ニッキー
ニッキー
第四世代オーディオ始動。

マイルーム

スピーカー変更
スピーカー変更
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
リスポジ正面、通称 『動力炉』 新スピーカー モニターオーディオ PL-300II スピーカーケーブルバンデンハル VDH-T3 特注バーチウェルフロートボード+山本音響工芸のアサダ桜のS…
所有製品
  • スピーカーシステム
    MONITOR AUDIO PL300 II
  • 昇圧トランス/ヘッドアンプ
    PHASEMATION T-500
  • その他ケーブル
  • ADプレーヤー
    TECHNICS SL-1000R
  • フォノイコライザー
    SOULNOTE E-2

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

日記

極薄両面テープ。ウェルフロートの接地面

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月03日

Harubaruさんのアドバイスでウェルフロートとスピーカーの
地震対策と音質向上に極薄両面テープをスピーカーとウェルフロート、
スタンドの間に貼りました。

極うすテープ 一般両面タイプ

コニシ株式会社


スピーカーとウェルフロートとは三箇所止め

ウェルフロートとスタンドとは四箇所止め

ついでに昇圧トランスにも機器とウェルフロート
更に下のクリプトンのボードに四箇所止め

極薄で透けています。厚さ0.09mm 材質は不織布です。

止める長さは15mm✖️20mmで充分でした。

両面テープを止めた後は軽く揺らしてもスピーカーからスタンドまで揺れが伝わり、ずれる事も無くなりました。

音圧が上がり、特に低音が良く出るようになります。

たかだか数百円でこの効果なのでウェルフロート
を使っている人は是非試してみてください。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ニッキーさん

    天板とスピーカーの接地面のことではあったのですが、WFBが滑るということは普及の初期にずいぶんと話題になりました。

    http://community.phileweb.com/mypage/entry/2408/20140819/43792/

    ついでながら、天板にスピーカーを直にベタ置きするのがよいのかどうかということも、ちょっとこだわりがありました。

    http://community.phileweb.com/mypage/entry/2408/20151201/49558/

    「スピーカーが滑る」は、その2、その3と続きます。

    これらの記事にはいろいろな方から様々な意見や体験談をいただいてとても勉強になりました。底板とボードの間にフェルト等を貼るというアイデアもこの時に教えてもらったのだと思います。

    天板上の滑りの問題については、その後、バーチ材など素材の話題へと移ってしまってちゃんとした対策の決着がつかないまま今に至っているような気がします。どちらかと言えば、底板よりも天板の方がクリティカルのような気がしますが、伝道師様は、その点について、何か仰っていませんでしたか?

    byベルウッド at2019-05-03 16:37

  2. ベルウッドさんこんにちは。

    ウェルフロートの滑り止めとして、ステック糊、サンドペーパー、両面テープ、フェルトやコルク、ウェルディスクなどなど既に議論になっていましたね。
    楔を打ち込むというアイデアもあり改めて驚きます。
    私も全て試した訳ではないのでこのやり方が一番とは言えません。
    既に先人の知恵の真似事に過ぎぬと言うことですかね。

    うちのスピーカースタンドはウェルフロートが滑りやすいので地震対策も必要との事で『両面共にウェルフロートを少量の両面テープを貼ってみたら』というアドバイスでした。

    byニッキー at2019-05-03 17:24

  3. こちらでも頂いたウエルフロートボードで試しました。

    薄手の両面テープを1cm幅25mmにして5か所止めしました。
    低音などの音がしっかり出てくるようになり、音の響きというか余韻が良く拾えるようになりました。
    副作用らしきものはありませんでした。

    結構いいノウハウだと思いました。

    確かに滑るのは良くなかったのかなあと思っています。

    byうつみくん at2019-05-03 20:30

  4. うつみさんこんばんは。

    薄い両面テープを貼ってズレなくすると言う方法はHarubaruさんのアイデアですので、感謝を教えていただいたHarubaruさんへお願いします。

    ウェルフロートの上下が滑らなくすると音が良くなるのは昔から言われているようで、ベルウッドさんの言うコルクを使う方法もその一つです。
    他にもサンシャインの薄型制振ボードBタイプやウェルディスクなどの薄型で滑りにくい鉄板を挟むのも効果があるとHarubaruさんのアドバイスです。

    byニッキー at2019-05-03 21:25

  5. ベルウッドさん、横レスです。

    私がニッキーさんにお話ししましたのは、ウェルフロートとスピーカースタンド間があまりに滑りやすく、このままだと音の影響だけでなく、地震でスピーカーがウェルフロートごとふっ飛んで行ってしまう、というものでした。(笑) 

    直置きにつきましては、以前もいろいろ議論がございましたが、フルコンメカになって剛性が上がり、縦リジットにもなって来ましたので、上板の影響は以前より低減されたという認識です。

    実際ニッキーさん宅では、2種類のD-PROPと直置きとで比較試聴しましたが、直置きが一番でした。機器の相性もありますのでいろいろ試して見るのが良いかと思います。高さが少し下がったのも試聴位置と合ってきたのかもしれないですね。

    byHarubaru at2019-05-04 21:15

  6. ニッキーさん、

    オーディオ機器はウェルフロートに限らず、機器をいかに滑らなくするかで音質がかなり改善されるようです。やり方によっては音を変えてしまうので要注意ですが。(^^;)

    極薄の両面テープをほんの少量使用するのは、安価で悪影響が少ない方法のようです。バズケロさんに教えていただいたスティック糊で張り付けるというのに似ていますね。簡単に剥がせて傷がつきにくいのもいいと思います。

    スピーカーのスパイク受けなども私は滑りにくい物を使用しておりますが、完全ではありません。確実にスピーカーの位置決めができたらスパイク受けをスティック糊でウェルフロートに張り付けられたら良いのですが、確実な位置決めができないところが悩みの種です。(笑)

    byHarubaru at2019-05-04 21:29

  7. Harubaruさんこんばんは。
    コルクシートをインシュレーターと挟む件は
    結局コルクシートを外してしまいました。
    コルクシートをD-PROPやT-PROPの間に挟むのはベルウッドさんのご指摘の通りあまり良くはないようです。
    尚、コルクシートをボードとラックの間に挟むのはやっていません。
    誤った情報かもしれないのでこの件の日記を二つ削除させていただきました。

    byニッキー at2019-05-04 21:44

  8. 追記、次の日記でレス頂いたベルウッドさん
    日記を削除してしまいすいませんでした。

    byニッキー at2019-05-04 21:46

  9. 地震対策に両面テープは思いつきませんでした。
    オートグラフミニが震災の影響により2代目なので、対策してみようと思います。

    by珈琲好き at2019-06-06 18:06

  10. tomoさんこんばんは。

    一つアドバイスを
    あまり両面テープの接着剤は強くモノは使ってはいけません。
    私は剥がす時にオーディオボードの突き板ごとベリッと剥がれました(泣)

    byニッキー at2019-06-06 18:53

  11. ニッキーさん

    アドバイス有難う御座います。
    3Mの強力な物を検討していたところですが、危ないところでした(・・;
    有難う御座います。

    by珈琲好き at2019-06-06 22:33

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする