドとの間に革を8枚ほど積層したた革製インシュレーターのイルンゴのSonoriteのおかげで805でよく感じられる輪郭のキツさが全く感じられませんでした。

ラックやスタンドは必要に応じてその都度壁側まで移動されるとの事で、そのセッテングの腕は確かです。
こんなところに凄腕の番犬、失礼。『番人』がおられたと思いました。



パグ太郎さんのシステムから機器構成の近いgemni邸のサウンドを連想しておりましたが、
実際は個々の楽器の色艶が心地よい中域が少し膨らんだサウンドでした。
カルテットなどの小編成のクラシックはその中域にフォーカスをあわせたサウンドと大変相性が良く、
大編成のマーラーなどでも破綻無く楽しめるように調整されておられます。
その心地良さは私もB&W805からは連想したことがないサウンドです。
少々意地悪かとも思いましたが、ゲッツ&ジルベルトのイパネマの娘を掛けてみましたが、
スタンのサックスがサックスらしく出だしの伸びとスーッと消える後味の良さだったので驚きました。
クラシックのCDでしたが、サックスが入った調整用音源も入れてチューニングしているとの事。
そのCD以降はどんな音か?と聴く『視聴』というより、ひたすら音楽と向き合う『熟聴』
に意識が変わったと思います。

キリン師匠よりも中央線で東の駅なので、割と中央線友の会の弱点は西側かな(汗)

ワイドレンジなgenmi邸、バランスの良さが光るキリン邸、木のスタンドの響きを生かしたニッキー邸
サンスイサウンドなケニティー邸と805というスピーカーから個性豊かなサウンドに、
今回も同じく805を使いつつも独自のサウンドを持ったパグ太郎さんと出会えた一日でした。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ツー・トントン・ツー・トン  (?)

      いやいやお帰りなさいニッキーくん。 いつものニッキー節が帰ってきましたね。

     805友の会ってアルんだ (-_-;)  もうちょっと枠を広げてB&W友の会にして頂けませんか? m(_ _)m  そうなると私も片隅に席を置けそうだし(笑)

     今日はこれ以上ありません。 先日から試行錯誤の加熱対策に光明が見えてきました。  70%程度の出来ですが(笑)費用対効果を考えるとナカナカかな?と…… 内容はいずれまた。

    byアコスの住人 at2017-08-12 09:48

  2. アコスさんおはようございます。

    やあやあ、そちら様も相変わらずの『アコス節』
    を方々で言っておられる(笑)

    実は友の会は『中央線沿線805友の会』なんですよ〜
    電車一本で行けるの狭い範囲の交流です。

    byニッキー at2017-08-12 10:13

  3. ニッキーさん

    さっそく訪問されたのですね。

    とてもシンプルなセッティングですね。構成はgenmi邸にそっくりです。805はあくまでもフラットな帯域バランスがウリで、それだけにサックスは苦手のほうですね。そこを見越したニッキー専務理事の意地悪にもかかわらず鳴らしきるし、中域にフォーカスの合った音調というのは805らしからぬところがあります。805会としても新しい個性の登場ということでしょうか。

    これは、中央線805会の常任監査役としても、ぜひお伺いして聴かせていただきたいところです。

    byベルウッド at2017-08-12 12:25

  4. ベルウッドさんこんにちは。

    パク太郎さんはクラシックに大変造詣が深いのでベルウッドさんとはうまが合うと思っております。特にオリジナルがレコードの頃のデッカのCDをいく枚もお持ちでした。
    将来的にはレコードも始めたいと言っておられました。
    エージング中とはいえ、『特にと思う点』がセッティングやサウンドから感じられなかったです。
    実はオーディオ歴は長い方なので最近参加された方の中ではピカイチのサウンドです。

    byニッキー at2017-08-12 12:48

  5. ニッキーさん

    復帰第一作に拙宅訪問記とは光栄です。エージング途上の中途半端な状態でお聴き頂きましたが、過分の評価を頂き、恐縮です。本当に、犬2頭がまとわりついて試聴どころではなく大変失礼いたしました(ニッキーさんの愛されキャラは犬にも全開でしたね)。

    B&W805Sigを使い続けて15年になります。細かく分析的にも聴くことが出来るし、音楽流しながら心地よくも眠ることも出来るという矛盾した要求に応えさせようと四苦八苦した結果が現状で、どう聴いても805本来の能力を活かしたものではないという自覚はあります。

    そのあたりを、拙宅システムを一聴して見抜かれたのには、脱帽いたしました。レンジ狭目で中域がふくらみ、輪郭より色艶重視という805にあるまじき姿で、これを個性と呼んでいただけるのか、805使い失格となるのか、冷や冷やしておりました。エッジの効いたイパネマの娘や、大編成のマーラー5番という上記アプローチの弱みとなる点の検証が始まった時点で既にアップアップ状態で、とどめの「この音を目指して805をどうして選んだのか」というニッキーさんのご質問でノックアウト。「御見逸れいたしました」というのが正直な所でございました。

    中域重視は意図的ではあるものの、上下不足で見通し・奥行き感が悪いのが原因で、何を聴いても丸味を帯びた砂糖菓子のように甘くなってしまう現状は何とかせねばならぬとは思っております。引き続きご指導のほど、よろしくお願いいたします。

    今度は、ちゃんとお食事ご一緒しましょうね。

    PS スピーカとスタンド間の革製インシュは、自製ではなくイルンゴのSonoriteです。ちゃんとご説明せず申し訳ありませんでした。

    パグ太郎@「東の番人」ならぬ「東の甘味処」

    byパグ太郎 at2017-08-12 13:15

  6. パク太郎さんこんにちは。
    先日はお招きいただきありがとうございます。

    まずは個性は人それぞれであり、オーナーさんの理想そのものであると思っております。また805の特徴を活かした機器やアクセサリーのチョイスは所詮『ショップのやり方』であり、サウンドに目標があるオーナーさんが目指すやり方ではないです。

    私も以前ショップの店員さんに『805にオンキョーのセパレートアンプを組み合わせたい』と言ったら『何故オンキョーのアンプと組み合わせるのですか?』と逆質問されました。

    従って目指す個性があるなら意図していないジャンルの弱点など気にする必要性も低いですね。確かに意地悪いソースや質問をしてすいませんが此れも確認の為なので気にするも必要はありません。

    むしろ長年のオーディオ歴をお持ちの方らしい
    成熟したサウンドを感じられましたし、
    ルーシー父さんも言っておられましたが、
    アンプのエージングに半年くらい掛かる事を考えても
    既に充分なサウンドだと思いました。
    頻りに気にしておられたレンジの狭さはアンプのエージング
    が進んで段々広がって来ると思いますので、
    あれこれ手を加えるべきでもないと思っております。

    此れも拙宅のオフ会など交流よろしくお願いします。

    byニッキー at2017-08-12 14:20

  7. ニッキーさん、こんばんは

    中央線沿線の方は、どうして805ユーザーが多いのですかね?
    それに皆さん、正統派オーディオ。
    CDP1本勝負、羨ましい気持ちもあります。
    最近、PCが趣味に成りつつあります。(笑

    ところで、バグ太郎さんのサウンド例える何ですか?

    刺身系?肉系?・・野菜系は、無いですね。

    V110SE聞いてみたいですね。

    byいたちょう at2017-08-12 21:39

  8. いたちょうさんこんばんは。

    お会い出来たら同じオクターブ仲間同士、意気投合して酒場をハシゴしておられると思いますよ。
    駅前には美味しそうな飲食店がいくつもありました。

    オクターブ仲間とはいえgenmiさんやいたちょうさん、横浜のvafanさんルーシー父さんとも違うサウンドです。

    そういえば、オクターブ仲間も増えましたね〜〜
    そろそろ『オクターブ同好会』でも立ち上げたらどうしようか?
    座長はいたちょうさんで座談は球転がしで(笑)

    パク太郎さんのサウンドを例えるとナチュラルチーズですかね。
    『中域の濃厚なコクのあるサウンド』はチーズの滑らかさを連想します。
    クラシックと赤ワイン、チーズで何時迄も楽しめるサウンドです。

    byニッキー at2017-08-12 22:01

  9. ニッキーさん

    素晴らしいオーディオ仲間であるニッキーさんが、戻って来られて嬉しい限りです

    byおにっち at2017-08-13 14:59

  10. ニッキーさん、こんばんは。

    パグ太郎さんのV110SEは、艶のある音でOctave特有の音のキレが印象的でした。
    とても購入1ヶ月とは思えませんでした。
    エージング完了後に再度お聴きしたいと思いました。
    チーズは、同じ感想です。

    byルーシー父 at2017-08-13 19:43

  11. おにっちさん、お気遣いありがとうございます。
    これからもよろしくお願いします。

    byニッキー at2017-08-13 21:32

  12. ルーシー父さんこんばんは。

    さすが、同じオクターブユーザーですね。
    真空管アンプの中では抜群のキレの良さがオクターブのアンプにはあり、パグ太郎さんは其れを見事に引き出しておられる。
    艶を引き出すノウハウもパグ太郎さんは既にお持ちですので熟成が進めば濃厚で美味いチーズみたいな滑らかさが出て来ると思います。

    今年はルーシー父さんとご一緒する機会が多くて楽しいですね。
    まだまだよろしくお願いしますm(_ _)m

    byニッキー at2017-08-13 21:41

  13. ニッキーさん

    再レス、失礼します。

    ナチュラルチーズ。確かに好物です。味も匂いも、産地・原料・熟成度合いで千差万別ですし、ドライフルーツあわせたり、蜂蜜あわせたりと、アクセサリつけると表情が一変するのも面白い。オーディオに通じるかもです。拙宅のシステムは、味わい濃いハード系、白カビクリーム系、青カビ刺激系、さわやかフレッシュ系、山羊、ウォッシュ・・・・どこを目指そうかとか、どのCDにどのチーズあわせようか、ついつい良識ある方から見たら呆れられる様な妄想が浮かんでしまいました。(悪い癖です)

    熟成派のニッキーさんの理想は、トロットロの濃厚な味わいのウォッシュ系なんだろうな・・・とか。楽しみにしております。

    byパグ太郎 at2017-08-13 22:36

  14. ニッキーさん、こんばんは。

    パグ太郎さんを訪問されたのですね!

    パグ太郎さんのシステムは拙宅とかなり似ているのですが、拙宅の音とはまた違うみたいですね。中域が充実した音楽性のあるサウンドだということが文章から伝わってきました。パグ太郎さんはクラッシック音楽に大変造詣が深いので、音が素晴らしいのは容易に想像できます。

    中央線805友の会に強力なメンバーが増えて嬉しいばかりですね。

    来月パグ太郎さんからお誘いを受けているので、今からとっても楽しみです。

    bygenmi at2017-08-13 22:50

  15. ルーシー父さん

    先日は有難うございました。お持ちいただいたCD、当方の守備範囲外ジャンルであるにも関わらず、1/3の確率で拙宅にもあったのには驚きましたが、きっと音楽に求める所で共通のものがあるなと感じた次第です。全て声に個性があって、伸びやかに歌いきる力を持ったボーカリスト。クレスパンのCDに反応しておられたのを拝見して、すごく嬉しかったです。

    Octave使いの大先輩に、このまま待つので良いと仰って頂いたのを糧に、残り200時間を楽しみつつ乗り切ろうと思います(ついつい、色々な誘惑があり、ぶれそうになるもので)。次にお目にかかるのを楽しみにしています。

    byパグ太郎 at2017-08-13 22:56

  16. ニッキーさん、御無沙汰しています。

    僕は中央沿線の外れにおりますが、あれからコツコツと頑張っています。
    日々、音楽と向き合って微妙な響きなど調整しています。
    まだ、納得いってませんが少しずつ前進しているはず?です(^_^;)
    いろいろな交流を糧にお互いに楽しんで行きましょう!

    byケニティー at2017-08-13 23:45

  17. genmiさん、こんばんは。

    はい、パグ太郎さんのシステムは素晴らしいですよ。
    何故か、ウェルフロートではないのにウェルフロートらしいスピーカーの鳴り方がします。
    革製インシュレーターのイルンゴのSonoriteがフロート系のアクセサリーだからです。

    フェルト、ゴム、シリコン、そして革これらの一般的に良く手に入る軟質素材をスピーカー下に試した事がありますが、実は最もフロート効果があるのは実は革でした。

    805純正の金属系スタンドらしい音が一切乗らないのもその革のインシュレーターのおかげですね。
    シンプルかつ低コストながら最良の方法をやってるので、パグ太郎さん邸に行ったら色々驚くと思いますよ。

    byニッキー at2017-08-14 02:57

  18. ケニティーさんお久しぶりです。

    パグ太郎さんが『東の番人』なら『西の番人』はケニティーさんですね。

    ケニティー邸も訪れるたびに前進している印象を受けております。
    中央線805ユーザーの中ではサンスイのアンプのおかげで一番温度感高いのはケニティー邸ですので、その点を上手く行かせれば良いと思います。

    byニッキー at2017-08-14 03:05

  19. ニッキーさん、こんばんは。

    パグ太郎さん邸の訪問記、興味深く拝見しました。
    その上でgenmiさんと同じ様に感じました。

    私もお会いできる時を楽しみにしています。

    byKYLYN(キリン) at2017-08-16 22:40

  20. キリン師匠こんばんは。

    『同じ機材を使っても目指す音は人それぞれ』であると今回はそう思いました。
    パグ太郎さんは結構年季の入ったオーディオマニアですので、キリン師匠とは馬が合うと思います。
    反省会でお酒飲み過ぎないでくださいね。

    余談ですが、パグ太郎さんのシグネーチャー805のカラーはあの有名な特別色の『タイガーアイ』仕上げで、ケニティーさんの『805リミテッド』と同じく、突き板に独特な染色して光沢のあるラッカーで仕上げてあります。
    皆さん805使いですが、カラーは皆さん違うのも個性ですかね(笑)

    byニッキー at2017-08-17 21:07

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする