ニッキー
ニッキー
オーディオもカレーも人生もじっくりコトコト。 熟成肉入りオーディオです。

マイルーム

熟成肉入りカレー風味なサウンド。
熟成肉入りカレー風味なサウンド。
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
リスポジ正面、通称 『動力炉』 スピーカー B&W 805SD スピーカーケーブルバンデンハル VDH-T3 特注バーチウェルフロートボード+山本音響工芸のアサダ桜のSPスタンド KRI…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お気に入り製品

日記

三者三様の魂の叫び。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月15日

夏の暑さもほぼ終わりになり、過ごし易い季節になって来ました。
しかしながら西日本の集中豪雨や台風、
私の家族の出身地や多くの親戚がいる北海道の大地震の事を考えると
『平穏な日常』は自然の力の前には非力であり、
何事も無く平穏な日々を過ごせる事は何と幸せなんだと思います。


パワーアップをバイアンプに戻しました。
それに合わせてスピーカーを少し内振りにしております。

フォノイコの
ソウルノートE-2
MMカートリッジのシュアーのM-97xE

現在はこの組み合わせがアナログではメインの組み合わせです。
針圧は1.9g盤のホコリや静電気を除去するダイナミックスタビライザーはON
フォノイコの設定はMMカートリッジなので47KΩの静電負荷が350p

JAZZやPOPSロックなど私がよく聞く音楽と相性が良いです。
特にABBAやEW&Fなどクラブ系のサウンドは無類の相性の良さです。
まあ、ディスコ全盛期はクラブではSL-1200にシェアーは定番の組み合わせなだけに当然ですが。


DENON DL-103
定番のMCカートリッジです。
負荷抵抗は推奨の100Ωです。
かつては放送局でSP-10と組み合わせて使っていた事もあり、
この組み合わせも良いです。
クラシックや昭和歌謡曲とよく合います。
昭和歌謡曲に至っては私のシステムよりも
SL-1200マークⅣとDL-103R+合研ラボのフォノイコのいたちょうさんのシステムの方が音が良く聞こえます。
この辺はやはりいたちょうさんが長年レコードをやって来たからですかね。


オーディオテクニカ AT- ART9
負荷抵抗は推奨の100Ωです。
私が所有するカートリッジで一番オールマイティーな鳴り方でジャンルを選びません。

癖が無く、再生レンジが低域から高域まで広く、しかも繊細な音もします。
カートリッジの交換が難しいストレートアームの場合、
これが常用になると思います。
キリンさんがこのカートリッジをレガのプレーヤーに繋いでいるのも納得です。

私のシステムではCDライクな出音ですが、キリンさんのシステムではアナログらしい出音なので、下流の組み合わせで大きく音が違うのだと思う。
実売で11万円前後と少々高いですが、海外や国内の高級カートリッジにも充分張り合える能力があるのは、やはりメーカーがオーディオテクニカだからだと思う。

今回調整用に使った音源は

グリーグの『ペールギュント』組曲第1番46
1、朝
です。

私が所有している針は三者三様ですが、フォノイコのソウルノートE-2のおかげでうまくその音を引き出してレコードを聴くのを今まで以上に楽しいく鳴らしております。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ニッキーさん

    DL-103もART-9もMCですよね。負荷容量ではなく、負荷抵抗だと思いますが、メーカー推奨はいずれも100Ω「以上」となっているはずです。そのメーカーが明示している最低値をはるかに下回る設定では鈍い生気に乏しい音になるでしょう。もちろんヘッドアンプの性能にもよるでしょうが、その傾向は以前に実証済みだったはずです。それをまたしてもあえてそういう低負荷抵抗に設定されるのはよほどそういうユルい音がお好きなんですね(笑)。

    byベルウッド at2018-09-15 19:42

  2. ベルウッドさんこんばんは。

    確かにMCは負荷容量ではなく負荷抵抗でしたね。
    修正させていただきます。
    推奨値よりも低いとは本当に私の『耳がなまくら』だからでしょうかね?
    是非厳しい採点をお願いします。

    byニッキー at2018-09-15 19:56

  3. ベルウッドさん前言撤回です。
    DL-103で
    グリーグの『ペールギュント』組曲第1番46
    1、朝を
    負荷抵抗100Ωと40Ω
    で聞き比べました。

    うーむ高域の伸びがと透明な感じが100Ωの方が素晴らしい。
    やはり良いソースで聞き比べる必要性を感じました。

    ベルウッドさんの言った通りですが、それでもやっぱり悔しい。(苦笑)

    byニッキー at2018-09-15 20:36

  4. 追記です。

    AT- ART9も100Ωと40Ωと24Ωで聞き比べましたが、
    やっぱり100Ωがダントツで良かったです。
    E-2には300Ωや1KΩがあれば更に素晴らしいフォノイコになったと思います。
    因みに先に出た下位機種のE-1には300Ωと1KΩの設定もあり、E-2はどのような開発の過程で1KΩや300Ωの設定が外されたのか?理解に苦しみます。

    byニッキー at2018-09-15 21:05

  5. ニッキーさん

    E-2のMC入力の負荷抵抗は、最大100Ωだということですか!?(絶句)

    ということは、E-2はオルトフォンのような低インピーダンス型のカートリッジを主体に設計されているということです。DL-103やART9のような高インピーダンスには100Ωあればいいよね程度の配慮しかされていないということです。オルトフォン崇拝のアンプ設計の典型的な仕様です。アンプを捨てるか、日本製の高品質カートリッジを捨ててオルトフォン型カートリッジを買うかの二者択一ですね。

    典型的なカートリッジとアンプのミスマッチです。

    聴くまでもないことです。

    byベルウッド at2018-09-15 23:17

  6. ベルウッドさんこんばんは。

    まあ、『聞くまでもない』は言い過ぎかと。
    少なくともiPhono2よりは良い音で鳴っております。
    (価格からすれば当然ですが)
    少なくとも拙宅で聴いてからそう判断して欲しいものです。

    byニッキー at2018-09-15 23:38

  7. ニッキーさん、こんばんは。

    呼ばれた様で。。。

    最近、真空管、出力管も含め、ALL JAPANになってしまいました。

    益々、昭和歌謡が冴え渡ってます。

    そのうち、スピーカーもJAPANかな?

    ところで103は、MCです。

    byいたちょう at2018-09-16 21:52

  8. いたちょうさんこんばんは。
    DL-103はMCでしたね。
    ご指摘ありがとうございます。
    本文修正しました。
    いたちょうさんのレコードで聴く昭和歌謡曲は絶品ですね。

    いたちょうさんにも再度、拙宅のアナログを聴いていただきたく思います。
    実はアナログ関連でもう一つ欲しい物があるのですが、
    どうやら計画倒れになりそうかどうか?瀬戸際の状況になってきました。

    byニッキー at2018-09-16 22:08

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする